スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

理樹「あれ…来ヶ谷さん休み?」

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/18(月) 18:12:23.95 ID:905QxXAs0

~朝のHR前~


真人「そういやいねぇな」

謙吾「大方いつも通りのサボりだろう、ほおっておけ」

理樹「でも一時間目は数学じゃないし……」

小毬「ふえぇ?理樹君達聞いてないの~?」

理樹「おはよう、小毬さん。聞くって何を?」

小毬「唯ちゃんなら今日は風邪でお休みだよぅ…」シュン


理樹・真人・謙吾「!!?」
9:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/18(月) 18:16:17.85 ID:905QxXAs0

鈴「何でも相当辛いらしいぞ」

美魚「というか三人揃ってその反応は少し失礼かと」

理樹「鈴に西園さん、おはよう。なんか来ヶ谷さんが風邪引くってイメージが……」

謙吾「俺も理樹に同じだ。まさかあの来ヶ谷がな……」

真人「俺と同じで、強いから風邪なんか引かねぇと思ってたぜ」

鈴「お前は馬鹿だからだろ」

真人「なんだとぉ!?触りまくって馬鹿移すぞ!」

鈴「寄るな、きしょい!」シャー


理樹「真人……それ自分で馬鹿って認めてるからね」アハハ…



13:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/18(月) 18:17:52.11 ID:905QxXAs0

美魚「能見さん……それに三枝さんも直前まで看病をしてくるので学校に来るのは、HR直前だそうです」

理樹「そうなんだ……」

理樹(あの来ヶ谷さんが風邪か……)



15:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/18(月) 18:18:46.76 ID:905QxXAs0

~昼休み~


小毬「それでくーちゃん、唯ちゃんの具合はどうだったの?」

クド「わふ。。とても辛そうでしたぁ。。」

葉留佳「一人で心細そうだったからねぇ……ありゃあ姐御じゃないっスよ。。」

真人「マジでか…」

謙吾「あの来ヶ谷が…?やはり信じられん」

美魚「お二人はいい加減にしたほうがよろしいかと」

理樹「でも僕たちは女子寮に入れないし……」



20:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/18(月) 18:20:20.22 ID:905QxXAs0

恭介「そんなことはない」スタッ

理樹「恭介!」

恭介「考えてもみろ、風紀委員だって学生だぞ?授業中は女子寮への見張りもいないさ」

恭介「が、流石に真人や謙吾、俺が女子寮前でコソコソしてたら教室の窓からバレる可能性は高い!」

恭介「そこで理樹!お前が来ヶ谷の看病謙お見舞いに行くんだ!いつ行くの?今でしょ!」ドヤァァ

鈴「こいつもあほだ」



62:保守ありがとーなのです!:2013/02/18(月) 19:30:33.43 ID:905QxXAs0

理樹(結局恭介に乗せられて女子寮まで来ちゃったし…)

理樹(しかし……)

理樹(葉留佳さん達には申し訳ないけど……)

理樹(弱ってる来ヶ谷さん……興味あります!)グッ



理樹「ホ、ホントに楽々侵入できた…」

理樹「そ、それじゃあ」コンコン

理樹(って普通に考えたら来ヶ谷さん寝てるんじゃないか?)

ガチャ



66:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/18(月) 19:37:30.43 ID:905QxXAs0

唯湖「むっ……理樹君?」

理樹「(良かった、起きてた)や、やぁ来ヶ谷さんお見舞いにきたよ」ニコッ

理樹(というかパジャマ姿の来ヶ谷さんて反則。。)

唯湖「……授業中にか?」ジトーッ

理樹「く、来ヶ谷さんが心配で……」

唯湖「はぁ…さしずめ恭介氏の差し金だろう。まぁ入ってくれ」クスッ

理樹「し、失礼します」コソコソ

理樹(あれ…普段の来ヶ谷さんと変わりない…だと…)



70:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/18(月) 19:47:40.04 ID:905QxXAs0

唯湖「しかし理樹君が恭介氏の差し金といえど、平気で授業をサボるとはな」

唯湖「全く誰の影響を受けたんだか」クスッ

理樹(授業をサボることに関しては間違いなくあなたです!)

理樹「あはは…僕の事は置いておいて来ヶ谷さん具合はどうなの?」

唯湖「ん、平時と大差ないが?」

理樹「」

唯湖「そもそも今日休んだのも小毬君やクドリャフカ君に止められたからだしな」クスッ

理樹(oh…)



73:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/18(月) 19:59:11.62 ID:905QxXAs0

理樹「そ、そういえば他の男子メンバーからお見舞いの品を預かってきたよ!」

唯湖「……すまん、不安しか感じないのだが」

理樹「僕も中身は見てないけどそこまで酷いものでも無いと思うよ」アハハ…

理樹(けど三人とも午前中の授業の間にどうやって用意したんだろう…?)

理樹「まず真人からのは…」ゴソゴソ

『5kgのダンベル』
『筋肉付けて元気になれよby井ノ原真人』

理樹「……」

唯湖「……」



75:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/18(月) 20:08:29.36 ID:905QxXAs0

理樹「つ、次は謙吾からのお見舞いだよ」

唯湖「理樹君、それは見なければならないのか?ミ○ックと分かっている宝箱を開けるのはさすがのおねーさんでも嫌なんだが」

理樹「だ、大丈夫だよ!謙吾だよ!?最近は確かにぶっ飛んでるけど、剣道一筋に生きてきて笹瀬川さんを始めとした女子のハートをゲットしてきた謙吾だよ!?」

唯湖「いや、最近ぶっ飛んでる時点で不安MAXなんだが」

理樹「それじゃあ開けるよ」ゴクッ

『朝鮮人参の苗』
『早く元気になれよby宮沢謙吾』

理樹「……」

唯湖「……」



76:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/18(月) 20:15:58.07 ID:905QxXAs0

理樹「さ、最後は恭介からの…」

唯湖「もう私は何も言わんよ…」

理樹(恭介……僕達の命運や威信は恭介のお見舞いにかかってるんだ……頼む、恭介)パカッ

『甲子園の土』
『リトルバスターズ最高ぉぉぉby棗恭介』

理樹「……」

唯湖「……」

唯湖「最初の筋肉バカはまだわかる。お見舞いの品としては意味わからんが」

唯湖「次の剣道バカは一応私の風邪を何とかしようとする意志はみられる。おそらく私の風邪が完治するほうが収穫より遥かに早いだろうが」

唯湖「最後のただのバカのはもはや意味がわからん。メッセージも全く関係ないし…というかなんであの男は甲子園の土など持ってるんだ?」

理樹(三人ともなにやってんの……)ズーン



79:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/18(月) 20:24:09.82 ID:905QxXAs0

唯湖「結局理樹君が買ってきてくれたゼリーが一番まともだったな」

理樹「そうだね…どうする食べる?」

唯湖「いや…せっかくだが冷蔵庫にしまっておいてくれ。それとも理樹君があーんして食べさせてくれるのか?」クスッ

理樹「や、やらないよ!それじゃあ閉まっとくよ」パタンッ

理樹「他に何かやることない?」

唯湖「最初にも言ったが平時と変わらないからな。大低の事は自分で出来るよ。」

唯湖「それより理樹君こそそろそろ戻ったほうが良いぞ?6時限前に忘れ物を取りに来る生徒もいるし」

理樹「もうそんな時間?!それじゃあ来ヶ谷さん、お大事に」バタッ




唯湖「行ったか……」ゴホゴホ

唯湖「怠い……眠ろう。。」



83:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/18(月) 20:37:46.64 ID:905QxXAs0

~放課後~


理樹「もう!酷いよ、鈴にクドに葉留佳さん!」

鈴「ん?なんのことだ?」

クド「わふー?」

葉留佳「あれぇ~はるちんもしかしてまたなんか迷惑かけちゃった」アセアセ

理樹「来ヶ谷さんのことだよ!お見舞いをすることは悪いことじゃないけど、全然元気じゃないか」

謙吾「なんだ、そうだったのか」

真人「へっ!じゃああのダンベルは必要ねぇな!」

理樹(ダンベルはどっちにしろ必要なさそうだけど)

鈴「来ヶ谷が」

葉留佳「全然」

クド「元気…ですかぁ?」

理樹「うん、いつもと変わらない調子だったけど」



86:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/18(月) 20:47:16.16 ID:905QxXAs0

クド「リキ…それは信じられないのです。。」

理樹「えっ……?」

葉留佳「朝も言ったけど姐御は別人みたいに弱ってたよ…?私は嘘つくこともあるけどこれはホント」

理樹「で、でもホントは学校に行けたけどクドや小毬さんに止められたって…!」

小毬「私たちが止めたのはホントだよ~。でも唯ちゃんはとても学校来れる体調じゃなかったから止めたんだよ……」

理樹(一体どういう事…?さっきみた来ヶ谷さんは……)

恭介「……」



87:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/18(月) 20:53:18.63 ID:905QxXAs0

タカクトベ~タカクソラヘ~♪

クド「!来ヶ谷さんからメールです!えっと…皆さんにも伝えてほしいとあるので読みますね」

『調度全員合流して今から野球をする頃だろう。今日私は練習を休ませてもらうが、もう看病やお見舞いは無用だ。そこにいる理樹君が見たようにもう平気だからな。あと多分私が弱っているとかいらんことを言った葉留佳君は極刑だ』

葉留佳「えぇ~!?なんで私だけ~?」

真人「ざまぁねぇな、三枝」ヘッ

クド「あ、追伸がありました!」

『追伸 私にふざけた見舞品を寄越した男子三名も同刑に処す』

真人「」

謙吾「」

恭介「」



89:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/18(月) 21:02:18.84 ID:905QxXAs0

小毬「なんだぁ~唯ちゃん元気になったんだぁ~」

葉留佳「さすが姐御っすね! うぅ……何されるんだろう」ガタガタ

鈴「ん…?理樹、お前元気ないな、来ヶ谷が元気になって嬉しくないのか?」

美魚「直枝さんは『な~んだ、貴重な貴重な弱った来ヶ谷さんはもう見れないのか~残念☆』と考えているのですよ」

鈴「マジか、引くな」

理樹「か、考えてないよ!そんなこと」

理樹(クドや葉留佳さんが朝8時半近くまで付いてて)

理樹(僕が行ったのが午後1時半)

理樹(来ヶ谷さんならこれだけあれば元気になっちゃう……のかなぁ?今思えばゼリーを食べなかったのも…)



129:保守ありがとーなのです!:2013/02/18(月) 22:31:43.02 ID:905QxXAs0

恭介「理樹」

理樹「!」

恭介「お前が今何を考えているか俺には大体分かってる」

恭介「だがお前が明かにしたいことは、来ヶ谷が明かにしてほしくない事なんじゃないのか?」

恭介「それを明かにすることは本当に……良いことだと自信を持って言えるのか?」

真人「恭介、お前何言ってんだ?」

謙吾「……」

美魚「……」

葉留佳「?」

鈴「?」

クド「?」

小毬「?」



131:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/18(月) 22:34:21.42 ID:905QxXAs0

理樹(確かに恭介の言いたい事はわかる…)

理樹(でも僕は……)

理樹「行くよ、恭介」

理樹「だって僕の疑問通りだったら…」

理樹「来ヶ谷さんは今も苦しんでる」

理樹「特に何かをしてあげられるわけじゃないけど…」

理樹「僕はほおっておけないよ!!」

恭介「そうか……だったらもう迷うな、とっとと行けぇぇぇぇぇぇ!」

理樹「うんっ!」ダッ

恭介「理樹のやつ、行っちまったな」

謙吾「お前らの凄みに押されてて忘れたが、この時間は普通に風紀委員がいるんじゃないか?」

全員「あ!」



132:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/18(月) 22:36:30.25 ID:905QxXAs0

佳奈多「で、来ヶ谷さんのお見舞いに来たと」

理樹「そうなんだけど…ダメ?」

理樹(風紀委員の存在をすっかり忘れてた……しかもよりによって二木さんに見つかるなんて)

佳奈多「勿論ダメよ。風邪で弱ってる女子の部屋に男子を入れるなんて許可できる訳無いじゃない」

佳奈多「お見舞いの品でもあるなら渡しといてあげるわよ?」

理樹「いや無いけど……」

佳奈多「だったらさっさと野球の練習に戻りなさいよ」

理樹「いや……でも…」

佳奈多「……はぁ、10分よ、10分」

理樹「! 二木さん…」

佳奈多「いくら弱っているとしても来ヶ谷さんなら大丈夫だろうし、あなたもそんな馬鹿な事するほど愚かじゃないでしょうし」

理樹「ありがとう…っ!」ダッ

佳奈多「……はぁ~、何やってんだろ私。。」



136:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/18(月) 22:38:32.39 ID:905QxXAs0

理樹「今度も起きてるかな……」コンコン

唯湖「はい……ってまた理樹君か、まぁ入りたまえ」

理樹「あ、おじゃまします」

唯湖「しかし日に二度私に会いにくるとはおねーさんも愛されたものだな」クスッ

唯湖「しかし野球の練習をサボるのは感心しないよ、理樹君。私は高校の授業(主に数学)などはどうでも良いと思うがリトルバスターズのメンバーで過ごす時間は大切にすべきだと思うぞ」

理樹「高校の授業もサボっちゃダメでしょう」アハハ…

唯湖「今日の5時限をサボった君に言われたくないが」

理樹(……やっぱりもう完治してるのかな?)

唯湖「して理樹君、私に何か用があったんじゃないのか?」

理樹(あぁ、もうこうなったら!!)ガッ



138:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/18(月) 22:40:39.33 ID:905QxXAs0

理樹(当たってる……来ヶ谷さんのおでこが僕のおでこと)

唯湖「理樹…君。。」

理樹(……やっぱり僕の予想通りだった…来ヶ谷さんのおでこ、物凄い熱い…)

唯湖「はぁ……全てバレてしまったな。まさか…理樹君がこんな強引な手に出るなんてな…」フラッ

理樹「く、来ヶ谷さん!?」ガシッ

唯湖「……すまない、実は座っているのもきついぐらいで……」

理樹「じゃあベッドに寝かせるからね」オヒメサマダッコ

唯湖「う、うん…///」カァァ



140:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/18(月) 22:41:41.01 ID:905QxXAs0

理樹「全くなんでこんなことしたのさ。あ、水タオル乗せるよ」

唯湖「気持ちいいな、これは。。……笑わないで聞いてくれるか?」

理樹「う、うん……」

唯湖「心配かけて嫌われたくなかったんだ…」ボソッ

理樹「……え?」

唯湖「だから!嫌われたくなかったんだ、君やリトルバスターズの面々に!」

唯湖「その……初めて出来た友達だからな//」プイッ

理樹(そうか……来ヶ谷さんは来ヶ谷さんなりに僕達のことを考えての嘘だったのか……)



142:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/18(月) 22:43:30.68 ID:905QxXAs0

理樹「来ヶ谷さん、僕達は心配かけられても誰も来ヶ谷さんを嫌いなったりしないよ」

理樹「それに来ヶ谷さんだって、さっき自分で言ったじゃない『仲間達と過ごす時間は大切ににすべき』だって」

理樹「看病だったりお見舞いだったり…そういう時間だって、大事な仲間達と過ごす時間で共有して良いんだよ」ニコッ

理樹「だからこれからはこういう嘘は付かない事。あと今日の嘘についてもしっかり謝ること、いいね?」

来ヶ谷「い、いつになく強気だな理樹君。。しかし今回は私に非があるし言う通りにしよう。ただし!」

理樹「ただし?」

来ヶ谷「理樹君は私が寝るまで私の手を握っておくこと!これは命令だ!」



143:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/18(月) 22:44:35.77 ID:905QxXAs0

理樹「え、ちょ」

唯湖「看病だと思ってそれくらいしていけ、このファッキン小僧。ほら、問答無用♪」ギュッ

理樹「っ…///」

唯湖「ふふっ……」




――

―――

理樹「もう来ヶ谷さん寝たたのかなぁ」

唯湖「ん……」スースー

理樹(やっぱりきつかったのかな…)

理樹(ていうか来ヶ谷さんの寝顔可愛いな……)

理樹(なんか僕も眠くなってきちゃった……zzz)




「本当にありがとうな、理樹君」



146:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/18(月) 22:45:50.94 ID:905QxXAs0

~数日後~


理樹(あの日、僕は突入してきた二木さんの強烈な蹴りで目が覚めた)

理樹(その後僕と入れ違いになるように女子メンバーが入っていき、来ヶ谷さんは嘘の回復メールを送ったことを謝ったそうだ)

理樹(そしてリトルバスターズメンバーの看病を受けた来ヶ谷さんは見事に回復した)

理樹(僕はというと……)

真人「ほら、理樹!飯作ってやったぞ、特製カツ丼だ」

謙吾「全く馬鹿だな、お前は。病人には汁物が基本だろう?ほら理樹、豚骨ラーメンだ」

理樹(見事に風邪を移されていた…)

恭介「しかし能見や神北も看病してたのに移されたのがお前だけとはな、テキサスバーガーでも食うか?」

理樹「自分でも情けないよ……そして三人とも病人には重過ぎだよ」ゴホゴホ



151:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/18(月) 22:51:01.39 ID:905QxXAs0

唯湖「失礼するぞ」ガラッ

理樹「来ヶ谷さん…?」

唯湖「今から理樹君の看病は私がする。良いな?」

真人・謙吾・恭介「はいっ!」ピシャッ

理樹(来ヶ谷さんが回復した後、葉留佳さんと同じく極刑処せられた三人が何をされたか知らないけど、三人は常にこの調子……来ヶ谷さん、何したんだろう)

唯湖「理樹君、おねーさんがたっぷり看病してやろう♪」

理樹「…お、お願いします」アセダラダラ



153:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/18(月) 22:52:29.59 ID:905QxXAs0



――

真人「しかし一つわかんねーんだけどよぉ」

謙吾「ん?どうした」

真人「らいらい谷はリトルバスターズメンバーに心配かけたくなかったんだろう?でも神北達には朝の時点で心配かけちまってたよなぁ?」

謙吾「まぁそうだな」

真人「なのに理樹が見舞に行ってから演技して…うーんイマイチわからん」

恭介「今回の来ヶ谷の嘘は心配かけたくないもあるが、嫌われたくないってのが一番の理由だからな。そりゃあ、あいつが誰に一番嫌われたくなかったのかって話だろ」

謙吾「なるほどな」クスッ

真人「そういうことか」ニヤッ

恭介「さて理樹と来ヶ谷は休みだろうが、俺達は校庭に行くか!」

真人・謙吾「おう!」


完?



155:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/18(月) 22:54:59.17 ID:2oAWXnTt0

?付いてるからまだだよな?な?



162:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/18(月) 23:17:58.76 ID:905QxXAs0

~おまけ~

唯湖「さて今から君を看病するわけだが」ゴゴゴゴ

理樹「なんか怖いよ!看病するて感じじゃないオーラを出してるし」

唯湖「むっ、失礼だな君は。そもそも私みたいな可愛い女学生に看病されることを感謝すべきだろう」クスッ

理樹「うぅ……それはそうだけど。。。ていうか僕はあと寝るだけよ?汗も拭いたし着替えもしたし薬も飲んだし…」

理樹「真人達は何か食べさせようとしたけど食欲も無いし。。」

唯湖「ふむ……そうか。。」



167:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/18(月) 23:27:54.54 ID:905QxXAs0

唯湖「なんてな、隙ありだぞ理樹君♪」ギュッ

理樹「な、何布団に潜り込んでるのさ!!(胸が!背中に来ヶ谷さんの胸が!!)」///

唯湖「ふっふっふ、本当は嬉しいんだろ?このエロテロリストめ」

理樹「エロテロリストはどちらかと言うと来ヶ谷さんのほうじゃないか!」

唯湖「ふむ、そうかもしれんな」ハッハッハ

理樹「もう~!!!」



―――

~校庭にて~


小毬「みおちゃん~」

美魚「なんでしょうか?」

小毬「私たち愛されてますねぇ~」

美魚「……そうですね」



171:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/18(月) 23:35:20.12 ID:905QxXAs0

理樹(来ヶ谷さんはほんの少し距離を離してくれた)

理樹(といっても押し付けていないだけでまだ胸は当たっているんだけど)

唯湖「……なぁ、理樹君」

理樹(看病来た割に彼女には僕を寝かせる気が無いのだろうか)

理樹「何?」

唯湖「理樹君は……私のこと好きか?」

理樹「え……?」



174:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/18(月) 23:43:33.34 ID:905QxXAs0

唯湖「そんなに動揺して…君は本当に可愛いな」クスッ

理樹「もう、またからかって……ぼ、僕が来ヶ谷さんのこと嫌いな訳無いじゃないか」

唯湖「理樹君、私は嫌いかどうかではなくて好きかどうかを聞いたんだが」

理樹「す、好きだよ…勿論」

唯湖「それは友達として、か?」

理樹「………うん。。」

唯湖「なるほどな……」

理樹(来ヶ谷さんはベッドから出ると、僕の頭をひと撫でし部屋から出て行った)

理樹(そして僕は深い眠りに落ちた)

―――

――





178:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/18(月) 23:53:28.54 ID:905QxXAs0

~その夜~

理樹「~ってことがあったんだけど」

真人・謙吾・恭介「」

理樹「何その反応……」

真人「いや、なぁ…」

謙吾「まさか、だな…」

恭介「理樹が来ヶ谷を振るとはなぁ…」

理樹「えぇ!?僕振ってなんかないよ!」

恭介「いや、お前の話を聞くに振ったようにしか思えないが」

理樹「ぼ、僕行ってくる!」

謙吾「何をしに、だ?」

理樹「えっ…」

謙吾「お前が振ったつもりが無くても、お前の『友達として好き』という気持ちはホントなんだろう?」

理樹「そ、それは……」

理樹(言い返せない。。来ヶ谷さんはリトルバスターズの大事なメンバーで大切な仲間だけど、恋愛対象として見たことがあっただろうか……)



192:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/19(火) 00:02:46.77 ID:IrtWyzBa0

理樹(謙吾の言う通りだ……僕が行っても……ううん、違う!)


理樹「謙吾、やっぱり行く!」

理樹「僕はまだ……全部来ヶ谷さんに伝えてないからっ!」

謙吾「そうか、行ってこい」フッ

理樹「うんっ」ダッ

恭介「今度は俺が言わせてもらおう、夜間は風紀委員の見張りが厳しいと」

真人・謙吾「あ!」マーン


―――

~女子寮~

理樹「よし、今度はちゃんと…」

二木「で、また来ヶ谷さんの部屋に行きたいと」ピクピク

理樹「」



199:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/19(火) 00:09:48.78 ID:IrtWyzBa0

佳奈多「直枝理樹、あなた先日私との10分の約束を破ったわよね?」

理樹「はい。。。」

理樹(またやらかした……しかもまた二木さん。。)

佳奈多「しかもこともあろうに、来ヶ谷さんの部屋で爆睡していたわよね?」

理樹「はい。。おっしゃる通りです。。」

佳奈多「というかあなた今日、学校休んでたわよね?はっ、学校休んだ日の夜に女子寮にお出かけとは良い御身分ね」フンッ

理樹「うぅ……ごめんなさい……」



210:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/19(火) 00:20:07.90 ID:IrtWyzBa0

佳奈多(これぐらいで反省したかしら…)

佳奈多「な、直枝…ちょっとこっちに来なさい」

理樹「え、今度はなにさ……」

佳奈多「んっ…」オデコピタッ

理樹「ふふふ、二木さん!?///」オデコハナシ

佳奈多「ん、あなたまだ全然熱が引いて無いじゃない」

理樹「えっ…今は大分下がってるはずだけど」

佳奈多「う、うるさい!あなたは今高熱!とても男子寮まで持たない、わかった?」

理樹「! う、うん!」

佳奈多「わかったら女子寮のどこかで休ませてもらって来なさい!ほら、さっさと行く!」

理樹「ありがとう、二木さん」ダッ

佳奈多「行ったわね………///」

ふぇぇはるかぁ~直枝がぁ~///

なぬ、理樹君が何を!



219:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/19(火) 00:28:50.44 ID:IrtWyzBa0

理樹(ここ数日で三度目の来ヶ谷さんの部屋)コンコン

唯湖「誰だ?葉留佳君か……って理樹君。。」

理樹「……入って良いかな」

唯湖「構わないよ」ガチャ

―――

唯湖「しかし君は一体どんな手を使っているのか、そんなに安々と入れるもんじゃないだろうに」

理樹「…風紀委員長がね、妹思いでとっても優しい人なんだよ」

唯湖「なるほどな」クスッ

唯湖「して理樹君。今日の私は正真正銘病人ではない。むしろ病人は君だ」

唯湖「そんな病人の君が夜分に危険を侵してまで私の部屋に何をしに来たか」

唯湖「聞かせてもらえるかな?」



234:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/19(火) 00:37:30.40 ID:IrtWyzBa0

理樹「昼間……しっかりした返事が出来なかったから」

唯湖「………」

理樹「勿論、来ヶ谷さんが友達として好きっていうのは本当なんだ」

唯湖「………」

理樹「でもね…」

唯湖「……?」

理樹「それだけじゃないと思ってる僕もいるんだ!」

理樹「自分でもよくわからないんだけど、でもっ」

唯湖「もう十分だよ、理樹君」ギュッ

唯湖「昼間は私こそ自分の気持ちを一切語らなかったな…すまない」

唯湖「私も君と同じだ…君のことがLikeなのは確かだがLoveかはまだわからないんだ…」

理樹「うん…」



248:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/19(火) 00:45:48.12 ID:IrtWyzBa0

唯湖「理樹君も同じ気持ちだったとはな、私達は割と似た者同士なのかも知れないな」クスッ

唯湖「風邪も君だけに移ったしな」

理樹「ははっ……そうなのかもね……」

唯湖「ん…どうした、眠そうだな」

理樹「なんか安心したら急に眠くなっちゃって……」

唯湖「だったら私のベッドで眠って行くといいだろう」フフッ

理樹「(二木さんがそう言って通してくれたんだし、良いのかな……)ごめん、それじゃあ失礼して……zzz」

唯湖「……しっかり眠れよ、理樹君。今度は私が握っててやるからな」ギュッ

―――

――





268:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/19(火) 00:56:02.21 ID:IrtWyzBa0

~再び数日後~

理樹(あの日、僕は部屋に飛び込んで来た葉留佳さんの姉譲りの蹴りでわりとすぐ起こされた)

理樹(葉留佳さんの傍らで佳奈多さんが真っ赤になっておでこを押さえて涙目になっていたけど、僕と別れたあと何かあったのだろうか?)

恭介「理樹も回復してついにリトルバスターズ完全復活だな!」

謙吾「嬉しそうだな、俺も嬉しいぜ」

恭介・謙吾「リトルバスターズ最高ぉぉ!」

鈴「きしょい」

美魚「みなさん、ドリンクも救急箱も用意はしていますがあまり無茶はしないでくださいね」

小毬「ふぁいとお~だよ!」

真人「いっちょ筋肉革命を見せるか!」

」クド「わふー!れぼりゅーしょんですね!」

葉留佳「私も革命したいっすよ、姐御~」

来ヶ谷「だったら鈴君、クド君を巻き込みおっぱい革命しか無いな」



288:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/19(火) 01:08:07.54 ID:IrtWyzBa0

~そして時間は流れ~

――――

佐々美「わたくしがリトルバスターズに入ってあげてもよろしくてよ」

鈴「断る」

佐々美「なっ!!」

――――

真人「夜の校舎を素手で昇ってたら、金髪の女子に撃たれそうになった!」

謙吾「寝言は寝て言え」

――――

恭介「すげぇ…鈴の真ライジングニャットボールをホームランしやがった…」

鈴「なにぃぃ!?」

恭介「期待の新戦力だぜ……」

佳奈多「ふんっ!」ドヤァァァナォェェェ

――――



294:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/19(火) 01:10:43.64 ID:IrtWyzBa0

――――――――――――
「好きなんだ」

「えっ?」

「うん、恋してるってほうの……好きだ」

――――――――――――
終わり



302:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/19(火) 01:13:10.14 ID:YUjlRUGO0

おっつおっつ
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1361178743/

この記事へのコメント

プロフィール

うどん大尉

Author:うどん大尉
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
未分類 (2)
相棒 (20)
暗殺教室 (2)
悪魔のリドル (18)
ご注文はうさぎですか? (6)
艦隊これくしょん (62)
帰宅部活動記録 (7)
キルラキル KILL la KILL (5)
機動警察パトレイバー (14)
ゴッドイーター (5)
げんしけん (1)
機動戦士ガンダム (7)
黒子のバスケ (6)
涼宮ハルヒの憂鬱 (12)
生徒会役員共 (4)
スラムダンク (2)
食戟のソーマ (2)
進撃の巨人 (41)
ソードアート・オンライン (12)
ゼロの使い魔 (2)
テラフォーマーズ (2)
ドラゴンボール (12)
ダンガンロンパ (7)
ニセコイ (17)
名探偵コナン (1)
NARUTO (22)
ファイアーエムブレム (10)
BLAZBLUE (1)
化物語 (9)
ひなビタ (3)
ハリー・ポッター (2)
モンスターハンター (5)
魔法少女リリカルなのは (6)
みなみけ (2)
やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 (37)
リトルバスターズ! (11)
ラブライブ! (21)
俺の妹がこんなに可愛いわけがない (5)
To LOVEる (1)
テイルズシリーズ (7)
七つの大罪 (2)
刃牙 (13)
るろうに剣心 (4)
ハナヤマタ (1)
魔法科高校の劣等生 (1)
アクセル・ワールド (1)
アイドルマスター (10)
咲-Saki- (3)
とある魔術の禁書目録 とある科学の超電磁砲 (5)
新世紀エヴァンゲリオン (1)
ブラック・ブレット (1)
ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか (1)
東京喰種トーキョーグール (3)
魔法少女まどか☆マギカ (0)
がっこうぐらし! (1)
グランブルーファンタジー (3)
ジョジョの奇妙な冒険 (10)
ガールズ&パンツァー (1)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム
zenback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。