スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

泉野明「第1回!特車二課第2小隊鍋パーティー!」

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/29(月) 00:28:54.20 ID:S9UMy1Kl0

グツグツ……グツグツ……

野明「………」

遊馬「………」

進士「………」

ひろみ「……」

太田「………」

香貫花「……」

熊耳「………」

後藤「あー………」

後藤「これより、親睦を深める為の、第2小隊鍋パーティーを開催しようと思う」


第2小隊一同「……ぃぇーぃ」
5:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/29(月) 00:30:42.07 ID:S9UMy1Kl0

後藤「えー、乾杯」

香貫花・熊耳「乾杯」チーン

熊耳「………」グビグビ

香貫花「………」グビグビ


後藤「じゃあ、後はよろしく」クルッ

ガシッ!!!!

遊馬「……」
太田「……」
ひろみ「……」
進士「………」
野明「………」

後藤「な、なによ……」



8:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/29(月) 00:33:05.52 ID:S9UMy1Kl0

遊馬「……今日という今日は逃がしゃしませんよぉ、隊長ぉ!」ガシッ

後藤「別に俺は逃げるってわけじゃ……」グググッ

ひろみ「香貫花さんと熊耳さんが揃ってるんです……」ガシッ

後藤「だから何よ………」グググッ

進士「旅館での惨劇を忘れたとは言わせませんよ!!」 ガシッ

太田「はわわわわわ」ガシッ

野明「お、太田さんが思い出してパニクっちゃってるよ!」ガシッ

ひろみ「太田さん!太田さん!」ガシッ

後藤「離してよ………」グググッ



9:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/29(月) 00:34:01.81 ID:L1Xilze80

旅館での悲劇ってあれか



12:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/29(月) 00:34:34.05 ID:S9UMy1Kl0

後藤「第一、そんなこと言われても、俺、知らないしさぁ……」グググググ

遊馬「知らないんじゃなくて、逃げたっちゅーんでしょうに!」ガシッ

進士「今度という今度はぜっっっったいに逃がしませんからね……!」ガシッ


香貫花「………」グビグビ

熊耳「相変わらずすごい飲みっぷりね香貫花さん」グビグビ

香貫花「あなたこそ。ビールおかわりいかが?」

熊耳「ええいただくわ」グビグビ



香貫花・熊耳「………」グビグビグビグビ



15:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/29(月) 00:36:19.18 ID:hsnyce5e0

漫画版しか読んでないと
状況が全然わからん…



22:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/29(月) 00:42:19.90 ID:CiBDiIR+0

>>15
TVのカヌカは太田のパートナー。
カヌカ帰国後、漫画版の最初のグリフォン編をやった。
で、新OVAでカヌカと熊耳が太田を巡ってどちらが女として魅力があるか勝負をした。このSSはその続編。
ちなみに、横手美智子と高田明美が伊藤和典に対してどちらのセ○クスが気持ちいいか問い詰めたエピソードが元ネタ。



16:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/29(月) 00:37:52.65 ID:S9UMy1Kl0

後藤「いやでもほら、俺はさ、アレだしさ、隊長さんだしさ、一刻も早く隊長室に戻らんといかんのよ……」グググググ

進士「そんな事言って!隊長ったらいつも屋上でタムロしてるじゃありませんか!」ガシッ

後藤「ほら……、後はさ……、若いもん同士さ……おじさんは邪魔でしょ……」

遊馬「だから!隊長がいないと困ると言ってるでしょーに!!」ガシッ

進士「そんな上手い事言って!この機に乗じて、南雲さんと隊長室で二人っきりで鍋をハッフハフつつこうだなんて考えてるんでしょう!!!!」ガシッ

後藤「まさか、進士、お前、そんなワケが、なかろうに(棒読み)」グググググ

進士「あきらめ悪いんですよアナタ!寝ぼけたカエルみたいな顔して理想が高すぎなんです!!」ガシッ

後藤「……案外、ドぎつい事言うのね、進士」グググググ

進士「それくらい…僕らは追い詰められてるんです!」ガシッ



20:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/29(月) 00:41:38.63 ID:S9UMy1Kl0

アニメ版を見てない皆さんに説明すると

第2小隊に香貫花配属→帰る→熊耳さん来る→香貫花ちょっとアメリカから戻ってくる
→またアメリカに帰る→香貫花第2小隊の慰安旅行に参加するため日本に来る→慰安旅行で熊耳さんと香貫花が壮絶なケンカ?
こんな流れがありました

詳しくは新OVA版 VS をどうぞ



23:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/29(月) 00:42:43.20 ID:S9UMy1Kl0

野明「こう言うのも何だけどさ、やっぱりやらない方が良かったんじゃ」

遊馬「そうは行くかよ。みんなで鍋やりたいってのは、アメリカからわざわざ遊びに来た香貫花たっての希望なんだからさ」

野明「だけどさ……」


熊耳「みんなはやくー」ほがらかー

香貫花「お鍋煮立っちゃうわ」ほがらかー

野明「………あれっ、なんかほがらかだ」

ひろみ「ホロ酔い気分だからですかね………」



24:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/29(月) 00:44:09.86 ID:S9UMy1Kl0

―5分後―


そこには流石に根負けしたらしい後藤隊長の姿があった

後藤「あー…では……あらためて乾杯」

一同「乾杯」

グツグツ……グツグツ……

野明「や、やるじゃん遊馬」

遊馬「…もう何年隊長の部下やってると思っとる」

野明「えっと…ひーふーみー…」

野明「来年で25年」

遊馬「……大人の事情を考えろ」

野明「じゃあ3年」



26:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/29(月) 00:45:45.89 ID:S9UMy1Kl0

遊馬「流石にそれだけやってりゃ俺たちだって少しは」

進士「そろそろコントロールされる一方じゃなくって、ある程度はあの人をコントロール出来なきゃいけませんよぉ」ケフッ

野明「おお……」パチパチ



後藤「……」ソローリ


一同「………」ガッ!


後藤「あ、やっぱダメ?」グググググ


一同「ダーメ!!!!」ガシッ



27:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/29(月) 00:47:40.12 ID:S9UMy1Kl0

グツグツ……グツグツ……

熊耳「なんか、ごめんなさいね皆」

一同「えっ」

香貫花「この間の一件(VS参照)で、私たち、やりすぎたって反省しているのよ」

熊耳「あの後、香貫花さんとも話し合ったの」

香貫花「ええ」

野明「香貫花、熊耳さん………」

香貫花「熊耳さんとも私、更に仲を深めたくて頼んだのよ……ごめんなさいワガママ言っちゃって……迷惑だったかしら」

野明「ううん!」

遊馬「な、なんかこっちこそ……ムダに騒いですまなかった香貫花」

進士「すいません香貫花さんに熊耳さん……」

太田「………」ホッ



28:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/29(月) 00:48:56.95 ID:S9UMy1Kl0

野明「じゃあさ、楽しくやろうよ!鍋パーティー!」

一同「イエーイ!!!!!!!!!!」



グツグツ……グツグツ……



遊馬「鍋はどうだ野明」

野明「もうちょっとかな」

香貫花「えー!マジアリエナイ!」グビグビ

熊耳「ねー!私の元彼チョベリバ!」グビグビ

太田「あの……二人とも……飲みすぎじゃ………」ビクビク

香貫花・熊耳「………」

香貫花・熊耳「太田(くん)チョーウケル!!!!!!!!!!!」ギャハハハハハ

太田「あががが………」

遊馬「……なんか、変な酔っ払い方してないか」



29:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/29(月) 00:50:02.92 ID:S9UMy1Kl0

野明「いいじゃない。この間と違ってなんだか楽しそうだしさ」

進士「まあこの間はこの間で楽しそうでしたけどね」

香貫花「……熊耳さん、あなた鍋は何がお好き?」ヒクッ

熊耳「あたし……あたしはちゃんこかしら…香貫花さんは?」ヒクッ

香貫花「あたしはトマト鍋かしら」ヒクッ

熊耳「トマト鍋………ぷっw」

香貫花「……何がおかしいのかしら」ヒクッ

熊耳「いいえ。いかにもアメリカっぼいからw」ヒクッ

香貫花「なによ!トマト鍋のなにがアメリカだっていうの!!!!」ヒクッ

野明「ちょ、ちょっと二人とも……」

太田「あわわわわわわわわ」



30:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/29(月) 00:51:03.76 ID:S9UMy1Kl0

香貫花「そっちこそなによ、ちゃんこって。女ひとりで好きになるもんじゃないわよ普通。どうせ元彼とかが好きだったんでしょw」ヒクッ

熊耳「そうよ!!!!悪いかしら!!!!」ヒクッ

太田「ひゃあ!」ビクッ

野明「ホントによしなよ……ね。どっちも美味しいよ!ねっ!」

香貫花「ちなみに野明は?」

熊耳「何が好き?」

野明「カレー鍋」

香貫花・熊耳「………ぷふっw」

野明「な……なんだよ、悪い……」



33:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/29(月) 00:52:33.38 ID:S9UMy1Kl0

グツグツ……グツグツ……グツグツ……
ひろみ「はい。煮えましたよー」

野明「よーし出来た。いっただきまーす!」

遊馬「食うぞ食うぞ!」

太田「飯だ!飯だ!」






熊耳「 お ま ち な さ い 」ヒクッ





野明「ど、どうしたの熊耳さん……?」



34:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/29(月) 00:54:15.21 ID:S9UMy1Kl0

熊耳「あなた達、そのまま箸でツツきあうつもり?」

ひろみ「ええ……まあ」

熊耳「お行儀が悪いわ。何より一度口をつけた箸を鍋の中に入れるなんて不潔よ!」ヒクッ

遊馬「でもさ熊耳さん。鍋ってそういうもんだろうに……」


シゲ「あ!何、みんな鍋ぇ!?おれっちも入れてよぉー!!!!」



35:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/29(月) 00:55:37.66 ID:SKCgcjmZ0

>>34
シゲさんきた!



36:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/29(月) 00:56:20.90 ID:S9UMy1Kl0

熊耳「アナタは!人の唾液をスープに入れられて耐えられるっていうの!!」バンッ!

シゲ「え、なになに、なにか揉めてるの?」

野明「い……いや、揉めてるっていうかぁ………」



香貫花「シャラァァァァァァァァァァァァァァァァァァアアアアアアアアアアップ!!!!!!!!!!!!」ダンッ!




シゲ「へっ!?」

一同「………」


グツグツ……グツグツ……



37:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/29(月) 00:59:10.12 ID:S9UMy1Kl0

グツグツ……グツグツ……

一同「………」

シゲ「えっ……なに……なにが起きてるの……ねぇ……えぇー……?」


香貫花「……熊耳さん、鍋って言うのは同じ鍋をつつきあって絆を深める『儀式』なのよ。つまり、一つの食事をシェアするって言うことが大事なのよ」ヒクッ

香貫花「それをああだ、こうだ無粋なのよアナタ」ヒクッ

熊耳「あらそうかしら。それとこれとは別問題よ。第一、各々が気持ちよく食べられるのが一番よ。お皿に鍋を取り分けた程度じゃ鍋の醍醐味は失われないはずよ?」ヒクッ

香貫花「あら……そうかしら」ヒクッ

熊耳「……なんですってぇ?」ヒクッ




太田「モウナンデモイイ……ナンデモイイカラ……」

シゲ「ちょっと太田ちゃん!?太田ちゃんしっかりしてよぉぉぉ!!!!!!!!」ゆっさゆっさ



39:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/29(月) 01:01:29.63 ID:S9UMy1Kl0

熊耳「……なにか問題が?」ヒクッ

香貫花「冷めるわよ」ヒクッ

シゲ「あぁ、たしかにぃ…」

香貫花「お鍋の中にあればグッツグツだけど、皿に開ければ冷めるのよ!!そんなもん鍋なんかじゃないわ!!ただの汁よ!!!!!!」バンッ!

熊耳「……ふぅん。ならいいわ」ヒクッ
香貫花「……なに、その余裕は」

熊耳「小さい鍋と携帯用コンロ、人数分持ってくるわ!!!!それなら常に熱々だし、文句ないでしょう香貫花さん!!!!」ヒクッ



シゲ「ぬわあああああああ!!!!っとこれは盲点!!!!!!!!」



香貫花「だから!そう言うことじゃないって言ってるでしょうが!!!」バンッ!



シゲ「あ、そういう事じゃないのね………」



40:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/29(月) 01:02:22.65 ID:S9UMy1Kl0

香貫花「独りで大戸屋でチゲ鍋食べてるんじゃないのよ!!!!!」バンッ!

熊耳「じゃあ!!!!何だっていうのよ!!!!!!!!」バンッ!


太田「すいません……もう撃ちません………撃ちません………撃ちません…すいません……すいません……」ガクガクガクガクガクガク

進士「太田さん!太田さん!」

野明「もうやめなよ二人とも!遂に太田さんがおかしくなっちゃったよぉ!!」


香貫花・熊耳「………ふん」ヒクッ


野明「またこの展開か……」

遊馬「……なんかさ、心持ち前回より悪化してないか」

シゲ「何があったのよアンタら……」



42:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/29(月) 01:03:58.38 ID:S9UMy1Kl0

ひろみ「そ、そうだ!じゃあ後で熊耳さんには一人用のお鍋で用意しますから。その間、ぼ、僕の作った唐揚げでもつまんでてください」

熊耳「ヒクッ……あら、美味しそう。……じゃあ……レモン掛けるわね」


ブジュッ……







香貫花「ノオォオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオォォォォォォォ!!!!!!」



太田「ごめんなさい!!!!ごめんなさい!!ごめんなさい!!!!」

野明「まただよ……またコレだよ遊馬………」


シゲ「………帰ろ」



43:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/29(月) 01:05:02.65 ID:S9UMy1Kl0

香貫花「シット!いくらなんでも許せないわ!!こればっかりは!!」 ヒクッ

熊耳「なに?レモンかけるでしょ香貫花さん」ヒクッ

香貫花「今日はたまたま掛ける気分よ!掛けるけどね、なんで他人にレモンを掛けられなきゃならないのよ!!!!」ヒクッ

熊耳「ごめんなさい香貫花さんやりたかったの?」ヒクッ

香貫花「違う!違う!違う!唐揚げに気軽にレモンを掛けるアナタが考えられないのよ!!!!!!」ヒクッ



44:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/29(月) 01:06:07.96 ID:S9UMy1Kl0

熊耳「言いがかりよ!!!!どうせレモンかけるんでしょ!!!!!!!!」ヒクッ

香貫花「だから他人にレモンを勝手に絞られるのはいやなのよ!!!!!」ヒクッ

熊耳「だってレモンは一つしかないのよ!!!!仕方ないじゃない!!!」ヒクッ

香貫花「じゃあポッカレモンでも持ってきなさいよ!!!」ヒクッ

熊耳「あなた唐揚げをレモンでジュブジュブにするつもり!!?」ヒクッ

香貫花「そんなの自己責任の範囲でしょう!!それに唐揚げはレモンかけなくても十分食べられるのよ!!!」ヒクッヒクッ


グツグツ………グツグツ……


太田「 」

遊馬「……遂に白目を向いたな」

野明「もういいよ……もう食べようよ……」


ぐぅぅ……



45:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/29(月) 01:06:51.20 ID:S9UMy1Kl0

グツグツ……グツグツ……

香貫花「………」もぐもぐ

熊耳「……」もぐもぐ

香貫花「………」グビグビ

熊耳「…………」グビグビ


一同「………」もぐもぐ


一同(会話が……ない……)



51:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/29(月) 01:12:01.67 ID:S9UMy1Kl0

ひろみ「あ、ああそうだタレ…このタレ、僕が混ぜたんですよ!」

野明「わ、わぁ!すっごーいひろみちゃん!混ぜたんだ!!」

遊馬「黒くて美味しそうだなひろみ!!」

進士「醤油のニオイがします!!」

太田「………」

ひろみ「すだちを掛けてどうぞ……!」

香貫花「……そう。じゃあ掛けるわね」




ブビュッ



熊耳「キャアアアアアアア!!!!!!!!!!!!」



野明「……ど、どうしたの熊耳さん?」



53:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/29(月) 01:14:59.80 ID:S9UMy1Kl0

熊耳「なんで!なんでえ!!なんで勝手にすだちを掛けたのよぉ!!」バンッ!

香貫花「だって、これは元々すだちを掛けるものでしょう。それともアナタすだちキライなの?」ヒクッヒクッ

熊耳「好きよ!ヒクッ!でもいやなのよ!他人にタレをどうこうされるのは!ヒクッ!」ヒクッ

香貫花「まだタレは…ヒクッあるんだから自分で調整すればいいじゃない」ヒクッ

熊耳「ヒクッそう言う事じゃないのよ!第一香貫花さんヒクッだって唐揚げにヒクッレモンかけるの嫌がってたじゃないヒクッ!!」

香貫花「唐揚げはアレで立派なヒクッ完成品なのよ!でもこれはすだちをヒクッ…掛けなきゃ完成しないじゃないヒクッ!」



野明「………まあそれはそれで一理あるような」

熊耳「泉さん何か?」ヒクッ

野明「あはは!なんでも…………」

太田「………」



55:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/29(月) 01:16:16.66 ID:S9UMy1Kl0

ギャーギャーギャーギャーギャーギャーギャーギャー

野明「ちょっとぉ………」

グツグツ……グツグツ……

ひろみ「あの……もうつゆ無くなっちゃいますよ……」

遊馬「肉も固くなってるよな……絶対」

進士「野菜もふにゃふにゃです………」

ギャーギャーギャーギャーギャーギャーギャーギャーギャーギャー



56:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/29(月) 01:17:03.08 ID:S9UMy1Kl0

ギャーギャーギャーギャーギャーギャーギャーギャーギャーギャー

グツグツ……グツグツ……




太田「………ヤル」



ひろみ「太田さん?」


太田「……モノ…………ッテヤル」



遊馬「おい……どうした太田……」


ギャーギャーギャーギャーギャーギャーギャーギャーギャーギャーギャー



57:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/29(月) 01:18:20.09 ID:S9UMy1Kl0

太田「うおおおおおおおおおおおおお!!!!!!!!!!!!!!」


一同「!?」


香貫花「太田………」

熊耳「くん………?」


太田「こんなもの!!!!!!あるから揉めるんだああああああああああああああああああああああああ!!!!俺が全部食ってやるうううううううううううううううううううううううう!!!!」ガタッ!!!!

野明「ちょっ!太田さん!?」



58:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/29(月) 01:19:54.50 ID:S9UMy1Kl0

香貫花「太田ぁ!あなた自分が何言ってるか解ってるのぉ!!!!?」ヒクッ

熊耳「そうよ!非常識よ!やめなさぁい!」ヒクッ

太田「非常識はどっちだああああああああああああああああ!もう知らん!知らん!!!!!」

太田「いくら酔っているとは言え、上司でも輪を乱したらどうなるか俺が教えてやるわああああああああああああああああ!!!!!!!!!!」ガシャーン!!!!

進士「お……太田さん何て事を………」

太田「うおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!!!!!!!!!!!!!!!」


ガツガツガツガツガツガツガツガツガツガツガツガツガツガツガツガツガツガツガツガツガツガツ


香貫花・熊耳「 」



野明「あ……ああ…………」



59:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/29(月) 01:20:51.14 ID:S9UMy1Kl0

すっからかん

太田「ご馳走様でした!」

遊馬「……マジでひとりで食いやがった」

香貫花「………」

熊耳「………」


野明「うわあああ………」



60:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/29(月) 01:24:10.58 ID:S9UMy1Kl0

ひろみ「……太田さん」ガタガタガタガタ

太田「知るか!女二人が怖くて東北男児がやっていられるか!」


香貫花「………」

熊耳「…………」



野明「あ……あの………二人とも」


香貫花「………っぐ」

熊耳「えっぐ………」

野明「あ……あれ?」



62:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/29(月) 01:25:54.10 ID:S9UMy1Kl0

香貫花「ぅぅ………ぅぐっ……」

熊耳「ひくっ………ぅぅぅっ………」


野明「え………」


香貫花・熊耳「ぅっ…………」




香貫花・熊耳「うわああああああああああああああああああああああああああああああああああん!!!!!!」



一同「 」



64:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/29(月) 01:28:17.14 ID:S9UMy1Kl0

野明「え……あの………」

進士「え……な、泣いてるんですか………?」

香貫花「ぅぐっ……鍋……楽しみに、楽しみしてたのに…ぅっ……」ヒクッ

遊馬「どうすんだよ、東北男児」

太田「 」

熊耳「全部食べちゃうなんて……ぅぅっ………」ヒクッ

香貫花「ごめんなさい……ごめんなさい………ホントはレモンなんてどうだっていいのよ………!」ヒクッ

野明「あの、えと…熊耳さんも意外に…な、泣き上戸だったんだね……」

熊耳「あたしも!鍋の食べ方だって!すだちだって!ホントはどうだってよかったのよ!」ヒクッ

野明「お、おちついて……」



65:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/29(月) 01:29:30.34 ID:S9UMy1Kl0

野明「お、太田さぁん!なんとかしてよぉ!」

太田「 」

進士「太田さん、さっきあんなセリフ言ったわりには顔が白いですよ」

遊馬「白くなるくらいだったらやらなきゃよかったろうに……」

香貫花「ごめんなさい熊耳さぁん!!!!あたし……アナタと色々喋りたかったつもりがこんなぁ………」ヒクッ

熊耳「あたしもよ香貫花さぁん!!!!こんな……まさかこんなことにぃ……」ヒクッ

野明「二人とも……仲良く喋るつもりがイチャモン合戦になっちゃってたんだね………」



67:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/29(月) 01:31:18.09 ID:S9UMy1Kl0

香貫花「ぅぐっ……あたし……野明以外に友達いないから……どうしたらいいかわかんなくってぇ……」ベロンベロン

熊耳「ごめんなさいぃ……あたしもぉ………ひくっ………ぅぐっ……」ベロンベロン


香貫花・熊耳「うわああああああああああああああああああああああああああああん!!!!」


野明「香貫花……熊耳さん………」


太田「なんだ、つまり俺は死ねばいいのか?なぁ、死ねば許してもらえるのか?なあ?なあ?なあ?」ガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタ

ひろみ「落ち着いて!太田さん落ち着いてください!」ゆっさゆっさ



69:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/29(月) 01:32:58.48 ID:S9UMy1Kl0

ひろみ「えっと……あの、そうだ!その……もう一回、作り直しましょう!だから泣き止んでください!」

香貫花・熊耳「ほんとう………?」ヒクッ

進士「でも……もう野菜しか………」

ひろみ「も、もうお肉……ないんですか?」

遊馬「ない」

香貫花・熊耳「うわああああああああああああああああああああああああん!!!!!!!!!!」



71:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/29(月) 01:34:29.79 ID:S9UMy1Kl0

太田「もうだめだぁ……もう………だめだぁ………」ガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタ

野明「ああああ……もう………」


ひろみ「………わかりました」グッ


野明「どうしたのひろみちゃん……」

ひろみ「………今から肉を調達してきます。鶏肉ですが」


一同「えっ」


ひろみ「……さよなら、良江に花子」ジャキッ



一同「いいから!やめて!やめて!やめええええええ!!!!!!!!!!!!」



73:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/29(月) 01:38:07.06 ID:S9UMy1Kl0

遊馬「……あれ、そういや後藤隊長は」

野明「あ、そう言えばいつの間にか……」

遊馬「クソッ……逃げやがったな!あのナグスト(南雲さんのストーカーの略)!!!!」

後藤「は~あ~い」

一同「………」

一同「ギャアアアアアアアアアア!!!!」



74:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/29(月) 01:39:52.01 ID:S9UMy1Kl0

後藤「なに、すんごい賑やかじゃないの~。俺がいないうちにさぁ~」

遊馬「ど……どこにいってたんですか隊長!」

後藤「……ホレ、香貫花に熊耳」ホイッ


一同「?」


香貫花「……なんですか、これ」

熊耳「………あら」


一同「高級和牛!!!!!!!!!!」



後藤「奮発しちゃった」

一同「隊長ぉ………///」



後藤(………ホントはしのぶさんとすき焼きやろうと思って買っといたやつなんだけど)



75:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/29(月) 01:40:58.14 ID:S9UMy1Kl0

後藤「まあ、そんなに量はないけど、ダシくらいにはなるだろう」

一同「ありがとうございます!」

後藤「……あ、でも」

後藤「今度こそ、仲良くやってよね。もう肉、ないんだからさ」

香貫花「………」

熊耳「………」

香貫花・熊耳「はい」

後藤「じゃあ俺は………」

ガシッ

一同「いかないでください!隊長ぉ!!!!」キラキラキラキラ

後藤「………あ、あれれ~………」



77:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/29(月) 01:42:28.78 ID:S9UMy1Kl0

野明「よーし!じゃあ鍋、やるよー!!!!」

一同「イエーイ!!!!!!!!」


野明(良かった……これで………)



ウー!ウー!ウー!ウー!



『第5管区より入電!台東区付近にてレイバーが…至急向かわれたし……第1小隊ならびに第2小隊も出動を……』




一同「…………」



81:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/29(月) 01:47:28.06 ID:S9UMy1Kl0

―そして―


南雲「休みなのに悪いわね。せっかくの鍋パーティー、中断させちゃって」

後藤「……別にしのぶさんが気にすることじゃないよ」

南雲「まさか両小隊が出動するような大規模な格闘戦が起きるなんてね……あなたたちが2課で鍋パーティーしてくれてたお陰で助かったわ」

後藤「ハハハ……アイツらも喜ぶよ」

南雲「全部でタイラントが6機。第1小隊は北側を処理します。そっちはよろしくお願いします、後藤さん」

後藤「了解。あー……お前たちぃ」


香貫花・熊耳「徹底的にぶっ潰しなさい!!!!!!」
野明・太田「了解!!!!」


後藤「あ~………」



82:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/29(月) 01:50:02.48 ID:S9UMy1Kl0

後藤「マイクテステス」


後藤「………あー犯人に告ぐ」


タイラント(男A)「うるせぇ!だまれ!!!!社会権力の犬!!!!!!!!」

タイラント(男B)「過剰な権力をゆるすなー!!!!」

タイラント(男C)「みんなの人権をまもれ!シネー!!!!」

後藤「あー……まあ熱い血がたぎっちゃう君達の気持ちもわからなくもないんだけどさ、あのね、大事な大事なお知らせなんだけど……」

イングラム(野明)「香貫花と熊耳さんがせっかく仲良くなろうって時に……」ゆらり

タイラント(男A)「……な、なんだ……ありゃあ」

イングラム(太田)「よくも、よくも貴様らは……」

イングラム(野明)&(太田)「うおおおおおおおお!!!!おおおおお!!!!!」バッ

進士「まるで獣ですね……」

ひろみ「ひぃぃ………」ガクガク



85:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/29(月) 01:53:47.21 ID:S9UMy1Kl0

イングラム(野明)&(太田)「うお!うお!うお!うお!うお!うお!うお!うお!うお!うお!うお!うお!」ドゴォ!バシィ!ドガァ!

タイラント(男ABC)「ギャアアアアアアアアアア!!!!!!!!」

ドゴォ!ドゴォ!ドゴォ!

タイラント(男A)「ゴメンナサイ!ユルシテ!ユルシテ!」

香貫花「もっとやっちまいなさい太田!」
熊耳「手加減しなくていいわよ二人とも!」


犯人一同「イヤアアアアアアアアアアアアア!!!!!!!!!!!!」

後藤「さっさと投降しちゃった方がいいよ……ってもう遅いか」



87:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/29(月) 01:56:32.87 ID:S9UMy1Kl0

野明「鍋パーティーを邪魔した奴はどこだあああああ!!!!!!!!!!!!」

太田「うおおおおおおおおおお!!!!!!!!!!」



タイラント(男DEF)「投降します!!!!」


五味丘「 」

結城「 」

南雲「 」



特車2課史上、もっとも短時間で、もっとも被害が少なく事件が解決した出動であった……



90:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/29(月) 01:57:59.69 ID:S9UMy1Kl0

グツグツ……グツグツ……

野明「お疲れ様!」

熊耳「ふふ、きっと一汗かいたから更にお鍋が美味しいでしょうね」

進士「……レイバーの運転手達、ワンワン泣いてましたね」

遊馬「これじゃどっちが被害者か分からんな………」

ひろみ「タイラントがまさかあんな風になるなんて……今日はもう寝られません……」ガクガクガクガクガクガク

野明「じゃあ……あらためて」



一同「カンパーイ!!!!」



92:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/29(月) 01:59:56.52 ID:S9UMy1Kl0

ぱくっ………

一同「うう~!!!!おいし~い!!!!」


香貫花「………おいしいわ」

熊耳「最高ね」


香貫花・熊耳「……ふふっ」

進士「良かったですね」

太田「………ほっ」

グツグツ……グツグツ……



93:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/29(月) 02:02:13.99 ID:S9UMy1Kl0

野明「それじゃ、締めにしよう!」
遊馬「そうだな。」

ひろみ「えっと……何にします?」

香貫花「そうね…じゃあ、うどんを入れましょう」
熊耳「え?ここはおじやでしょ……」

野明「いや……あの」

一同「 」

香貫花「うどん!」
熊耳「おじや!」


うどん!おじや!うどん!おじや!うどん!おじや!


後藤「もう…どっちでもいいよ………」


うどん!おじや!うどん!おじや!うどん!おじや!


野明「お、お鍋は楽しく、美味しくね!」

おしまい



94:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/29(月) 02:03:11.87 ID:S9UMy1Kl0

この物語はフィクションである
……が、
10年後においては定かではない。



97:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/29(月) 02:11:40.90 ID:S9UMy1Kl0

お付き合いありがとうございました。

いつも僕ばっかり書いてるのでみんなもパトレイバーSSを書いてくれればいいと思います。




南雲しのぶさんばんざああああああああい!!!!!!!!



96:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/29(月) 02:06:17.28 ID:EX0EuNbc0

乙!
アーリータイムズと映画版しか観たことないけど面白かった

この記事へのコメント

プロフィール

うどん大尉

Author:うどん大尉
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
未分類 (2)
相棒 (20)
暗殺教室 (2)
悪魔のリドル (18)
ご注文はうさぎですか? (6)
艦隊これくしょん (62)
帰宅部活動記録 (7)
キルラキル KILL la KILL (5)
機動警察パトレイバー (14)
ゴッドイーター (5)
げんしけん (1)
機動戦士ガンダム (7)
黒子のバスケ (6)
涼宮ハルヒの憂鬱 (12)
生徒会役員共 (4)
スラムダンク (2)
食戟のソーマ (2)
進撃の巨人 (41)
ソードアート・オンライン (12)
ゼロの使い魔 (2)
テラフォーマーズ (2)
ドラゴンボール (12)
ダンガンロンパ (7)
ニセコイ (17)
名探偵コナン (1)
NARUTO (22)
ファイアーエムブレム (10)
BLAZBLUE (1)
化物語 (9)
ひなビタ (3)
ハリー・ポッター (2)
モンスターハンター (5)
魔法少女リリカルなのは (6)
みなみけ (2)
やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 (37)
リトルバスターズ! (11)
ラブライブ! (21)
俺の妹がこんなに可愛いわけがない (5)
To LOVEる (1)
テイルズシリーズ (7)
七つの大罪 (2)
刃牙 (13)
るろうに剣心 (4)
ハナヤマタ (1)
魔法科高校の劣等生 (1)
アクセル・ワールド (1)
アイドルマスター (10)
咲-Saki- (3)
とある魔術の禁書目録 とある科学の超電磁砲 (5)
新世紀エヴァンゲリオン (1)
ブラック・ブレット (1)
ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか (1)
東京喰種トーキョーグール (3)
魔法少女まどか☆マギカ (0)
がっこうぐらし! (1)
グランブルーファンタジー (3)
ジョジョの奇妙な冒険 (10)
ガールズ&パンツァー (1)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム
zenback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。