スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【艦これ】「とある那珂ちゃんのおはなし」

1 : ◆R7dLXvXtnU 2014/07/28(月) 04:35:49.36 ID:Lmhq/5Qw0
突発的に思いついたものをゆっくり書いていきます。
前に書いた艦これのもの【提督「なー五月雨」 五月雨「はい」】

ぶっちゃけ出だしだけ思いついたので結末まで決まってないです。
スポンサーサイト

能代「あの日見た光の名前を能代たちはまだ知らない」

1: ◆mQkNflf70s:2014/07/29(火) 22:08:51.52 ID:p6wCtQy70

キャラの崩壊があります

パロディがたくさんあります

よろしくお願い致します

長門「ポッキーゲームをしたい」

6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/06/04(月) 07:24:29.01 ID:DeUwWXQd0
ガラッ

キョン「お...?朝比奈さんと古泉はまだか」スタスタ

長門「...」ペラッ

キョン「ハルヒはHRが終わって、すぐに何処かへ消えたな。
    はぁ、やれやれ…また良からぬことを考えていなければいいが」ドサリ

長門「…」ジー

キョン「ん?どうした長門?オレの顔に何か付いてるか?」

ハルヒ「この中に宇宙人(略」悟飯「!?」

1 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/08(日) 13:00:34.64 ID:KyC0v3AF0

父親をいつまで信じていたかなんてことはたわいもない世間話にもならないくらいのどうでもいいような話だが、
それでも僕がいつまで父親という橙胴着おとうさんを信じていたかと言うとこれは確信をもって言えるが最初から信じていた。

サイヤ人襲来後に現れたピッコロさんは偽父親だと理解していたし、
記憶をたどるとピッコロさんも本物だとは思わせない様にしつつ、父親の様に接していたように思う。

そんなこんなでお母さんがお父さんにキスしているところを目撃したわけでもないのに仕事をしないお父さんの存在を疑いもしなかった僕なの
だが、宇宙人や未来人や魔導士や悪の組織やそれらと戦うヒーローがお父さんだということに気付いたのはピッコロさんと過ごした頃だった。

ハルヒ「暇ねぇ……」渚「そうですか?」

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/18(木) 12:48:37.55 ID:pP+Bh+gJ0


―――部室

ハルヒ「正直、文化祭までやることないじゃない」

渚「まあ、そうですね」

ハルヒ「ふん……」

長門「……」

ことみ「朋也くん朋也くん」

朋也「なんだ?」

ことみ「あのねあのね、今朝、猫が寝転んでたの……ぷふっ」

朋也「あーそうか」

ことみ「あれ?おもしろくない?」

朝比奈「どうぞ、お茶です」

キョン「すいません、頂きます」

ハルヒ「夏だし……運動したいわね」

渚「運動ですか、いいですね」

ハルヒ「………野球とかどうかしら?」

ハルヒ「キョン、愛してるわ」

1 名前: ◆DefgSpEO2U[saga] 投稿日:2014/05/22(木) 20:13:09.64 ID:PKpYg4wBo
古泉「――というわけで今日は二回目なんですよ」

キョン「何がというわけで、だ。またループしてるのか……?」

古泉「いえ、今回はループではなく単純なやり直しといえるでしょう」

キョン「それはどこまで本当のことなんだ……?」

古泉「どこまでも、といわれましてもすべて本当のことですよ」

キョン「容易には信じられんな」

古泉「まさか僕が嘘を吐いているとでも? 嘘を吐く理由もメリットも僕にはありませんよ」

キョン「それはよくわかっているつもりだ。それにしたって……」

古泉「正直我々でさえ困惑しているのですから、あなたの心中は察するに余りあるというところです」

キョン「相変わらず無茶苦茶なやつだなあいつは……」

長門「――ありがとう」

1 名前: ◆DefgSpEO2U[saga] 投稿日:2014/05/24(土) 20:16:20.42 ID:9elYANWEo
ハルヒ「ねえ、SOS団てあたしを含めて四人よね?」

キョン「いきなり何を言い出すんだ。春の陽気にでも当てられたのか?」

ハルヒ「昨日ふと思ったのよ。考えたらもうひとりいたような気がしてきちゃって」

キョン「お前が俺たち三人をどこからともなく集めてきてSOS団を作ったんだろうが」

ハルヒ「そんなことは言われなくてもわかってるのよ。でもそうじゃないの」

キョン「本当にどうしたんだ? いつも三人でお前のくだらないことに付き合ってきたじゃないか」

ハルヒ「……そうよね。あたしの勘違いよね」

キョン(また何か起こすんじゃないだろうな)

キョン「――よかったな、長門」

1 名前: ◆DefgSpEO2U[saga] 投稿日:2014/05/25(日) 21:19:00.14 ID:o9Vy9YXvo
古泉「昨夜、涼宮さんの機嫌を損ねるようなことをしましたか?」

キョン「おい、顔を見るなりそれか? 随分とご挨拶だな」

古泉「……昨夜、ここ最近では考えられないほど強大な神人が現れました」

   「最近は涼宮さんの精神状態も随分と安定をしていましたので、油断をしていました」

   「処理するのに大変な時間を取られました。束の間の平和を謳歌し過ぎていたのかもしれません」

キョン「……その原因が俺だと? まるで八つ当たりのような物言いだな」

古泉「気分を害されたようでしたらお詫びしますが、誓って他意はありません」

   「我々としては原因を突き止めておかねば安心できません。何か思い当たる節はありませんか?」

ハルヒ「遊戯王でデュエルするわよ!」

1: 名無しさん 投稿日:2014/03/14(金) 22:30:59.70 ID:qGZNI+DY0
キョン ホルアクティが当たるのをいつまで信じていたかなんて

    世間話にもならないどうでもいいような話だが

    これは確信をもって言えるが
    
    俺は最初から信じてなどいなかった

    デッキトップに好きなカード置いたり

    デュエル中に新しいカード作り出すことも出来ないような

    運命力も低いこの俺に数少ないホルアクティなど当たるはずないなどと

    頭の片隅でぼんやり考えながら俺は高校生になり

    涼宮ハルヒと出会った

みくる「キョン君、今度はいったい、何が起きてるんですか?」

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/06(火) 13:34:57.97 ID:VkfUvkSM0


キョン「……はい?」

みくる「はい? って……そんな……キョン君にもわからないような、とんでもないことになってるんですか?」

キョン「……え、いえ、何かまた、おかしなことでも起きているんですか?」

みくる「何かも何も、何かもおかしいじゃないですか」

キョン「えーっと……」

みくる「なんで私が二年生になってるんですかっ!?」



キョン「えっ」

みくる「えっ」
NEXT≫
プロフィール

うどん大尉

Author:うどん大尉
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
未分類 (2)
相棒 (20)
暗殺教室 (2)
悪魔のリドル (18)
ご注文はうさぎですか? (6)
艦隊これくしょん (62)
帰宅部活動記録 (7)
キルラキル KILL la KILL (5)
機動警察パトレイバー (14)
ゴッドイーター (5)
げんしけん (1)
機動戦士ガンダム (7)
黒子のバスケ (6)
涼宮ハルヒの憂鬱 (12)
生徒会役員共 (4)
スラムダンク (2)
食戟のソーマ (2)
進撃の巨人 (41)
ソードアート・オンライン (12)
ゼロの使い魔 (2)
テラフォーマーズ (2)
ドラゴンボール (12)
ダンガンロンパ (7)
ニセコイ (17)
名探偵コナン (1)
NARUTO (22)
ファイアーエムブレム (10)
BLAZBLUE (1)
化物語 (9)
ひなビタ (3)
ハリー・ポッター (2)
モンスターハンター (5)
魔法少女リリカルなのは (6)
みなみけ (2)
やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 (37)
リトルバスターズ! (11)
ラブライブ! (21)
俺の妹がこんなに可愛いわけがない (5)
To LOVEる (1)
テイルズシリーズ (7)
七つの大罪 (2)
刃牙 (13)
るろうに剣心 (4)
ハナヤマタ (1)
魔法科高校の劣等生 (1)
アクセル・ワールド (1)
アイドルマスター (10)
咲-Saki- (3)
とある魔術の禁書目録 とある科学の超電磁砲 (5)
新世紀エヴァンゲリオン (1)
ブラック・ブレット (1)
ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか (1)
東京喰種トーキョーグール (3)
魔法少女まどか☆マギカ (0)
がっこうぐらし! (1)
グランブルーファンタジー (3)
ジョジョの奇妙な冒険 (10)
ガールズ&パンツァー (1)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム
zenback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。