スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サクラ「お弁当って自分で作ってるの?」

1 :オータ ◆aTPuZgTcsQ 2013/12/30(月) 10:50:31.54 ID:mYjjhKlJ0

ナルト「そりゃ、自分で作るしかねーじゃん。サクラちゃんが作ってくれんなら、嬉しいけどさ」

サクラ「お断りよ。しかし、毎日同じものばっかり食べてよく飽きないわね。どんだけ麺類好きなのよ」

ナルト「いや、もう飽きてるってばよ」

サクラ「じゃあなんで弁当二段ともスパゲッティなのよ」

ナルト「作るのが楽しくてさ。味は断然ラーメンの方が上だけど、なんかスパゲッティって見てて飽きねぇんだってばよ」

サクラ「ふーん、変な趣味してるわね」

カカシ「そういうサクラも、あんみつ食べてるところしか見てないけど」

サクラ「……いや、私はちゃんと食べてますよ。先生が気付いてないだけです」

カカシ「そうか?」

ナルト「いーじゃん別にさ。好きなもん食ってるだけなんだし」

カカシ「まぁ、悪いとまでは言わないよ。でも、それだけっていうのは駄目。お前なんか炭水化物しか摂れてないからな」

ナルト「えー、味付けにトマトも入ってんだろ」

サクラ「アンタねぇ、そんなバカなこと言ってると体壊すわよ」

ナルト「だって、食わねぇと余っちまうんだもん。捨てるのも忍びねぇってか、なんてーかさぁ」

サクラ「まぁ、無駄にするのは確かに駄目だけど……せめて他の物も一緒に摂ったら?」

カカシ「パスタ料理も色々あるからな。毎日具なしナポリタンじゃ、体が持たないでしょ」

ナルト「んなこと言ったって、他のなんか作れねぇってばよ」

サクラ「じゃあ、私が教えてあげるわよ。最近覚えたのがあんの」

ナルト「サクラちゃんかぁ……うーん」

サクラ「なによ、なんか不満?」

ナルト「い、いや、別に」

カカシ「良かったな、ナルト。先生食べられなくて残念だなー」

ナルト「なら、家に持ってってやるってばよ」

カカシ「え、いや、あはは」

サクラ「二人してバカにして……いいわ、私の実力見て腰抜かせばいいのよ」

ナルト「本当にそうなりそうで怖ェ……」ボソッ
4 :オータ ◆aTPuZgTcsQ 2013/12/30(月) 11:06:33.35 ID:mYjjhKlJ0

カカシ「じゃあ、解散ってことで。お疲れさまー」

ボンッ

ナルト「キーッ!早速逃げやがって」

サクラ「何から逃げるって?」

ナルト「え?べ、別に?」

サクラ「さっさと行きましょう。腕が鳴るわ」

ナルト「うへー……。サクラちゃんってばなに作るつもりなんだってばよ」

サクラ「ペスカトーレっていうのをね。魚介のスパゲッティよ」

ナルト「んー、なんか聞いたことねぇし、余計に不安が……」

サクラ「先にスーパー寄ってから行くわよ。どうせアンタの家なんてろくなもの無いでしょ」

ナルト「失礼な!……でも図星かも……」

サクラ「そういえばアンタの家って行ったこと無かったわね。一軒家?」

ナルト「ううん、アパートだってばよ。二階に住んでんだけど、廊下の突き当たりに展望スペースがあんだ」

サクラ「えっ、家の中にあんの?」

ナルト「あ、いや、外の廊下の突き当たりだってばよ。二階つっても、結構見晴らし良いんだぜ」

サクラ「へー、なんか良いとこ住んでんのね」

ナルト「まぁな。特に不満に思ったことは無いってばよ」

サクラ「いーなー。ウチなんか狭いし日当たり悪いしで、不満だらけよ」

ナルト「俺はサクラちゃんちみたいなのも憧れっけどな」

サクラ「ふーん、そういうもんかしら」



5 :オータ ◆aTPuZgTcsQ 2013/12/30(月) 11:23:50.33 ID:mYjjhKlJ0

サクラ「さて、材料も揃ったしこれで準備OKね」

ナルト「俺の心は準備OKじゃないけどね……」

サクラ「アンタさっきからウルサイ。ぶっ飛ばすわよ」

ナルト「だって、不安になって当然だろ?サクラちゃんから貰ったチョコ、この世の物とは思えなかったってばよ」

サクラ「失礼しちゃうわね!」バキッ

ナルト「イデッ!」

サクラ「大体、それは下忍の頃の話じゃない。アンタが帰ってきてからは、まだあげてないんだから」

ナルト「……進歩してんの?」

サクラ「当たり前でしょ」

ナルト「不安だなぁ……」

サクラ「そっちこそ、部屋に変なもの置いてたりしないでしょうね。悪魔信仰用のスペースとかあったら嫌よ」

ナルト「仏壇すらねぇっつーの。てか、よく考えっと、俺んちに女の子が来んのって初めてかも」

サクラ「アンタ、私と二人っきりだからって変な気起こしちゃダメよ」

ナルト「変な気ってなんだってばよ?おかしくなったりしねぇって」

サクラ「……なんかこれはこれでムカつく」

ナルト「ここが俺んちだってばよ。ほら、あの部屋が俺の部屋」

サクラ「あ、本当に端の方になんかある。あれが展望スペース?」

ナルト「そうそう。俺が育ててる鉢植えなんかも置かせてもらってんだ」

サクラ「へー、アンタが植物なんて意外」

ナルト「カカシ先生もなんか育ててるらしいぜ。先生に出来んだから、俺にだって出来るってばよ」

サクラ「あはは、確かに」

ナルト「じゃあ、ドア開けっからちょっと避けててくれ」

サクラ「あ、そっか。ここだっけ」

ガチャ

サクラ(……え?)



6 :オータ ◆aTPuZgTcsQ 2013/12/30(月) 11:38:44.51 ID:mYjjhKlJ0

サクラ(な……なに?このニオイ……)

ナルト「どうしたんだってばよ?」

サクラ「えっ、いや……。なんでもない」

バタンッ

サクラ(うっ……ドア閉めたら更にキツく……。やっぱり中から臭ってるのね)

サクラ「ねぇ、ナルト……。なんか変なニオイしない?」

ナルト「えー?別に……。芳香剤のニオイじゃねぇか?くじ引きで当たったから使ってみてんだ」

サクラ「そういうのじゃなくて……なんか腐ってるような」

ナルト「サクラちゃん、いくらなんでも人んち来ていきなりそりゃねぇってばよ。俺ってば泣くぞ」

サクラ「うーん……。アンタがなんともないなら、私がおかしいのかも。最近ちょっと風邪気味だし。ごめんね」

ナルト「まぁ、良いけどさー。それで、いつまで玄関に居んの?」

サクラ「そうね。じゃあ、お邪魔しまーす」

スタスタ

ナルト「こっちが台所だってばよ」

サクラ「あー、アンタお皿溜めすぎ。ちゃんとすぐ洗わなきゃ駄目じゃない」

ナルト「だって、めんどいじゃんか」

サクラ「先伸ばしにしたって、いつかはやんなきゃなんないのよ。なんか片付けから始めないと駄目そうね。床もゴミだらけだし」

ナルト「……床も?」

サクラ「そうよ。パンパンのゴミ袋だらけじゃない。アンタちゃんとゴミ出ししてる?」

ナルト「どれがゴミなんだよ」



7 :オータ ◆aTPuZgTcsQ 2013/12/30(月) 11:52:27.75 ID:mYjjhKlJ0

サクラ「へ?だから、このゴミ袋を片付けようって言ってんの」

ナルト「これはゴミなんかじゃねぇよ」

サクラ「……でも、この袋から変なニオイするわよ。生ゴミ溜め込んでんじゃないの?」

ナルト「ゴミなんかじゃねぇっつってんだろ!!」

サクラ「な……なによ。ムキになること無いでしょ。じゃあ、なんでゴミ袋に入れてんのよ」

ナルト「他に入れとくところがねぇからだよ。仕方ねぇだろ」

サクラ「はいはい、私が悪かったわ。全く、そんなに大事なら台所の床に放置してんじゃないわよ」

ナルト「食べ物台所に置いて何が悪いんだよ」

サクラ「……食べ物?」

ナルト「なんだよ、なんか悪ぃのか」

サクラ(……まさか、ゾンビ映画みたいに死肉喰らってましたなんてオチじゃないわよね……)

サクラ「ねぇ……開けてみてもいい?」

ナルト「別に、構わねぇけど」

サクラ「……」ゴクッ

バッ



8 :オータ ◆aTPuZgTcsQ 2013/12/30(月) 12:11:56.43 ID:mYjjhKlJ0

サクラ(うっ……!!なんなのよ……なんなのよこれ……!!)

ナルト「他のも開けたきゃ開けても良いけどさ、全部中身は同じだぜ」

サクラ「アンタ……こんなのとっといてどうするつもりなのよ……」

ナルト「は?食い物なんだから食うに決まってんじゃん。サクラちゃんがそれのウマい食い方教えてくれんだろ」

サクラ「……美味しい食べ方なんてあるわけ無いじゃない。腐ってるのよ」

ナルト「腐る?……なぁ、サクラちゃんは納豆とかチーズも腐ってるって言うのか?」

サクラ「そういうのとは別物よ!生のスパゲッティにカビが生えたのなんて、アンタこそ発酵って呼ぶわけ!?」

ナルト「はは……なにをキレてんだよ……。発酵でなんか悪ぃのか?」

サクラ「アンタのこと前からバカだとは思ってたけど、ここまでバカだとは思わなかったわ!こんなの食べれる訳無いじゃない!」

ナルト「……んだと。本気で言ってんのかよ」

サクラ「なによ……私は本当の事しか」

ナルト「本気で言ってんのかよォォ!!」

サクラ「!!」ビクッ

ナルト「冗談だってんなら、今なら許してやる。どっちだ?」

サクラ「……ぁ」

ナルト「答えろよ、サクラちゃん」ずいっ

サクラ「……じょ……冗談……」

ナルト「……」

サクラ「……」

ナルト「……ったく、冗談言うならもっと笑えるやつにしてくれってばよ。笑えねーっつーの」

サクラ「……」

ナルト「どうしたの?作り方教えてくれんだろ」

サクラ「きょ……今日は具合が悪くて…………。ほら、風邪気味だって言ったじゃない」

ナルト「あー、確かに顔真っ青だもんな。なら、無理してまで今日じゃなくても良いってばよ。また今度教えてくれよな」

サクラ「う、うん。じゃあ……」

スタスタ… バタンッ



9 :オータ ◆aTPuZgTcsQ 2013/12/30(月) 12:27:31.30 ID:mYjjhKlJ0

サクラ「……ハァー……」

サクラ(一体、なんだったのよアレ……。意味分かんない……)

ガチャ

ナルト「サクラちゃん」

サクラ「ヒッ!なっなによっ!」

ナルト「なんだよ、薬渡そうとしただけだっつーの」

サクラ「薬?」

ナルト「風邪薬だってばよ。だって、サクラちゃん風邪引いてんだろ?」

サクラ「あ……うん」

ナルト「探してみたらまだあったからさ、飲み物も用意したし飲んでってくれ」

サクラ「べ、別に良いわよ。ウチに帰れば腐るほどあるから」

ナルト「腐るほど?」

サクラ「……ッ!」

ナルト「薬ばっかそんなに買い込んでどうすんだってばよ。薬になんて極力頼んない方が良いぜ?」

サクラ「……風邪薬持ってきたアンタが言うセリフじゃないわね」

ナルト「あ……ははっ!確かにそうだな。じゃあ、ホントにいいの?」

サクラ「うん、ありがとね。それじゃあまた明日」

ナルト「あ、ちょっと待ってくれってばよ」

サクラ「なに?」

ナルト「これ、俺が作ったやつだけど自信作だから持ってってくれ。麺だし食いやすいと思うぜ」

サクラ「…………」

ナルト「サクラちゃん?」

サクラ「あ、う、うん、ありがと。う、器は後で返すわね」

ナルト「そんなに急がなくてもいいから、ゆっくり食ってくれよな。二週間ぐらい置くと美味いってばよ」

サクラ「あ、ありがと……わ、私、帰るから!」

ダダダッ!

ナルト「んー……なんか元気じゃね?ま、いっか」



10 :オータ ◆aTPuZgTcsQ 2013/12/30(月) 12:55:35.10 ID:mYjjhKlJ0

カカシ「……あれ?こんな遅くになにしてんの」

サクラ「先生を待ってたんですよ。私たちと別れた後は、すぐ別の任務だって言ってたから」

カカシ「だからって……ずっと大門で待ってたの?おうちの人も心配してるでしょーに」

サクラ「別に、父と母は……そんなことより、任務どうでした?」

カカシ「え、俺?まぁ、上忍の任務なんてつまんないのばっかだよ。お前らも居ないしな」

サクラ「そうですか……」

カカシ「こんなこと聞くために待ってた訳じゃないでしょ。一体どうしたの」

サクラ「……私にも分からないんです。ただ、ナルトの様子がおかしくて……」

カカシ「そういえば、ナルトに料理教えるって言ってたよな。教えに行ったのか?」

サクラ「行ったことは行ったんですけど……」

ー説明中ー

サクラ「目とかも焦点あってないっていうか、私のこと見えてるのかも分かんない感じで見開いてて……凄く怖かったんです」

カカシ「うーん……」

サクラ「それに……帰り際にスパゲッティ持たされちゃって」

カカシ「手はつけてないよな?」

サクラ「当たり前じゃないですか!怖くて食べれませんよ……」

カカシ「ま、正しい判断だな。さて、どうしたもんか……とりあえず、家にさえ行かなければ迷惑な訳でもないし」

サクラ「でも、明らかに異常だったんですよ?」

カカシ「って言っても、あんまり騒ぎ立てるのも得策じゃないでしょ。下手に行動起こすと、ナルトへの風当たりが更に強くなっちゃうからね」

サクラ「確かにそれは嫌ですけど……」

カカシ「ま、俺もナルトの家に行ってみるから、サクラは適当にナルトと話合わせてちょーだい」

サクラ「はい……」

カカシ「信じてないんじゃなくて、状況を正確に把握するためだからね。しかし、サクラは凄いな」

サクラ「え?」

カカシ「そんな怖い目に遭ったら、俺だったら泣いちゃうよ。相手を思いやる余裕だって無いね多分」

サクラ「……だって、ナルトは仲間ですから。ナルトのこと信じたくもあるし……」

カカシ「うんうん、やっぱり偉いよ。さすがサクラだな」ぽんぽん

サクラ「だって………だって………うぅ……」ポロッ

カカシ「えっ、ちょっと、どうしたの?」

サクラ「……私だってそんなに強くないです……!すっごく怖かった……!」ポロポロ

カカシ「そうか……。そうだよな」

サクラ「ひっく……うぅ……」ポロポロ

カカシ「……ま、もうこんな時間だし、送ってくよ。ほら、行くぞ」

サクラ「はい……」ポロポロ



16 :オータ ◆aTPuZgTcsQ 2013/12/30(月) 13:22:38.03 ID:mYjjhKlJ0

ナルト「サクラちゃんおっはー!」

サクラ「あ、おはよう」

ナルト「なぁ、もう風邪は大丈夫なのか?」

サクラ「うん……、アンタのお土産のおかげでバッチリよ」

ナルト「えっ!もう食っちまったの?……まぁ、サクラちゃんの事だから、我慢出来ねぇんじゃねぇかと思ったけどさ」

サクラ「どういう意味よ。……料理は作ったらすぐ食べるもんでしょ」

ナルト「何言ってんだよ。こうなるだろうと思ってさ、持ってきてやったぜ」ガサッ

サクラ「えっ……?」

ナルト「昨日のは作ったばっかのやつだったから、食べ比べてみてくれよな。そうすりゃ、二週間ぐらいが丁度良いって分かっから」

サクラ「あ……うん……ありがと……」

ナルト「任務が終わったらちゃんと渡すから覚えててくれよ」

サクラ「うん……」

シュタッ

カカシ「ハロー、諸君。お元気?」

ナルト「どわっ!先生が遅刻しないなんて……」

カカシ「惚れ直した?」

ナルト「キモい事言うなってばよ!そもそも惚れるか!」

カカシ「ナルトに言うわけないでしょ。サクラに言ったの。ねぇ、サクラ」

サクラ「え?は、はい」

ナルト「えぇー!!嘘だろ!?」

サクラ「えっ!?あ、ごめん。聞いてなかった」

ナルト「……だよなぁ。マジビビったってばよ」

カカシ「無駄話も良いけど、ここからはお仕事モードに切り替えないとね。さー行くぞ」

ナルト「無駄話してんのはカカシ先生だっつーの」

サクラ「……」



17 :オータ ◆aTPuZgTcsQ 2013/12/30(月) 13:39:53.31 ID:mYjjhKlJ0

カカシ「はーい、お疲れさまでしたー」

ナルト「マジで疲れた……。もっと前みてぇに草むしりとかがいいなぁ」

カカシ「あの時は文句ばっかり言ってたクセに。いっつも陰で俺が火影様に怒られてたんだぞ」

ナルト「つったって、ハード過ぎでバテちまうってばよ。なぁ、サクラちゃん?」

サクラ「え?ああ、えーっと、そこまでじゃないでしょ」

カカシ「ちゃんとメシ食わないからすぐバテるのよ。今日は俺が料理の指導してやるから」

ナルト「えー!今からかよ」

カカシ「そ。結局サクラからは教われなかったんでしょ?今日もサクラは駄目そうだしな」

サクラ「え?」

ナルト「まぁ、確かに具合悪そうだってばよ」

サクラ「私?」

カカシ「そう。ナルトには俺がきちんと指導するから、サクラは家で安静にしてね」

サクラ「あ……はい」

ナルト「ちぇー、カカシ先生が来ても楽しくねーし」

カカシ「ひどいね、お前」

ナルト「そりゃだって、女の子の方が良いに決まってんじゃん」

カカシ「なんだ、きっちり自来也様の影響受けてたの。ま、そんなことよりさっさと行くぞ」

ナルト「あ、ちょっと待ってくれってばよ。サクラちゃん!」

サクラ「え?」

ナルト「ほら、これ。渡す約束してたろ?」

サクラ「……そ、そうね、ありがと」

ナルト「ちゃんと食ってくれよな。じゃあ、行こうぜカカシ先生」

カカシ「サクラになに渡してたのよ。まさか逆チョコってやつ?」

ナルト「全然ちげーし、まだそんな時期じゃねぇじゃん」

カカシ「そうなの?俺なんか毎日ラブレター貰うから、いつがバレンタインなのか分かんないんだよね」

ナルト「……なんか冗談じゃなさそうでムカつく」

サクラ「……」

スタスタ



18 :オータ ◆aTPuZgTcsQ 2013/12/30(月) 13:56:56.33 ID:mYjjhKlJ0

ナルト「やっぱり今日も遅刻かよ!毎度の事ながら、待たせ過ぎだっつーの!」

サクラ「そうね……」

ナルト「そういえば、サクラちゃん。昨日のやつは食べた?」

サクラ「……あ、うん」

ナルト「良かったー。実はさ、今日も持ってきてんだ。サクラちゃん喜ぶと思って」

サクラ「……」

ナルト「どうしたの?嬉しくねぇのか?」

サクラ「え、いや、スッゴく嬉しいわ!ありがとね」

ナルト「へへ、そう言って貰えると俺も嬉しいってばよ」

シュタッ

カカシ「お待たせ」

ナルト「お待たせ、じゃねぇ!何時間待たせたら気が済むんだってばよ!」

カカシ「悪い悪い。目覚ましが壊れててさ」

ナルト「壊れてんのはカカシ先生の方だろ。……ったくよー」

サクラ「……あの!」

ナルト「なに?」

サクラ「いや、アンタじゃなくてカカシ先生よ」

カカシ「……なに?」

サクラ「昨日、ナルトに料理教えたんですよね。どうでした?」

カカシ「教えたよ。ちゃんとした料理をな」

ナルト「なんか小難しくて、よく分かんなかったってばよ。特に、オイスターソースが貝から作ってるってのが信じらんねぇ」

カカシ「お前まだそれにこだわってたのか?オイスターは牡蛎って意味なんだよ」

サクラ「そうじゃなくて……カカシ先生!」

カカシ「……何が言いたいの?」

サクラ「えっ……」

ナルト「サクラちゃん、顔色悪いぞ。風邪悪化したんじゃねぇ?」

カカシ「そうだな。まだ熱があるなら帰って休め」

サクラ「そんな……。いえ……大丈夫です」

ナルト「ホントかよ。無理すんなってばよ」

サクラ「本当に大丈夫だから……」

ナルト「そうか?ならいいけど」

カカシ「じゃ、行きますか」



19 :オータ ◆aTPuZgTcsQ 2013/12/30(月) 14:15:32.96 ID:mYjjhKlJ0

カカシ「はい、終了。即時解散!」

ナルト「お疲れ?」

サクラ「待って!カカシ先生、聞きたいことがあるんです」

カカシ「俺は、サクラに話したいことはないけどね」

ナルト「ケチくせぇな。答えてあげたらいーじゃん」

カカシ「冗談だよ冗談。で、何が聞きたいの?」

サクラ「えっ……ここではちょっと」

カカシ「なに、ナルトに聞かれると困るの?」

サクラ「……ッ!」

ナルト「別に俺が帰ればいいんだろ。じゃあな」

カカシ「ああ、また明日な」

ナルト「おっと、忘れるとこだった。サクラちゃん、これ」

サクラ「……ありがと」

ナルト「次からはサクラちゃんの方から声かけてくれってばよ。じゃ、今度こそ俺は帰るぜ」

カカシ「じゃあな」

スタスタ

サクラ「……カカシ先生」

カカシ「……じゃあねぐらい言ってあげればいいのに」

サクラ「えっ?」

カカシ「お前のためにナルトは気を使って居なくなったんだぞ。声ぐらいかけたって、バチは当たらないんじゃないの」

サクラ「……そんなことより、さっきなんであんなこと言ったんですか!」

カカシ「は?」

サクラ「ナルトに聞かれたら困るとか……困るに決まってるじゃないですか!私が何を聞きたいかなんて分かってるクセに」

カカシ「なんのこと?」

サクラ「なんでまだとぼけるんです……!もうナルトは居ませんよ?さっきはナルトが居たから答えてくれなかったんでしょう!?」

カカシ「何が言いたいのか俺にはさっぱり分からないよ」

サクラ「そんな……!ナルトのことですよ……先生も見たんですよね?ナルトの家、おかしかったでしょ?」

カカシ「別に……。もう帰ってもいいかな」

サクラ「ま、待って!ちゃんと答えなさいよ!意味分かんないわよ!」

カカシ「じゃあ、答えてやるよ」

サクラ「……!」ゾクッ

カカシ「俺からしたら、意味が分からないのはお前だ。狂ってるのもお前だ」

サクラ「な……」

カカシ「……」

シュタッ

サクラ「な……なんなのよ……。なんなのよ……!!」



20 :オータ ◆aTPuZgTcsQ 2013/12/30(月) 15:31:43.07 ID:mYjjhKlJ0

スタスタ ピタッ

サクラ「……こんなもの!」グッ

ボスッ

サクラ「…………生ゴミをゴミ箱に戻しただけよ!誰にも文句なんてつけさせない!誰にも!」

サクラ「はぁはぁはぁ……」

サクラ「……ああ、何やってんだろ。器はナルトに返さなきゃなんないのに……」ガサガサ

サクラ「……帰ろ」

スタスタ
ガチャ

サクラ「……ただいま」

母「お帰りなさい。今日は早かったのね」

サクラ「……」

母「また、カカシ先生の所に行っても良かったのよ?アナタも男をたぶらかすの上手いでしょうからね」

サクラ「……そんなんじゃないって言ったじゃない。カカシ先生は私を送ってきてくれただけよ」

母「あんな遅い時間にね。ホント男って節操ないわよね。生徒にまで手を出すなんて」

サクラ「……うるさい……」

母「それとも、アナタが節操無いのかしら?あのうちはの子が好きだとか言ってたクセに、簡単に乗り換えちゃって。お母さんが聞いたらさぞ喜ぶでしょうね。自分そっくりで嬉しいって」

サクラ「うるさいうるさいうるさいうるさいうるさいうるさいうるさいうるさいうるさい!!!」ドンッ

母「痛い!」

サクラ「あ……」

母「なんでこんなことするの……アナタのこと、ここまで育てたのは私でしょう……?」

サクラ「……」

母「やっぱりアナタに流れてるのは悪魔の血ね。恩を仇で返すのが礼儀らしいわ」

サクラ「そんなつもりじゃ……」

母「じゃあ、一体どんなつもりだって言うの!」

サクラ「……ごめんなさい……」

母「……私こそ言い過ぎたわ。今日の晩御飯もアナタの好きなあんみつよ。アナタの分だけ特別に用意したの。一緒に食べましょう」

サクラ「……はい……」



22 :オータ ◆aTPuZgTcsQ 2013/12/30(月) 15:47:15.42 ID:mYjjhKlJ0

ナルト「グッモーニング!サクラちゃーん」

サクラ「おはよう……」

ナルト「どったの……なんか元気無いってばよ」

サクラ「……最近あんみつしか食べてないからちょっと……」

ナルト「……俺があげたやつは?」

サクラ「あ……!あれはちゃんと食べてるわよ!それ以外はって」

ナルト「嘘つくなよ」

サクラ「……ッ!!」

シュタッ

カカシ「おはよう。爽やかな朝だね」

ナルト「おっ、今日も遅刻しねぇなんて驚きだってばよ」

カカシ「別に、なんとなくね。さぁ、行きますか」

ナルト「俺さ俺さ、今日は先生のおごりでラーメン食いてぇなぁ」

カカシ「そうだな。頑張って任務やってるようだったら、連れてってやるよ」

ナルト「マジで?よっしゃー!」

スタスタ

サクラ「…………なんだったの……?」

ナルト「サクラちゃん!ぼさっとしてたら置いてくってばよ!」

サクラ「……」タタッ



23 :オータ ◆aTPuZgTcsQ 2013/12/30(月) 16:02:47.88 ID:mYjjhKlJ0

カカシ「お疲れさまでしたー。じゃあね」

ナルト「待て待て待てってばよ!らあめん!」

カカシ「あ、忘れてた」

ナルト「ふざけんなよ!俺ってばめちゃめちゃ頑張ったのに!」

カカシ「悪かった、ごめん」

ナルト「……ったく。サクラちゃんも来る?」

サクラ「えっ……」

カカシ「……」

サクラ「……私はいいわ。このあと予定があるから」

ナルト「ふーん、それってどのくらいかかんの?」

サクラ「えっ、なんで?」

ナルト「サクラちゃんに貸してる器、今日持ってきてくんねぇかと思ってさ。悪ぃけど俺んちまで来てくれってばよ」

サクラ「……!でも……」

ナルト「じゃあ、今日の五時ごろな。早く行こうぜカカシ先生!」

カカシ「分かったから、引っ張るなって……」

スタスタ

サクラ(……ナルトの家に……行く……?)

サクラ(そんなの自殺行為じゃない……!でも……行かなきゃ行かないでなにされるか……)

サクラ(……なんでよ……なんで私だけ……!なんで……!なんで!なんでなんでなんでなんでなんでなんでなん)

いの「あれ?サクラじゃない。久しぶりねー」

サクラ「いの……」

いの「なによ、思い詰めた顔しちゃって。また厄介なこと抱えちゃってる訳ぇ?」

サクラ「いの……いの……!」ポロポロ

いの「えっ!?ど、どーしたのよ?ちょっと、泣き止みなさいって!」

サクラ「うわああああああ!!」ポロポロ

いの「サクラ……」



24 :オータ ◆aTPuZgTcsQ 2013/12/30(月) 16:14:37.22 ID:mYjjhKlJ0

いの「……アンタがお父さんの連れ子だっていうのは聞いてたけど……まさかそこまで酷い状況とはね」

サクラ「……お父さんが私の産みの親の方に行っちゃったから、お母さんが余計に冷たくて……。お父さんも帰ってこないし、お母さんには……カカシ先生たぶらかしたなんてっ……言われるしっ……!」

いの「あーもー、いちいち泣かない!」

サクラ「だって……だって……ナルトやカカシ先生も……」

いの「うーん……。はっきり言ってカカシ先生はともかく、ナルトはアンタに仕返ししてんじゃないの?まぁ、カカシ先生もナルトから事情を聞いた可能性大ね」

サクラ「仕返し……?仕返しってどういうこと?」

いの「……まさか、覚えてないの?」

サクラ「覚えてないって……一体なんのことよ?」

いの「はぁ……。アンタがそこまで自分に都合良く生きてるなんて、知りたくなかったわ。私でもちょっと引く」

サクラ「ねぇ、お願い!何か知ってるなら教えて!」

いの「……いい?あのね、アンタは」



25 :オータ ◆aTPuZgTcsQ 2013/12/30(月) 16:22:36.13 ID:mYjjhKlJ0

ナルト「あ!サクラちゃん待っててくれたのか。ありがとな」

サクラ「ナルト……」

ナルト「さぁ、中に入ってくれってばよ。お茶ぐらいは出すからさ」

ガチャ

ナルト「サクラちゃん?」

サクラ「……お邪魔します」

バタン

ナルト「なぁ、サクラちゃん。器持ってきてくれたんだろ?先に渡してもらっていい?」

サクラ「うん……」

ナルト「あ、スッゲー!風呂敷にアイロンまでかけてある。別に汚れたままでも良かったのに。でも、助かるってばよ」

サクラ「ナルト……」

ナルト「今、お茶用意するから待ってて」

サクラ「ナルト……お茶はいいわ。私の話を聞いて」

ナルト「お、おう……」



26 :オータ ◆aTPuZgTcsQ 2013/12/30(月) 16:42:48.91 ID:mYjjhKlJ0

サクラ「ナルト、本当にごめんなさい。まさかこんなことになるなんて、ここまで傷付けてるなんて知らなかった」

ナルト「へ?……ああ、分かった。弁当箱ゴミ箱にぶっこんだことか」

サクラ「え……!知ってたの?」

ナルト「あれだけ大きな声で喚けば、たまたま通りかかった誰かに聞かれてもおかしかねぇだろ。その誰かが俺だったってだけだってばよ」

サクラ「ごめん……」

ナルト「まぁ、そりゃ傷付いたけどさぁ。いらないならいらないって口で言ってくれればいいのに。……でも、謝ってくれたから良いってばよ」

サクラ「……それも悪いと思ってる。でも、今日謝りたかったのは違うの」

ナルト「なんだよ……」

サクラ「私がアンタに渡してたお弁当は、いつも腐ってた」

ナルト「!!!」

サクラ「あの頃は隠れて捨てるなんて器用なこと出来なくて……でも腐ってるって知ってたからどうしても食べたくなかった。……だからアンタに食べさせたの」

ナルト「あはは……何言ってんだよサクラちゃん……意味分かんねぇって……」

サクラ「あの頃私はナポリタンが好きだった。だからお母さんはいつもお弁当にナポリタンを入れてくれた。……ううん、ナポリタンしか入れてくれなかった。それもわざと腐らせたやつを」

ナルト「やめろ……やめろってばよ!」

サクラ「アンタも……さすがにおかしいと思って私に聞いてきたわよね。これは普通のナポリタンなのかって。私はたまたま発酵って言葉を覚えたばかりだったから、アンタに言った。『これは発酵してるのよ。納豆やチーズと同じ』って。そして得意気に付け加えたわ。『作るのに手間がかかるから、作るのが楽しいのよ』」

ナルト「やめてくれ……!」

サクラ「……私は、第七班の仲間としてアンタと関わるようになってから、自分のしたことが恐ろしくて堪らなくなったわ。いのに相談したりもしたけど……謝る勇気さえもわかなかった。その結果、私は記憶を封印することで自分のしたことから逃げた」

ナルト「やめろ……」

サクラ「アンタの傷を抉ることになるのは分かってる……。だけど……ナルト、あの弁当は腐ってたのよ……アンタが溜め込んでるゴミ袋の中身も、ただの腐ったゴミなのよ!」

ナルト「やめろっつってんだろぉ!!!」

バキッ



27 :オータ ◆aTPuZgTcsQ 2013/12/30(月) 16:54:58.69 ID:mYjjhKlJ0

サクラ「ぐふっ……!」ズザザ

ナルト「サクラちゃんは……サクラちゃんは優しかったんだ……。誰も声すらかけねぇ俺に、弁当をくれて……嬉しかった……!」

サクラ「……」

ナルト「そのサクラちゃんが……腐ってたなんて…………これをゴミだなんて言うなよ……言わねぇでくれよ……!!」ポロポロ

サクラ「……でも、アンタだってのはどこかで分かってたんでしょう?カカシ先生に訴えたから、先生は……」

ナルト「違う!俺は……俺はこれが腐ってるなんて誰にも言ってねぇよ!カカシ先生には、サクラちゃんが弁当をくれたことと、中身の作り方を教えてくれたって言っただけだ……。そしたら……サクラちゃんへの態度が冷たくなっちまって……」ポロポロ

サクラ「そんな……それじゃあアンタ本当に……。少しも仕返しのつもりじゃなかったの……!?」

ナルト「何をしかえすんだよ何を!……これはゴミなんかじゃねぇ……違う……」ポロポロ

サクラ「ナルト……」

ナルト「俺は……俺は……!」ポロポロ

サクラ「ごめん……ごめんね……!ごめん……!」

ナルト「うぅ……ぅ……」ポロポロ

サクラ「ごめん……ごめん……」ポタッ



28 :オータ ◆aTPuZgTcsQ 2013/12/30(月) 17:09:00.22 ID:mYjjhKlJ0

コンコン

カカシ「はーい。どちらさ……」ガチャ

サクラ「突然すみません」

カカシ「サクラ……!」

サクラ「私、先生にお願いしたい事があって……でも、その前に私の話を聞いて頂けませんか?」

カカシ「……じゃあ、その前に俺の話を聞いてくれる?」

サクラ「えっ?は、はい」

カカシ「本当にすまなかった!俺は先生失格だ……」

サクラ「へっ?」

カカシ「大人げなさ過ぎたし、第一俺は何も知らなすぎた。本当にすまない……いのから全部聞いたよ」

サクラ「いのが……」

カカシ「お前の事情を考えもせず、頭に血が上ってた。許してくれなんて言う気はないが……本当に悪かった」

サクラ「……ふふっ」

カカシ「サクラ……?」

サクラ「……だって、先生ったらさっきの私そっくりなんですもん」

カカシ「さっき……?」

サクラ「ナルトに全部話して、謝って来たんです。これが、カカシ先生に話したかったことです」

カカシ「……ナルトはなんて?」

サクラ「傷付いたけど、謝ってくれたから良いって言ってくれました」

カカシ「そうか……」

サクラ「私も先生の言葉は傷付いたけど……そもそも私が悪いし、それなのに謝ってくれた先生を許さないわけないじゃないですか」

カカシ「サクラ……ありがとう……」

サクラ「私も、私の事許してくれてありがとうございます。カカシ先生」

カカシ「本当にごめんな……」

サクラ「もういいですって。それより、先生にお願いがあるんです」



29 :オータ ◆aTPuZgTcsQ 2013/12/30(月) 17:28:22.31 ID:mYjjhKlJ0

ー数時間後ー

サクラ「うーん、本当にゴミ袋だらけね。虫がたかっちゃってるから余計酷いわ」

ナルト「なぁ、このゴマみたいなの全部虫の卵なのか……?」

カカシ「そだね。それよりナルト、角は丸く掃いちゃ駄目だぞー」

ナルト「えっ?」

カカシ「四隅が白ゴマの塊みたいになってるよ」

サクラ「おええ……私、しばらくゴマ料理食べれそうにないわ」

ナルト「うわっ!なんかここだけびちゃびちゃなんだけど!」

カカシ「そこは今から片付けるって言ったでしょ!全く……」

サクラ「これ……なんで濡れてんの?」

カカシ「生ゴミって腐ると茶色や黒くなるあたりで、かなり水分排出するんだよねー。だから戦場に放置されてた死体なんかも茶色いし真っ黒でべっちゃべちゃに」

ナルト「やめろってばよ!マジふざけんな!!」

サクラ「うううう、何も聞いてない何も聞いてない」

カカシ「聞いてくるから答えてあげたのに……」

ナルト「そんな答え、誰も期待してねぇっつーの!」

サクラ「ああ、もういや……。カカシ先生に来てもらったのは失敗だったわ」

カカシ「サクラのお願い聞いてあげたのに、そりゃないでしょ」

サクラ「あれはナルトのお願いを伝えただけですよ。ナルトが来て欲しいって言うから」

カカシ「あれ、そうなの?」

ナルト「うん……でも失敗だったってばよ……」

カカシ「お前らね……このくらいでへこんでどうすんのよ。俺が見た中で一番酷かったのは、目玉が抉りとられてて口の中に」

サクラ「ナルト!ちゃっちゃと片付けて、さっさとカカシ先生追い出しましょう!」

ナルト「お、おう!」

カカシ「えー、酷いね。お前ら」

二人「酷いのはカカシ先生だろ!「でしょ!」」



30 :オータ ◆aTPuZgTcsQ 2013/12/30(月) 17:37:58.68 ID:mYjjhKlJ0

ーさらに数時間後ー

ナルト「これで……終わりか?」

サクラ「やったー!あー、疲れた」

ナルト「あれ、カカシ先生は?」

サクラ「さっき台所借りるって言ってたじゃない。アンタも分かったとか言ってたけど」

ナルト「ゴミ運ぶのに必死だったから覚えてねーや。でも、台所で何すんだろ」

サクラ「そりゃ、料理なんじゃないの?カカシ先生が料理なんて似合わなすぎだけど」

ナルト「でも、先生に料理教えて貰ったとき、すげぇ手際良かったってばよ。それに、サクラちゃんに出来んなら、先生にだって出来んだろ」

サクラ「あはは、確かに」

ナルト「しっかし、サクラちゃんが料理出来るなんて、やっぱり信じらんねぇ」

サクラ「本当に上達したのよ。……今度食べに来てよ、無理にとは言わないけど」

ナルト「……でも、あのおっかねぇ母ちゃんがいるとこ行くのは嫌だなぁー。だって、いっつも鬼みてぇな顔してんじゃん」

サクラ「ああ、それなら心配ないわよ。私、一人暮らしすることにしたの」



31 :オータ ◆aTPuZgTcsQ 2013/12/30(月) 18:02:47.35 ID:mYjjhKlJ0

ナルト「一人暮らしって……マジで?」

サクラ「うん、色々不安だけど……まぁ、アンタやカカシ先生に出来て、私に出来ないはずないからね」

ナルト「ははっ!そうだな。……それなら、食いにいってもいい?」

サクラ「本当?」

ナルト「もちろん、男に二言はねぇってばよ。骨は拾ってくれよな」

サクラ「それなら先生の骨も拾わないとね」

ナルト「なんで?」

サクラ「もちろん、先生も呼ぶからよ」

ナルト「ええー!?俺だけだと思ったのに……そんなんウマミゼロじゃん!」

サクラ「なーに言ってんのよ。私の死ぬほど美味しい手料理が食べれて、なおかつカカシ先生の素顔が見れる!最高でしょ?」

ナルト「そうか……マスクは考えてなかったな」

サクラ「手料理はどこ消えたのよ」

ナルト「いや、やっぱり命かけるほどの価値はねぇよな……うーん……」

サクラ「……いい加減にしないとぶっ飛ばすわよ」

ナルト「あ。てか、先生ってば料理作ってんだろ?なら自分でも食うだろうし、サクラちゃんち行くメリットねぇな」

サクラ「ほう……今ここで死にたいみたいね」

ナルト「な、なんだよ!脅したってムダだもんね。メシ食って死んでたまるかってばよ!」

サクラ「だから、今私がトドメさしてやるっつってんのよ!待てェ!」

カカシ「おーい。メシ出来たから、休憩にしない?」

ナルト「ほら、サクラちゃん!休憩だってさ!もうやめようぜ?」

サクラ「アンタが逃げなきゃいいのよ!大人しくしなさい!」

ナルト「ギャー!助けてカカシ先生!」

カカシ「な、なにやってんのよ!ちょっサクラ!」

バギッ!!

カカシ「あぐっ!!」

サクラ「あ……すみません!……あはは……これでチャラってことにしません?」

カカシ「……それでサクラが良いなら全然良いんだけどね。ホント全然良いんだけど、血だけ止めてくれると嬉しいかな」

サクラ「大丈夫ですよ!心配しなくても助かりますから!」

カカシ「えっなに、助かるって。おい、ナルト。なんで目伏せてんだ」

ナルト「骨は拾うってばよ、カカシ先生」

カカシ「ちょっと……お前ら……」バタッ

サクラ「救急車ー!!」

終わり

この記事へのコメント

プロフィール

うどん大尉

Author:うどん大尉
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
未分類 (2)
相棒 (20)
暗殺教室 (2)
悪魔のリドル (18)
ご注文はうさぎですか? (6)
艦隊これくしょん (62)
帰宅部活動記録 (7)
キルラキル KILL la KILL (5)
機動警察パトレイバー (14)
ゴッドイーター (5)
げんしけん (1)
機動戦士ガンダム (7)
黒子のバスケ (6)
涼宮ハルヒの憂鬱 (12)
生徒会役員共 (4)
スラムダンク (2)
食戟のソーマ (2)
進撃の巨人 (41)
ソードアート・オンライン (12)
ゼロの使い魔 (2)
テラフォーマーズ (2)
ドラゴンボール (12)
ダンガンロンパ (7)
ニセコイ (17)
名探偵コナン (1)
NARUTO (22)
ファイアーエムブレム (10)
BLAZBLUE (1)
化物語 (9)
ひなビタ (3)
ハリー・ポッター (2)
モンスターハンター (5)
魔法少女リリカルなのは (6)
みなみけ (2)
やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 (37)
リトルバスターズ! (11)
ラブライブ! (21)
俺の妹がこんなに可愛いわけがない (5)
To LOVEる (1)
テイルズシリーズ (7)
七つの大罪 (2)
刃牙 (13)
るろうに剣心 (4)
ハナヤマタ (1)
魔法科高校の劣等生 (1)
アクセル・ワールド (1)
アイドルマスター (10)
咲-Saki- (3)
とある魔術の禁書目録 とある科学の超電磁砲 (5)
新世紀エヴァンゲリオン (1)
ブラック・ブレット (1)
ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか (1)
東京喰種トーキョーグール (3)
魔法少女まどか☆マギカ (0)
がっこうぐらし! (1)
グランブルーファンタジー (3)
ジョジョの奇妙な冒険 (10)
ガールズ&パンツァー (1)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム
zenback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。