スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

野明・遊馬「南雲隊長にテレビ取材!?」

1 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/28(土) 00:36:58.44 ID:vOIZTMEX0
香貫花「警視庁特車2課について…」カタカタカタ

香貫花「ある者は合法的悪の組織、ある者は税金の墓場、ある者は警官のオソロシ所、ある者は…以下略」カタカタカタ

香貫花「人々は、まるで社会不適合者の集まりかのように2課を表現するのだが……実際の所そうであるのだからたちが悪い。」カタカタカタ

香貫花「しかし組織としてのカラーはどうであれ、個人が単一であることは決してない。」カタカタカタ

香貫花「第1小隊…特車2課の良心である、彼らの苦悩と不遇は計り知れない」


香貫花「第1小隊の隊員達と、その隊長についてのエピソードを以下に記す」カタカタカタ
2 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/28(土) 00:38:27.82 ID:vOIZTMEX0
特車2課・第2小隊オフィス

野明・遊馬「南雲隊長にテレビ取材!?」
進士「そうらしいんですよ」

野明「へぇー!でっ、でっ、何の番組?」

進士「ズバリ、『踊る大捜査網SP・美人すぎるレイバー隊長に密着!』ですって。」

遊馬「確かに、南雲隊長はけっこうな美人だもんな。そりゃ話題になるってもんだ」

山崎「南雲隊長がいつも隣にいる後藤隊長はうらやましいですよね」
シゲ「ぜーんぜん相手にされてないけど!」

一同「ぶっははははははははは!!」



3 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/28(土) 00:38:52.57 ID:vOIZTMEX0
遊馬「よーし、ちょっくら休憩中だし覗きに行くか」

野明「行こう行こう!」

太田「……くだらん」

遊馬「とか言っちゃって太田ぁ、ついてく気まんまんじゃないか」

太田「い、いや、別にだなぁ!俺はお茶をだなぁ!」

香貫花「嘘おっしゃい。今まで一度しか入れたこと無かったわよ。しかもまっずいの。」

太田「き、気分がだなぁ!変わってだなぁ!」

遊馬「よーし、いくぞぉ……」こっそり
一同「おーっ」こっそり

太田「し、仕方がない。あくまで俺は監視の為だぞぉ、監視」こっそり




4 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/28(土) 00:39:20.88 ID:vOIZTMEX0
第1小隊・オフィス

レポーター「はい、みなさんこんにちは!今日はなんと、“あの”特車2課に来ちゃいました!」

レポーター「今日は美人すぎるレイバー隊長としてインターネットで話題の……」

後藤「あ、どうも後藤です」

レポーター「そ、そっちじゃない、カメラマンっ!」ヒソヒソ

レポーター「特車2課第1小隊隊長、南雲しのぶ警部補に密着します!よろしくお願いします」

南雲「南雲です。本日はよろしくお願いします」

南雲(……2課の宣伝の為って課長に押し付けられたけど…気が進まないわ、やっぱり)

5 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/28(土) 00:39:48.28 ID:vOIZTMEX0
レポーター「で、お隣にいるのは……」

後藤「隣の第2小隊隊長の後藤です。どうも」

レポーター「ああ、ペンペン草も生えない第2小隊の隊長さんで」

後藤「いや……まあ……」

レポーター「で、そのお隣が福島課長、そしてそのまたお隣が……」

五味丘「五味丘です」

結城「ゆ、結城です!」

レポーター「第1小隊のフォワードのお二人ですね。本日はよろしくお願いします。」

レポーター「それではお話を……って、ん?」




7 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/28(土) 00:41:22.59 ID:vOIZTMEX0
遊馬「どけよ太田ぁ!椅子なんかに登ったらこっちが見えないだろ」コソコソ
太田「よく見えんのだ!」コソコソ

野明「ちょっとやめなよ、収録中みたいだしさぁ!」コソコソ

遊馬「だってよ、太田くん」コソコソ
太田「お前はいけしゃあしゃあと……」コソコソ

香貫花「シャラァーップ!静かになさい!」 コソコソ

太田「おっとっと………」ぐらっ

野明「い……椅子のバランスがぁ!」ぐらっ

遊馬「ちょ!太田ぁ!危ない……」ぐらぐらっ

シゲ「やだ、下敷きになっちゃう!」

太田「ぬおおおおっ!?」

シゲ「いんやあああああぁぁあ゛ぁあああ!」

ズッドーン!

進士「ちょ、ちょっと大丈夫ですか!?」
野明「た、大変だ!医務室に運ばないと……」

ワーワーワーワーワーワーワーワー!


8 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/28(土) 00:41:50.05 ID:vOIZTMEX0
レポーター「ず、随分賑やかなご様子で……」

南雲「ま……まあ………」

福島「ごほん!」

南雲(後藤さん、何とか……)チラッ

後藤「…………」ボケー

南雲(ご・と・う・さ・ん!)チラッチラッ

後藤「…………」ボケー

南雲(後藤さん!後藤さん!)チラッチラッチラッ

後藤「…………」ボケー

南雲(………ダメだわ)

ワーワーワーワーワーワーワーワー!




9 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/28(土) 00:42:49.71 ID:vOIZTMEX0
―屋外―

遊馬「ったく、大袈裟なんだよ」

野明「でも良かったじゃない。一応は二人とも何ともなかったみたいでさ。」

遊馬「何ともないどころか、元気1000倍だっちゅうの」

太田「ぬおおおおっ!銃だぁ!銃が撃てるぞぉおおおお!!」

香貫花「太田、落ち着きなさい!みっともないとこ、テレビに映りたいのあなたは!」

太田「ぐへっ!俺の銃の腕前を全国に知らしめるいい機会だああああああああ!!!」

後藤「張り切り過ぎないでちょうだいね。あくまで今日の主役はさ、第1小隊なんだからさぁ…」

太田「撃つぞおおおお!撃つぞおおおお!撃つぞおおおお!」

後藤「……聞いてよね」





10 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/28(土) 00:43:23.23 ID:vOIZTMEX0
レポーター「と、いう訳で今回はレイバーでの射撃訓練を見学させてもらうことになりましたが……あれ、南雲隊長」

南雲「………」

レポーター「あ、頭を抱えられているようですが大丈夫ですか?」

南雲「……ごめんなさい、ちょっとした眩暈です。続けて下さい」

レポーター「では登場していただきましょう!第1小隊所属レイバー、97式改です!」

97式改「…………」

ズシーン!ズシーン!ズシーン!



11 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/28(土) 00:43:50.65 ID:vOIZTMEX0
レポーター「この重量感!この迫力!いかがでしょうか!機動隊員をイメージしたこのデザイン、いかにもパトレイバーという感じで素晴らしいですね!」

レポーター「では早速、射撃の準備、お願いいたします!」

南雲「始めるぞ、五味丘」

五味丘「了解!」

シバ「ちょーっとまったぁ!!!」タッタッタッ

レポーター「あれ、向こうから人がやってきてますが……あの方は」

南雲「ああ、あれは……」



12 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/28(土) 00:44:00.09 ID:3dhqQ8H20
今どきパトレイバーかよ

13 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/28(土) 00:44:33.72 ID:vOIZTMEX0
シバ「レイバーのことなら、なーんでも聞いてちょうだいな!」ぬっ

レポーター「い、いつの間に!あ、あなたは!?」

シバ「特車2課整備班自称副班長シバシゲオ!シゲさんって呼んでよね!以後、お見知りおきを!いえーい!」

レポーター「整備班の方でしたか。あっ、そうだ、97式改について、少し教えていただくんでしたね。よろしくお願いします」

シバ「まぁーっかしといて!」

シバ「この97式改の正式名称は『パイソン』!パトレイバー第1号のサーペントを改修した機体で、じゃあどこが違うかと言うと装甲と操縦系なんだけどね!
あと大型シールド、あれも違うんだよね!どこがどう違うかっていうとぉ……長くなっちゃうからいいかぁ!でも!以外と凄い機体なんですよ皆さん!」

レポーター「はあ……」

シバ「イングラムを始めとするAVシリーズ、あ、エッチじゃない方よ!そっちとは違ってワイヤーで制御するから不便っちゃ不便なんだけど、
乗り手が良けりゃそんなの関係ない!うちの97式改なんて、格上のヘラクレスに勝っちゃったんだからさぁ!!」

レポーター「なるほど……」


15 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/28(土) 00:45:11.38 ID:vOIZTMEX0
シバ「それから、スタンスティックなんだけどね、これもすんごいのよ!何がすごいかっていうと……」

ペラペラペラペラ

五味丘「あの……そろそろ始めたいんですが」

シバ「それからね、銃なんだけど……」

ペラペラペラペラペラペラ

五味丘「あのぉ……」

シバ「ああ、あと忘れてた!強化スチールなんだけどね!」

ペラペラペラペラペラペラペラペラ

五味丘「………」

南雲「………」





16 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/28(土) 00:46:22.15 ID:vOIZTMEX0
30分後

レポーター「あ、ありがとうございました……」

シバ「あれ、もう終わりぃ?」

レポーター「そ、それでは、五味丘さん、射撃の方、お願いします!」

パイソン(五味丘)「了解!」

南雲「五味丘、頼んだぞ」

パイソン(五味丘)「任せてください、南雲隊長!」

南雲「五味丘………」

ガシャン!ガシャン!ガシャン!

パイソン(五味丘)「………」グググッ


ズキューーン!


レポーター「おーっと!ついに引き金が引かれましたー!」
レポーター「……って、アレ?」

五味丘「いや、私はまだ……」

南雲「………まさか」

18 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/28(土) 00:46:38.44 ID:CZSWLiim0
完璧に脳内再生出来るのが怖い

19 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/28(土) 00:47:04.79 ID:vOIZTMEX0
ズキューーン!ズキューーン!ズキューーン!

イングラム(太田)「………」

進士「すごい!4連続射撃、成功ですよ太田さん!」

イングラム(太田)「………他愛もない」クルクルパッ

イングラム(野明)「すごいよね、太田さん。特にあのクルクルやってリボルバーしまうの」

遊馬「この凄さが実戦で全く生かされないっちゅうのが一番すごいよな」

イングラム(太田)「ぬわぁんだとぉ!!」

遊馬「本当のことだろ」

イングラム(太田)「貴様ぁ………!」



20 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/28(土) 00:47:30.97 ID:vOIZTMEX0
ズキューーン!

遊馬「ちょ、ちょっと太田ぁ!ペイント弾だからって危ないだろお前!」

イングラム(太田)「まてぃ篠原!まてぇ!!!!」

香貫花「やめなさい太田!やめろってのがわかんないの!?」

ズキューーン!ズキューーン!ズキューーン!

イングラム(野明)「ちょっと、やめなって太田さん!」

香貫花「太田ぁ!」

レポーター「………」

南雲「………」

五味丘「………」




21 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/28(土) 00:48:15.52 ID:vOIZTMEX0
―隊長室―


レポーター「さ、さて、今度は南雲隊長のデスクがあるという隊長室に潜入してみたいと思います!よろしくお願いします」

南雲「よろしくお願いします」


南雲「どうぞ」

ガチャ

レポーター「失礼しまーす」

レポーター「小綺麗なデスク!几帳面なんですね」

レポーター「で、お隣のデスクは……」


ごっちゃー


南雲「……後藤のデスクです」

レポーター「な、なるほど……」

南雲(散々片付けてって言ったのに後藤さん……)




22 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/28(土) 00:48:45.52 ID:vOIZTMEX0
レポーター「ご、後藤隊長とお二人っきりでお仕事してらっしゃるんですねー」

南雲「ええ」

レポーター「お二人のお付き合いは長いんですか?」

南雲「そうね、もうかれこれ2~3年は経ちます。」

レポーター「ずっと二人きりでお仕事してらっしゃるんですか」

南雲「ずっと、と言う訳ではありませんが家族といるよりも長い時間、彼の顔を見ることになりますね」

レポーター「なるほど……と、なると」

南雲「なると?」


24 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/28(土) 00:49:21.42 ID:vOIZTMEX0
レポーター「恋愛感情を抱いてしまったり…だとかー?どうなんです、そこんところ!」ニヤニヤ

南雲「ありません」

レポーター「えー、でも」

南雲「ありません」

レポーター「いや、ほら例えば…」

南雲「ありません」

レポーター「……」

ガタッ

南雲「!」

南雲「少し失礼」

レポーター「えっ……」

カツカツカツカツカツカツ……

ガチャッ!


第2小隊一同「うわぁ!?」

南雲「……」

25 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/28(土) 00:50:22.37 ID:vOIZTMEX0
野明「ご、後藤隊長を探しに来たらた…たまたま、ねっ!」

遊馬「そっ!そう!たまたま!たまたま!」

南雲「……待機中よ。戻りなさい」

第2小隊一同「はーい………」

南雲「………」ハァ

レポーター「……大変ですね」




26 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/28(土) 00:50:25.69 ID:B9lVF6DDO
ペラペラの部分は全部千葉さんのアドリブですね分かります

27 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/28(土) 00:50:46.95 ID:vOIZTMEX0
第2小隊・オフィス

一同「………」

野明「なんか、さあ……遊馬」

遊馬「なんだ……」

野明「なんか……今日1日の行動を振り返ってみるとさ」

遊馬「……振り返ってみると?」

野明「……あたしたち、なんか南雲隊長に悪いこと、しちゃってるような気がするんだよね」

香貫花「そうでしょうね。主に誰かさんのせいで」ジッ

太田「なっ、なにっ!お前ら俺のせいだとでもいいたいのか!?」

進士「そりゃ全部じゃないですけど」

山崎「原因がないわけでは……」



28 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/28(土) 00:51:13.61 ID:vOIZTMEX0
太田「そんなことを言ったら篠原だって!散々人にケンカをふっかけときながら……」

香貫花「シット!売られた喧嘩を買う太田が一番バカだって言ってんのよわかんないの!?」

太田「し、しかし!」

香貫花「しかしももなにもなーい!」

野明「このままじゃ、まずいよね」

遊馬「まずいよな」

山崎「と言っても、どうすれば……」

遊馬「そりゃアレだろう、第1小隊のカッチョイイ部分が沢山とれりゃ、わざわざ、カッコ悪い部分なんか使いやしないだろってこと」

野明「そういうもんかなぁ」


30 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/28(土) 00:53:32.70 ID:vOIZTMEX0
遊馬「そういうもんなの。どっちにしろ罪滅ぼしするべきだろ、俺たちは」

野明「罪滅ぼしって、例えば?」

遊馬「例えばさ、午後にレイバーで模擬戦やるだろ?あれでわざと負けるんだよ、俺達がさ」

野明「わざと負ける!?」

遊馬「しかし、あっさり負けたんじゃダメだ。ギリギリまで粘って負けるんじゃなきゃ画面的に映えん。」

遊馬「そうすりゃ、第1小隊の活躍が全国のお茶の間の皆さんにお届け出来るって寸法さ」

31 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/28(土) 00:55:02.01 ID:vOIZTMEX0
香貫花「なるほどね。だけど、あの南雲隊長がそれを良しとするかしら」

遊馬「そこが問題なんだよ。あの人頭堅いから、聞くわけ無いもんなぁ」

野明「じゃ、じゃあ、やるとしたらさ、全部こっちで上手くやらなきゃならないわけ?」

遊馬「だから“罪滅ぼし”っていっただろ。その位のことはしなきゃ」

野明「そんなこと言ったってさぁ、実際にやるのはフォワードなんだからね遊馬!」

遊馬「フォワードとバックアップは一心同体!だろ?」


野明「都合いいんだから」


32 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/28(土) 00:55:23.71 ID:vOIZTMEX0
野明「…あっ、そうだもうこんな時間だ。みんなに出前聞きにいかなくっちゃ!」



ガチャッ!


シバ「よお、みんな元気してるぅ?」

野明「あ、そうだシゲさん、出前なんにします」

シバ「そのことなんだけどさぁ…こっちも焼肉定食ご飯大盛りスープをコーヒーにチェンジと杏仁豆腐を頼みたいのはやまやまなんだけどね」

シバ「出前禁止だって、課長からお達しがきちゃったのよ」

野明「で、出前禁止ぃ!?」



33 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/28(土) 00:56:04.18 ID:vOIZTMEX0
シバ「今日の昼食はこれだって。ほい」

遊馬「コッペパン中身なし」

山崎「めざし」

進士「水道水……」

野明「ってなんなのコレぇ!?」

シバ「全国に特車2課の困窮っぷりをアピールするんだと」

遊馬「困窮っぷりって言ったって……」

シバ「あ、ちなみに弁当も禁止らしいから」

進士「ぅええ!」

シバ「じゃあ……整備の若いのにも説明してくるわ……殴られちゃうんじゃないかな俺」

トボトボ……


野明「や……やりすぎだよね、これ」

香貫花「日頃の行いのツケってやつよね」

進士「うぐっ!多美子さぁん!ごめんね多美子さぁん!!あああ!」

太田「さっきからなんで皆俺を見る!俺を見る!」

34 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/28(土) 00:57:15.83 ID:vOIZTMEX0
控え室

レポーター「……ったく最悪よ、こんなとこぉ。なーんで昼飯がクソまずい中華弁当なんだっつうの!」

カメラマン「仕方ないじゃない。お役所なんてこんなもんよ。」

レポーター「それより画よ画!今まで全く、ぜーんぜん面白くもなんともない映像ばっかじゃないのよ!」

P「めざし食ってる警察官ってかなり面白いと思うけど」

レポーター「それもそうね。んじゃ、このまま2課のダメダメ面白名場面にでもしちゃう?」

P「いいねーそれ。視聴率取れそうだ!」
カメラマン「編集しちゃえばこっちのもんですしね」

レポーター「でも、あの堅物女、マジムカつくのよ!余裕ぶっこいちゃってさぁ!恋バナの一つも出来やしないんだからぁ。ま、相手があのオッサンじゃあね」



35 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/28(土) 00:57:54.66 ID:vOIZTMEX0
カメラマン「そうそう、そういや南雲隊長にさ、お願いしようと思うんだけど無理かなコレ。」

レポーター「……何頼むの?」

カメラマン「コスプレ」

レポーター「ばっかじゃないの?あの女隊長がやるわきゃないじゃないのよ!」

P「えー?でもさ、エリートで堅物の女隊長がコスプレ披露なんてバカウケだと思わない?」

レポーター「安っぽい企画ね」

カメラマン「わざわざ衣装まで用意して来たんだけどさぁ、これ!」
レポーター「やだ、ほとんど布ないじゃないの!」

36 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/28(土) 00:58:02.05 ID:vOIZTMEX0

P「若者に今大人気の鉄腕……なんとかのヒロインの格好だと。しかし、本当に布ないねぇ」

レポーター「ふぅ~ん」ニヤッ

カメラマン「あれ、何か思いついた顔してない?」

レポーター「あのいけすかない女隊長の鼻をへし折ってやんのよ!たしかアンタ、レイバーの整備の学校でてるんだったわよね」

カメラマン「ま、まあ……」

レポーター「ぐふ、ふふふ……ふふふふふ!!!」




37 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/28(土) 00:58:31.40 ID:vOIZTMEX0
隊長室

レポーター「と、言うわけで!」ニコーッ

南雲「……はい?」

レポーター「午後に行われる予定の第2小隊とのレイバー対決、一つお願いがあるんです!」

南雲「お願いって……」

後藤「聞くだけ聞いてあげれば?」

レポーター「後藤隊長さん話がわかるぅー!お願いっていうのはですね、私たちと賭けして欲しいんですよぉ!」

南雲「賭けって……警察官に何言ってるのよ」

レポーター「まさか、犯罪に巻き込む訳には行きませんから。もし、第1小隊が負けたら、私たちのお願いを一つ聞いて貰う、これだけです!」


38 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/28(土) 00:58:54.88 ID:vOIZTMEX0
南雲「そんなこと言われたって」

レポーター「課長さんには許可は取ってますから、ねっ?」

カメラマン「番組を盛り上げるためですから、ねっ?」

P「2課寄りの番組に仕上げますから、ねっ?」

南雲「でも……」

後藤「お願い、聞いてあげたら?」

南雲「後藤さんたら全く人事だと思っちゃって…」

後藤「あれ、じゃあ何、しのぶさんはうちの第2小隊に勝てる自信、ないのぉー?」ニヤニヤ

南雲「ッ!」



39 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/28(土) 00:59:17.79 ID:vOIZTMEX0
南雲「そ、そんな訳、あるわけないでしょう。うちの五味丘巡査部長が負けるわけがないわよ」

後藤「じゃあ決まり?」

南雲「良いわよ。分かったわよ。何でもお好きにどーぞ」

レポーター「じゃあ、そゆことでー」ニヤニヤ

カメラマン「失礼しまーす」ニヤニヤ

P「しまーす」ニヤニヤ

後藤「はいご苦労様」ニヤニヤ

ガチャッ

南雲「……」






41 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/28(土) 01:00:46.64 ID:vOIZTMEX0
―作業場―

整備員A「ちょ、ちょっと勘弁してくださいよシゲさん!」

シバ「好きでこんなもん配ってんじゃないのよぉ!こんなもん…かわいい後輩達に配る身にもなってよねぇ……!」

整備員B「弁当なしなんてあんまりです!おやっさんなんて、堂々と外で食ってんじゃないですか!」

シバ「おやっさんだからいいんだよ!」

整備員一同「なるほど」

整備員B「…って!だからってこんな食事納得できるかよ!」

整備員C「そうだ!」

整備員一同「そうだ!そうだ!」


シバ「ちょっと!ちょっと!落ち着いてよ!話せばっ!話せばわかる!!」

ワーワーワーワーワーワーワー




42 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/28(土) 01:02:57.01 ID:FUuWs0J2i
未来派ラバーズ

43 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/28(土) 01:03:38.68 ID:VoeTvRVKO
しのぶさん万歳

45 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/28(土) 01:05:02.09 ID:vOIZTMEX0
こっそり

レポーター「潜入せぇーこお!」ヒソヒソ

P「案外簡単だったね」ヒソヒソ

カメラマン「……やばくないっすか?」ヒソヒソ

レポーター「バレたらバレたときよ、ほらっ」ヒソヒソ

カメラマン「了解っ!」ヒソヒソ

カメラマン「バランサーをちょちょいといじくってーっ」ヒソヒソ

レポーター「みてらっしゃい!あの女隊長の恥ずかしい姿を全国に晒してやるんだからぁ……!」
レポーター「あの女の恥ずかしい姿全国に晒してやるわ!ぐへへへへへ……」


46 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/28(土) 01:05:35.69 ID:vOIZTMEX0
―屋外―

レポーター「さーて、やって参りましたぁ!当番組のメインイベント!小隊対抗!レイバー格闘一本勝負!!!」

レポーター「実況は私が担当させていただきます。解説は……」

シバ「整備班シバシゲオでーす!よろしくぅ!」

レポーター「シバさん、今回使用するレイバーについてですが……」

シバ「流石にイングラムだとかパイソンだとかは使えないからね。教習所から教習レイバーを二機借りて来ましたぁー!で、この教習用レイバーなんだけど、パイソンの改良前と同性能なんだよね。
モーターも結構具合いいのよ?あともちろんリニアアクチュエーターじゃなくてワイヤー式なんだけど使い方によっちゃあ…」

レポーター「はい、ありがとうございましたー!」

レポーター「ルールは簡単!倒れたら負け!それでは、対戦を行う前に、第一小隊側のパイロットを決めてください」



47 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/28(土) 01:06:16.42 ID:vOIZTMEX0
南雲「五味丘巡査部長で行きます」

レポーター「第2小隊は……」

太田「もちろんこの俺g」

後藤「泉、篠原ー、いけるかぁ?」

太田「ごっ、後藤隊長ぉ!?」

後藤「頼んだよ」

野明「りょ、了解!」

太田「何故!何故泉なのですかぁ!?銃の腕前ならぁ!!!」

後藤「格闘勝負って言っとるでしょ。それにお前不器用だし」


レポーター「と、いう訳で両者出揃いましたー!」

レポーター「ちなみに、この勝負第一小隊が負けた暁には罰ゲームとして…なーんと!」

一同「……なんと?」

レポーター「こちらの、『鉄腕ナントカ』の衣装を南雲隊長に着ていただきます!」

南雲「な…!」


48 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/28(土) 01:06:45.51 ID:vOIZTMEX0
一同「おおおおおおお!!」

野明「こ……これはぁ……」

香貫花「何というか……」


遊馬「ど……どきつぅ……」

後藤「………」ニヤニヤ

レポーター「南雲隊長、頑張ってくださいねー(棒読み)」

南雲「………」




49 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/28(土) 01:07:06.47 ID:vOIZTMEX0

レポーター「んじゃあ、早速対決スタートといきましょうか!」


野明「……大丈夫、かなぁ」

遊馬「やるしかないだろ。…わかっちょるだろうな野明」

野明「……わかってるけどさ」

南雲「……」

五味丘「あの……」

南雲「……頼んだわよ」

五味丘「はっ、はいっ!」

シバ「両者出揃ったところでぇ……」

シバ「レイバーファイト、レディー……」

教習用レイバー(野明)「……」

教習用レイバー(五味丘)「……」

シバ「ゴオオオォォオオオォォ!!!!」


50 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/28(土) 01:07:45.88 ID:vOIZTMEX0
レポーター「さて始まりました、第1小隊vs第2小隊。シバさんはどちらが勝つと予想していますか?」

シバ「そうっすねー、泉ちゃんは器用だし、力業も行けるんだけどね。五味丘さんはこの手の機体は使い慣れてるし、柔道も上手いしねぇ……やっぱ経験の差から第1小隊だと思いますけど」

レポーター「なるほど。ただ、お話し聞く限りでは泉さんにも勝機はあると」

シバ「ま、『なくはない』ってとこかな」

野明(五味丘さんは強いし、気を抜けばそれこそ下手な負け方しちゃうぞ…)

野明(そしたら第2小隊的にもまずいしなぁ……かと言ったら勝ったら勝ったで南雲隊長が……)



51 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/28(土) 01:08:19.96 ID:vOIZTMEX0
野明「遊馬ぁ!やっぱりそんな器用にまけるなんて無茶だよ!」コソコソ

遊馬「何言ってんだよ、負けるなら簡単だろ。隙を作りゃいい」コソコソ

野明「でもあんまりコテンパにやられすぎちゃっても…バレバレなんじゃないの」コソコソ

遊馬「だからさ、隙をついて来る五味丘巡査部長の隙をついて、表面的には互角にして、最終的に負ければいい」コソコソ

野明「簡単に言ってくれちゃってさ」コソコソ



52 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/28(土) 01:09:16.22 ID:vOIZTMEX0
遊馬「考えなしなわけじゃないぞ。不意に覚悟もなく責められたんじゃ、万が一にもお前が勝っちまうかも知れない。」コソコソ

遊馬「だからだな、正面から負ける覚悟をして挑めば、戦闘力も知識が野明より遥かに上の五味丘巡査部長が間違いなく勝つ。」コソコソ

野明「なんか、その言い方、私が運だけみたいに聞こえるぞ」コソコソ

遊馬「事実そうなんだから」コソコソ

野明「……まあ、否定はしないけど」コソコソ

野明「だけど隙を作るって言ったって、あんまり堂々とし過ぎたって不自然だよ」コソコソ

遊馬「それを考えるのがお前の仕事だろ」コソコソ

野明「投げっぱなしにしてくれちゃってさ。いつも遊馬は……」コソコソ

53 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/28(土) 01:10:14.41 ID:FUuWs0J2i
キミにイかれてメチャメカ狂い

54 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/28(土) 01:12:34.75 ID:vOIZTMEX0
香貫花「二人とも、なにボケッとしてるのよ!来るわよ!」

野明・遊馬「うぇっ!?」

ガシッ!

教習用レイバー(五味丘)「もらった!」
教習用レイバー(野明)「遊馬が話掛けるからぁ!」

遊馬「計画通りにいかなかったのを人のせいにするんじゃない!」



55 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/28(土) 01:14:05.05 ID:vOIZTMEX0
レポーター「おおっと、第1小隊のレイバーが第2小隊のレイバーにつかみかかった!」
シバ「やっぱり反応速いよねぇ。一方の泉ちゃんはボケッとしちゃってどーしちゃったのよ?」

教習用レイバー(五味丘)「このまま一気に………!」

野明(このままじゃ、流石にまずい!)

教習用レイバー(野明)「やられるか!」ガシッ!

教習用レイバー(五味丘)「!」

レポーター「泉巡査も反撃に出ました!敵の腰を掴んだぞ!」

シバ「攻撃の間を縫って腰を掴んだのは流石だね。五分五分に持ち込んだってとこかなぁ…」

教習用レイバー(野明)「ぐぅぅっ!」ググググ……

教習用レイバー(五味丘)「……ぐっ!」ググググ……

レポーター「両者一歩も譲らず!」

シバ「消耗戦かなぁ…こりゃ」

遊馬「野明…このままじゃ……」コソコソ
教習用レイバー(野明)「わかってるよぉ………何とか、隙を作ろうとはしてるんだけどさぁ…どう動けばいいんだか……」コソコソ

五味丘(南雲隊長の為にも……負ける訳には行かない!)
五味丘(しかし……どうしたんだこの機体は……さっきから重いぞ……!)

教習用レイバー(野明)「うううっ……」

56 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/28(土) 01:14:32.07 ID:vOIZTMEX0
遊馬「足だ野明。いいか、脱出するふりして隙を作れ。五味丘さんが引っ掛けられるように絶妙な感じで。」コソコソ

教習用レイバー(野明)「絶妙って……簡単にいってくれるよな……」コソコソ


シバ「……んー?」

レポーター「どうしましたシバさん」

シバ「五味丘さんの機体…なーんか重そうに見えるんだけど」

レポーター「そ、そうですか?」

シバ「うーん……なーんかちょっと変な気がするんだけど気のせいかなぁ」

レポーター「き……きのせいですよ」



57 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/28(土) 01:15:07.51 ID:vOIZTMEX0
野明(と…言いつつもやるしかないか!)
教習用レイバー(野明)「たあああああああああああ!!!!!」

レポーター「おおっと、泉機が動き始めた!」

シバ「ああ……泉ちゃん、ダメだってぇ!」


教習用レイバー(五味丘)「隙あり!」

ガッ!

野明(…よし!)

遊馬(いけ、野明!)


シバ「こりゃ第1小隊の勝ちだなぁ……」

レポーター「なんかちょっと残念そうですね」

シバ「そ、そんなワケないじゃないのよ!ねぇ!」



58 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/28(土) 01:15:35.18 ID:vOIZTMEX0
南雲「畳みかけろ!」

教習用レイバー(五味丘)「行きます!」

野明(よし……!)

遊馬(……これで!)


太田「……こう言うのは、どうも好かん」

後藤「………」




59 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/28(土) 01:16:48.60 ID:vOIZTMEX0
ガコン!

レポーター「……」ニヤッ

教習用レイバー(五味丘)「えっ……?」
ズドン!!


シバ「あ……」
遊馬「……あれ?」

レポーター「なーんと!泉機の足を取りに行った五味丘機がバランスを崩した!」

教習用レイバー(野明)「えっ、ええっ!?」

山崎「いっ……一体これ……」
進士「どういうことです!?」

レポーター「で、ルールでは先に倒れた方が負けと言うことですので……」

レポーター「第2小隊の勝利です!!」

教習用レイバー(五味丘)「………」

教習用レイバー(野明)「えっ……えっ?」
遊馬「えっ、えっ」


後藤「……勝っちゃったみたい、しのぶさん」
南雲「………」

60 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/28(土) 01:17:15.42 ID:vOIZTMEX0
遊馬「ど……どうしよ」

野明「……なんでちょっと嬉しそうなんだよ遊馬」

レポーター「と、いう訳で第1小隊の隊長さんには約束通り、鉄腕ナントカのコスプレをお願いします!」ニヤニヤ

P「お願いします」ニヤニヤ

カメラマン「お願いします」ニヤニヤ

後藤「お願いします」ニヤニヤ

南雲「……」



61 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/28(土) 01:17:50.09 ID:vOIZTMEX0
野明「ちょ、ちょっと待った!今のは絶対に…何かおかしかったよ!」

遊馬「そうだ!あんな勝ち方するなんて絶対におかしいぞ!」

レポーター「それでもあなた方の勝ちは勝ちですから。っていうか、なんで勝ったって言うのにそんなに必死なんです?」

野明「そ……それは……」

香貫花「仮に機体の不具合で勝敗が決まったのであれば、それは実力で勝てたとは言えないんじゃなくて?」


野明「そっ、そう!それ!」


62 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/28(土) 01:18:30.86 ID:vOIZTMEX0
レポーター「でも事前に整備班の皆さん方が調整してたんでしょ?じゃあ特車2課の整備班は整備すらろくに出来ないって結論になりますけど」

野明「そ、そうは言ってないじゃない!」

レポーター「でも、そーいうことになっちゃいますよぉ?素直に勝ちを喜ぶべきだと思いますけど」

野明「うっ………」

レポーター「では!お約束通り、南雲隊長、お願いしまーす!」

野明「……」

63 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/28(土) 01:25:00.04 ID:vOIZTMEX0
ウーッ!ウーッ!ウーッ!ウーッ!


一同「!」

『出動命令!千代田区にて数台のレイバーが乱闘騒ぎを起こしている模様!至急両小隊は現場に急行されたし!繰り返す……』

野明「!」

遊馬「出動命令だ野明!」

レポーター「ちょっと……!」

南雲「続きは後ほど。出動しますので」

南雲「行くぞ」

五味丘・結城「了解しました!」

後藤「うちにも出てるみたいだから、行こっか」

第二小隊一同「了解!」

レポーター(ちいい!良いとこだったのにぃ……)



65 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/28(土) 01:25:34.60 ID:vOIZTMEX0
P「どうする?」

レポーター「いいわ…今はついてって出動するとこ撮るわよ。急いで!」

レポーター(第1小隊の失態でもとれりゃあ万々歳だわ……ニヒヒ)

カメラマン「く、車手配しましょう!」

シバ「ちょっとアンタらダメだよ!ここで大人しくしてくんなきゃさ!」

レポーター「邪魔はしませんから、ねっ!」

P「好きにしていいって本庁のお墨付きですし!」

タタタタタッ……

シバ「ちょっ!ちょっと!ちょっとぉ!」



66 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/28(土) 01:25:52.60 ID:vOIZTMEX0
シバ「行っちゃったよ…どうしよう」

後藤「いいんじゃないの」ヌッ

シバ「ごっ、後藤さぁん!?」

後藤「上のお墨付きなんだから、止めらんないって。」

シバ「……一体上は何かんがえてんすかね」

後藤「期待してるんでしょ。それより、例の件、頼みました。」

シバ「え……ええ……」

後藤「♪ないてーないてーみれんがぁーきえるぅまぁでぇー」

シバ「……大丈夫かね、色々と」





67 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/28(土) 01:26:44.91 ID:rmO5dD0I0
香貫花ってアニメと漫画じゃ全然印象違うよな

68 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/28(土) 01:26:48.89 ID:vOIZTMEX0
―都内某所―


不良仕様レイバー(不良A)『ゴラァ!誰だポリ公呼んだのは!』

南雲「状況は」

警官「ええっと、不良グループの『灸曲兆神』と『邪蛇羽魔』が衝突…その後レイバーにて乱闘騒ぎを起こした模様で……」

遊馬「不良がバイクの代わりにレイバーってか」

進士「お金、あるんですねぇ……」

後藤「とんだボンボンだなぁ……」

南雲『搭乗員に告ぐ。直ちに迷惑行為を止め、速やかにレイバーから降りるように。今なら公務執行妨害は免れる』

不良仕様レイバー(不良A)『うるせーババア!』

不良仕様レイバー(不良B)『引っ込んでろ年増!』

不良仕様レイバー(不良C)『やーい、行き遅れ!』

不良仕様レイバー(不良D)『賞味期限切れ!』

南雲『……』

イングラム(野明)「……ああ」



69 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/28(土) 01:28:17.45 ID:vOIZTMEX0
レポーター「オバサンかわいそwwwww」
P「ちょwwwww笑いすぎwwwwwwww」
レポーター「とってるwwwww?」
カメラマン「もちwwwwwwwwww」

後藤『あー、代わりまして第二小隊の後藤だけども、これ以上罪を重ねるより、早く降りてきた方がお得だと思うんだけど』

不良仕様レイバー(不良A)『うるせぇ!寝ぼけたカエルみたいな顔しやがって!』

後藤『知ってる。そんなことより、いい加減降りてきてくれない?』

不良仕様レイバー(不良A)『やなこった!っつうか、俺たち責めんなら社会を責めな!俺たちはアンチテーゼしてんだよ!』

後藤『君が社会に対して何を思ったかは知らないが、こんなことしてたって、寝ぼけたカエルみたいな顔と一緒にネットの掲示板あたりで笑い物になるのがオチなわけ。
自分の名前を検索すると恥ずかしい過去がバンバンでてくるわけ。しかも一銭にもならないわけ。こっちは給料でるけど』



70 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/28(土) 01:28:48.18 ID:vOIZTMEX0
不良仕様レイバー(不良B)『なんだお前!うぜえんだよ死ね!』

不良仕様レイバー(不良C)『一時休戦だ!こいつら、やっちまおうぜ!!!』


レポーター「おっと、皆様ご覧頂いてますでしょうか!不良グループが暴走を始めました!」


後藤「ごめん。失敗、しちゃったみたい」

南雲「……」ハァ

後藤「と言うわけで泉、太田。お客さんのお相手、して差し上げろ」

イングラム(野明)「了解!」

イングラム(太田)「俺はああいう人種がダイッ嫌いなんだぁ!根性叩き直してくれるわあああああッ」



71 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/28(土) 01:29:22.95 ID:vOIZTMEX0
南雲「結城、五味丘……いけるか」

パイソン(五味丘)「準備は出来ています」

不良仕様レイバー(不良A)「イングラム2機は分がわりーな……」

不良仕様レイバー(不良C)「ヘッド、俺らがイングラムを引きつけとくんで……ヘッドは逃げてください!」

不良仕様レイバー(不良A)「いいのか?」

不良仕様レイバー(不良C)「灸曲兆神は俺が守ります!パイソンなら……逃げ切れるはずですヘッド!」

不良仕様レイバー(不良D)「ヘッドも逃げてください!邪蛇羽魔は永久に不滅です!」

不良仕様レイバー(不良B)「お前……」

不良仕様レイバー(不良A)「……行くぞ。お互い、いいダチ、持ったな」

不良仕様レイバー(不良B)「……ああ」



72 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/28(土) 01:30:23.24 ID:vOIZTMEX0
イングラム(野明)「そこの不良レイバー2機!逃げたって無駄だぞ!」

不良仕様レイバー(不良C・D)「ウオオオオオオ!!!」ガシャン!

イングラム(野明)「ちょっ!?」
イングラム(太田)「ドケェ!お前らっ………」

不良C(ヘッド……!)
不良D(どうぞ……ご無事で)

遊馬「やられたか!あの2機、パイソンじゃあ……」

イングラム(太田)「どけぇ!」

香貫花「太田!逃げたレイバーは追わずに先にそっちを片付けなさい!」

イングラム(太田)「しかし……」

後藤「南雲隊長のとこなら大丈夫じゃない。パイソンより格上の機体を何度も倒してるんだし」

香貫花「太田、右!」

イングラム(太田)「ぬぉ!?」

香貫花「……気を抜いたらやられるわよ!目の前の敵に集中しなさい!」

遊馬「さっさと終わりにして、第1小隊の援護に回るぞ、野明!」
イングラム(野明)「了解!」

73 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/28(土) 01:31:26.87 ID:vOIZTMEX0
レポーター「面白いことになってきたわね」

P「熱いよねぇ、レイバー戦って」

レポーター「違うわよ。あの女の情けないとこ、撮れるかもって」

カメラマン「……こだわるね」

レポーター「ああ言う女って大ッ嫌いなのよね。なんかカンに触るっていうかさ、鼻持ちならないっていうかさ」

レポーター「って訳で……運転、あたしにさしてくんない?」

P「……何する気だい」

レポーター「あの女の失態を全国にながして公開処刑してやんのよ!下手すりゃクビよクビ!」
レポーター「その上あたしは警察の闇を暴いたジャーナリストとしてステップアップ!完璧ね!」

P「……女って」
カメラマン「……こわい」

74 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/28(土) 01:32:05.11 ID:vOIZTMEX0
南雲「わかったわ…了解。残りはそちらに任せます」

南雲「…結城、五味丘!こちらに目標のレイバーが2機、接近する」

パイソン(結城)「あ、あの南雲隊長……相手は格上って……」

南雲「心配は無用だ。今までも不利な状況にも打ち勝ってきた。機体の性能だけが勝負を決める訳ではない」

パイソン(五味丘)「そうだ。結城……我々次第で勝負はどうにでも動く」

パイソン(結城)「……はいっ!」

南雲「……くるぞ」

不良仕様レイバー(不良A)「狗の雑魚レイバーが!」

不良仕様レイバー(不良B)「俺達に道を開けろォ!!跪けぇ!」

パイソン(五味丘)「やらせるかァ!!」カチャッ

不良仕様レイバー(不良A)「威嚇用のリボルバーがどうした!!」

南雲「五味丘!足元を狙え!」

五味丘(……これ以上、南雲隊長に恥をかかせる訳にはいかない!)

五味丘「これ以上は!」




76 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/28(土) 01:32:34.06 ID:vOIZTMEX0
レポーター「さぁて、ここでクイズです。第1小隊のパイソンと不良仕様レイバー2機、どちらが勝つでしょうか?宛先は画面下にあります、電話番号まで……」

南雲「!」

レポーター「おっと、交戦中の第1小隊でーす。南雲隊長、凛々しいお姿で」

パイソン(結城)「なっ……!」

南雲「結城、こっちはいい!戦闘に集中しろ!」

レポーター「どうも~」

南雲「あなた方は一体何をしてるのか自分で……!」

レポーター「車の中から第1小隊の活躍を報道してるんです」

南雲「……任務の妨げです。下がってください」



77 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/28(土) 01:33:06.05 ID:vOIZTMEX0
レポーター「それは無理です。自由に撮影していいって警備部の偉い人が言ってましたから」

南雲「……任務の妨げになる場合は別です。公務執行妨害よ。第1、こんな報道をしてるとなれば、視聴者の印象は最悪でしょうに」

レポーター「編集次第でどうとでもなるわ。第1、印象サイアクの特車2課の言うことなんて誰がまともに取るんだか」

レポーター「報道は第三の権力なのよ!アンタら如きに逆らえないわ!」

P「ちょっと……ヤバいって!」

レポーター「ビビるんじゃないわよ。あなた1人でどうなるっていうのかしら。」

南雲「………」

79 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/28(土) 01:33:45.17 ID:vOIZTMEX0
パイソン(五味丘)「ここから先は一歩も行かせん……!動けば撃つ!」

不良仕様レイバー(不良A)「……グッ」

パイソン(結城)「絶対に行かせない!観念しろ!」グググッ

不良仕様レイバー(不良B)「……!」グググッ

レポーター(そうだ。いいこと思いついた)ニヤッ

レポーター「……ま、いっかぁ。撤収するわよ」

南雲「……」

レポーター「じゃ、さよなら隊長さん」ブルルル……

南雲「安全な場所に避難してください」

レポーター「わかってますわかってます……って」

レポーター「おおっと、ハンドルを握ってる手が滑っちゃったわ」ブルルル!

P「ちょ、ちょっとぉ!?」

南雲「なっ…!?」

80 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/28(土) 01:34:25.76 ID:vOIZTMEX0
レポーター「ああ。ハンドルの調子が悪くって、偶然にもパイソンの足の下に……」

パイソン(結城)「なっ!」

不良仕様レイバー(不良B)「隙あり!」ズゴッ!

パイソン(結城)「!?」

ズドォオオオォォ………





81 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/28(土) 01:35:17.66 ID:vOIZTMEX0
南雲「なっ!?」

レポーター「転んだとこ、撮った?」
カメラマン「撮ったけどさぁ……!」
レポーター「よし、もう一丁!」
カメラマン「これ以上は本気で不味いって……!」

P「何考えてんだよ!」

レポーター「大丈夫大丈夫ぅw」

P「大丈夫って、これは明らかに……」

レポーター「知ってる?あたしって警備部トップのとんでもないスキャンダル…握ってるのよ。しかもね、そいつ、警視総監の席、狙ってるらしいわよぉ……」
P「……!」
レポーター「そっ。しかもさ、そのトップは特車2課の隊長達を目の敵にしてるとあれば……」
P「……」
カメラマン「………」
P「やっちまおうぜ!!」
カメラマン「おうよ!バッチリ撮ってやらぁ!!!!!」

82 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/28(土) 01:36:16.02 ID:vOIZTMEX0
ブウウウウウン!!

南雲「……どういうつもりなのよ」

南雲「五味丘!足元に中継車が接近するぞ!」

パイソン(五味丘)「しかし、下手に交わせば……彼らが相手レイバーの下敷きになります!」

レポーター「ヒャッホォー!」

南雲「………ッ」ギュウウッ


キイイッ!ブウウウウウン……!

レポーター「困ってる困ってるwいーい映像がとれそうよー!」

パイソン(五味丘)「そこの中継車!速やかに……!」

不良仕様レイバー(不良A)「って、がら空き!いっただきぃ!」ダッ

五味丘「!?」

ズドォオオオ……… !


パイソン(五味丘)「………ッ!」

南雲「……五味丘!?」

83 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/28(土) 01:36:51.46 ID:vOIZTMEX0
南雲「無事か五味丘!」

パイソン(五味丘)「…申し訳ありません南雲隊長。機体は無事ですが

南雲「どうした!」

パイソン(五味丘)「左足が……」



レポーター「なんか清々したし、退散しましょw」

P「これ以上はこっちが危ないからなw」

カメラ「高みの見物ですねw」

レポーター「おばさんざっまwwww」

84 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/28(土) 01:37:13.33 ID:vOIZTMEX0
ブウウウン……


不良仕様レイバー(不良A)「ぬわっ!」

不良仕様レイバー(不良B)「って、そこの車!邪魔なんだよ!」

レポーター「あっ、ごめんごめーんw」

不良A「……どうする」

不良B「さっきからちょこまかと……自分達が流れ作ってる顔しやがって気にくわねぇ」

不良A「……先にやっちまおうぜ」

不良B「やっちまうか」

レポーター「……えっ」



85 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/28(土) 01:37:33.17 ID:vOIZTMEX0
不良仕様レイバー(不良A)「まてゴラァ!踏み潰してくれるわ!!!」 ドドドドドドドド

不良仕様レイバー(不良B)「オラオラオラ!!」ドドドドドドドド

レポーター「ちょ!ちょっとぉ!?」

P「な、なんだよいきなりぃっ!!」

カメラマン「やだぁ、やだよぉ!!ママァ!」

不良仕様レイバーA「マスゴミ死ねやあああああああ!!!」


レポーター「ちょっと!ちょっと来ないでよ!」

P「もっと飛ばせ!飛ばせって!」

レポーター「やってるわよバカァ!!」


カメラマン「やだ!やだ!やだぁ!」



86 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/28(土) 01:37:55.57 ID:vOIZTMEX0
不良仕様レイバーA「追いつめるぞぉおぁお!!」ドドドドドドドド


カメラマン「やめて!やめて!こないでぇ!」


不良仕様レイバーB「マスゴミめ……いつも俺達をいつもバカにしやがってクソ野郎!ぶっ殺してやる!!」

レポーター「こんなことになるんだったらあんなことしなきゃ良かったぁ!」

不良仕様レイバーB「ぐへへへ!終わりだ!!!」ジャキッ


レポーター「………ッ!」ギュッ

レポーター(もう、だめだぁ!)


不良仕様レイバーB「観念しろぉ……!」


ドゴォッ!!!

レポーター「ぐうっ……」



87 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/28(土) 01:38:21.94 ID:vOIZTMEX0
レポーター「………」

レポーター「……あれっ?」



不良仕様レイバーB「痛ぇぇぇぇ!!」



パイソン(結城)「……余所見をするな」ググググッ


レポーター「れ、レイバー!」


不良仕様レイバーB「ぐぅっ!ポリごときにやられるかよォォッ!性能はこっちの方が…」

結城「……それはどうか」

不良仕様レイバーB「…って、あれっ!や、ヤベッ!なんか…アレッ!アレッ!」 カチャカチャカチャカチャ

不良仕様レイバーB「……ポリの手が払えねぇ」サァァ



88 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/28(土) 01:39:04.18 ID:vOIZTMEX0
レポーター「なに?なに?どしたのよいきなり!」

カメラマン「…そうか、過度な改造で全体のバランスが狂ってるんだ」

南雲「結城、そのまま腰を落とせ!!」

パイソン(結城)「……」グイッ

不良仕様レイバーB「……!」


パイソン(結城)「観念しろ!」グワッ

不良仕様レイバーB「ぬわああああ!?」


……ズドォオオオオ!!!


不良B「 」

レポーター「やったぁ!やったわ!」



89 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/28(土) 01:39:31.95 ID:vOIZTMEX0
結城「……あと一体」

南雲「結城!後ろ!」

結城「っ!?」



………ドゴォ!




南雲「!」


不良仕様レイバーA「ケッ!他愛もないなぁ!このままコテンパにしてやる!」



南雲「………結城!結城!答えろ結城!」

結城「………」


不良仕様レイバーA「どぅあああああああああああ!!死ねよオオオオ!!!」グワッ

南雲「結城、起きろ結城!!」

南雲「………」ギュッ

90 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/28(土) 01:39:59.61 ID:vOIZTMEX0
………ガシッ




不良仕様レイバーA「!?」


パイソン(五味丘)「………」グググッ

不良仕様レイバーA「なっ……!」

パイソン(五味丘)「まだ私がいる。相手になろう」

南雲「五味丘……負傷は……!」

パイソン(五味丘)「これ以上、特車2課の……第1小隊の看板に泥を塗るわけにはいきません」

南雲「……しかし」

不良仕様レイバーA「ねちっこいんだよ!ぶっ潰してやる!!」

南雲(このタイプも過剰な改造のせいかバランスが悪い…そこを付けばなんとかなるけれど)


91 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/28(土) 01:40:33.15 ID:tmkL531MO
劇2探しながら支援

92 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/28(土) 01:40:33.64 ID:vOIZTMEX0
パイソン(五味丘)「………」グッ

南雲(チャンスはそうないわ…やれるのか)

南雲「………」ギュッ


南雲(……やれる。やってくれる。私の部下なら)


不良仕様レイバーA「どぅあああああああ!!」ドドドドドドドド

南雲「五味丘!右36度を狙え!」

五味丘「了解!」

五味丘(左足、動いてくれ…動け………)

不良仕様レイバーA「ポリ公ぶっ殺す!!」



五味丘「動けえ!!」ググッ


不良仕様レイバーA「……!」

パイソン(五味丘)「第1小隊を……」ジャキッ

パイソン(五味丘)「舐めるなァァアアア!!!」

93 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/28(土) 01:41:10.19 ID:vOIZTMEX0
ドゴォ!

不良仕様レイバーA「のぉ!?」

パイソン(五味丘)「……ッ!」

南雲「……ッ!」

ビビビビビビビビビビ……


ビビビビビ……


ビビビビ……


不良仕様レイバーA「……」

不良仕様レイバーA「 」ガクッ

パイソン(五味丘)「………停止、しました」


南雲「………」

南雲「よくやった……五味丘」




95 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/28(土) 01:41:41.06 ID:vOIZTMEX0
レポーター「や、やばかったわね」

P「とりあえず……助かった……」

レポーター「ったく、でもあの女の泣き顔とりそこねたわ」チッ

P「あのさぁ………」


不良仕様レイバーB「………」ピカッ

カメラマン「あれっ」

レポーター「どしたの」

カメラマン「……あのレイバー、一瞬光らなかった」

レポーター「まさか」

不良仕様レイバーB「…………」ググググッ


レポーター「あ……あれ?」

カメラマン「まだ動い……てる?」



96 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/28(土) 01:42:22.81 ID:vOIZTMEX0
P「っていうか、こっちみて……る?」


不良仕様レイバーB「………」ガシャン

南雲「まだ……一機動いている?」

南雲「……結城!」

結城「すいません、まだ動けそうに……」
南雲「………ッ」


不良仕様レイバーB「待てやアアアアアぁ!!!」ドドドドド

レポーター・P・カメラマン「いやああああああっ!!!!?」ブウウン

不良仕様レイバーB「オラオラオラ!!」ドドドドドド

『待て!』


不良仕様レイバーB「!?」ビクッ



97 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/28(土) 01:43:13.70 ID:vOIZTMEX0
『そこのレイバー、止まりなさい!止まらなければ』

不良仕様レイバーB「………おわっ!」


イングラム(野明)「力ずくでも止める!!」

イングラム(太田)「撃つぞぉ……撃つぞぉ……」


不良仕様レイバーB「あわわわわ第2小隊ぃ!!」

イングラム(野明)「偽物損壊、道路交通法違反、公務執行妨害もろもろの罪で逮捕する!」ジャキッ

不良仕様レイバーB「あばばばばば」




98 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/28(土) 01:45:13.47 ID:vOIZTMEX0
後藤「ってことで、はい、お疲れ様」

南雲「後藤さん!」

後藤「処理はこっちでやっとくから、…一緒についてってあげたら?病院」

南雲「……ええ、そうさせてもらうわ」

後藤「じゃあ、そう言うことで」

南雲「そう言うことで」

南雲「………」スタスタ

南雲「……」クルッ

後藤「なに?」

南雲「ありがとう」

後藤「どういたしまして」


99 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/28(土) 01:45:42.02 ID:vOIZTMEX0
再び特車2課

レポーター「と言うわけで今回はありがとうございましたー」

2課一同「……」


野明「………」

遊馬「………」

太田「………」

進士「……」

山崎「……」

香貫花「………」



100 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/28(土) 01:46:23.12 ID:vOIZTMEX0
レポーター(ま、あの女を泣かせられなかったのと、コスプレさせられなかったのは残念だけど)

レポーター(ま、編集しだいでなんとでもw)

P「んじゃ、我々はこれで。放送をお楽しみに…」そそくさ

カメラマン「じゃあ失礼……」そそくさ

レポーター「放映をお楽しみにー」

101 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/28(土) 01:48:44.18 ID:vOIZTMEX0
後藤「あっ、そうだ」

カメラマン「な……なにか」

後藤「ちょっとお願い、聞いてくれる?」

カメラマン「……なんです?」

後藤「ネット、強い?誰に聞いてもわからんのよ、これがさぁ」

カメラマン「ええまぁ…」

後藤「そりゃ助かる。で、この動画を公開したいんだけど…」

カメラマン「……これですか?」

後藤「そう、これ」



103 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/28(土) 01:49:19.20 ID:vOIZTMEX0
ピッ

―――――


レポーター「潜入せぇーこお!」

P「案外簡単だったね」

カメラマン「……やばくないっすか?」

レポーター「バレたらバレたときよ、ほらっ」

カメラマン「了解っ!」

カメラマン「バランサーをちょちょいといじくってーっ」

レポーター「みてらっしゃい!あの女隊長の恥ずかしい姿を全国に晒してやるんだからぁ……!ニヒヒッ」


―――――――



ピッ

104 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/28(土) 01:50:09.72 ID:vOIZTMEX0
カメラマン「ぬぁ!」

後藤「………」ニヤニヤ

レポーター「ちょっと、ちょっとどう言うつもりなのよコレ!!」

P「あ、あ、あんたらどういう………」

シバ「だめだよぉ、あんな変な改造しちゃさぁ。俺達が直さなきゃ死んじゃってたよ、五味丘さん」

カメラマン「しっ……知ってたのか!」

レポーター「で……でも……!これネットに上げたらアンタらだって……」

後藤「そりゃまずいよ。警備部長のクビくらいは飛ぶ?」

進士「飛びますね」

後藤「飛ぶって」ニヤニヤ

レポーター・P・カメラマン(やべぇ、このオッサン、やべぇ……)



105 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/28(土) 01:51:39.90 ID:vOIZTMEX0
レポーター「や、やれるもんならやってみなさいよ!どうせ…」

後藤「進士、ここ押せばいいのか」
進士「はい、そこをポチッと」
後藤「そうか、ポチッと……」

P「わ、わ、わ、分かりました!なんでもします!!ですから!」

後藤「具体的に」

P「……番組を2課の皆さんの望む通りに!」

後藤「らしいから、お前たち、色々お願いしてみたら?」


シバ「じゃあ、レイバーうんちくのコーナー!!」
野明「じゃ、じゃあアルフォンスのPV!」
太田「ま……松本加奈ちゃんを司会にだな」
山崎「クジラ特集を……」
進士「多美子さん特集を!」
整備員A「おれは……」
整備員B「俺が!俺が!」

ワーワー!ワーワー!ワーワー!

106 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/28(土) 01:52:13.00 ID:vOIZTMEX0
南雲「……ゆすりね、まるで」

後藤「あ、お帰りしのぶさん。どうだった?」

南雲「五味丘は左足首骨折。結城は軽い脳震盪と靭帯損傷……大したことはない……とは言い難いわね」

南雲「でもま、これで偏向的な番組にはならなそうで、課長も大喜びね。それに、少しは石を投げられずに済むんじゃなあい?」

後藤「石はともかく、せめて仕事はやめて欲しいなぁ……」

南雲「……ふふっ」




107 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/28(土) 01:52:49.10 ID:vOIZTMEX0
南雲「で、あの映像、どうするの後藤さん」

後藤「上に持って行ったって仕方ないし、だからってこのままにしとくのもなんだか」

南雲「まさか、本当にあなた……」

後藤「まさか。そのまま流すなんて自殺行為はしないよ。一目みりゃ、うちだってわかるんだし」

南雲「じゃあ……」

後藤「そのための『編集機能』でしょ」ニヤッ

南雲「……呆れた」



108 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/28(土) 01:54:06.72 ID:vOIZTMEX0
―――――

数日後

『特車2課とは我々の街を守る、正義の味方そのものなのである!』

松本加奈「特車2課って本当、カッコイイですよね。ぼく、感動しちゃった!」

松本加奈「南雲隊長もすんごく美人だったよね!後藤隊長も足がすんごく早かったし!」

松本加奈「じゃあみんなも、ぼくの大好きな野明センパ……じゃなかった、特車2課を応援してあげてね!バイバーイ」

♪キッミニーイーカレテメタメタ

プチッ



109 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/28(土) 01:55:18.44 ID:vOIZTMEX0
野明「すっごくい格好良く移ってたね!みんなもアルフォンスも!」

遊馬「でも流石に後藤隊長に関しては詐欺だと言われても仕方ないぞ」

香貫花「4000メートル走るはずが、実際には1000メートルも走ってない上に私と競り合ったんだから、ひどく遅いくらいよ」

山崎「それにしても南雲隊長は素敵でしたね」

太田「加奈ちゃんはもっと素敵だぁ……」

進士「ネットでの評判も上々な様ですよ。元々特車2課支持派が多数でしたから」
進士「ちなみに香貫花さんも綺麗だって話題になってますよ。」

香貫花「そう?よく写ってるってことかしらね。後でグランマにも送ってあげなきゃ…」

進士「で、あのレポーターは…番組のヤラセの様子が映った謎の動画の流出が原因で大変なことになってますね。番組、全部降板ですって」

遊馬「ざまぁみろってんだ」

進士「まあ、前々から良くない噂がありましたからねぇ……」

香貫花「自業自得よ」

110 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/28(土) 01:55:40.65 ID:vOIZTMEX0
野明「………」

遊馬「どうしたんだ野明、真剣な顔して。熱でもあるのか」

野明「後藤隊長、あの映像を持ってたってことはさ、レイバーに細工されてたの、試合の前から知ってたんだよね」

遊馬「まあな、シゲさん達も調整したって言ってたわけだし」

野明「だとしたら何でわざわざ敢えて第1小隊のレイバーの調子を悪くしたまま、試合したのかなぁって。折角なら直しちゃえば良かったのに」

山崎「確かに……」



111 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/28(土) 01:56:02.95 ID:vOIZTMEX0
香貫花「それもそうよねぇ、偏向的でない番組を作らせるだけの目的であれば、あの動画だけで十分よ。アンフェアな試合なんて必要ないわ」

遊馬「未遂の時点で十分問題だからな。わざわざ証明する必要もないって訳だ」

野明「なんでそんなこと……したんだろう」

遊馬「確かに、物事には必ず目的ってのがある。あの隊長のことだからなおのことだ」

香貫花「そうね。隊長は目的を持っていた……とすれば、出動の件は差し引いて考えてた方が、いいかもしれないわ」

遊馬「そこから残る純然たる事実と結果を導きだすとすれば……」




112 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/28(土) 01:56:32.55 ID:vOIZTMEX0
野明「うーん……」

山崎「………」

太田「 」

進士「太田さん…思考停止してます?」

遊馬「…まさか」

野明「まさか?」

遊馬「単に隊長は南雲さんにあの格好をさせたかったんじゃ」


野明「まさか……後藤隊長が」


一同「……後藤隊長なら」


一同「………」

一同「………ずるっけー!」





113 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/28(土) 01:58:18.84 ID:vOIZTMEX0
―――――――

香貫花「我々は一人のカミソリ中年の手のひらで踊らされていただけなのかもしれない」カタカタカタ

香貫花「かくして、特車2課はそんな日常的『非日常』を越えてゆきながら、今日も東京の平和を守っているのである」


香貫花「………とりあえず、今日はここまででいいかしらね。しかし、第1小隊に関するデータが少ないから追加しろだなんて」


香貫花(日本……か)

香貫花「……ふふっ」



おしまい


114 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/28(土) 01:59:20.45 ID:FUuWs0J2i


115 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/28(土) 02:01:16.42 ID:vOIZTMEX0
お付き合いありがとうございました
南雲隊長と第1小隊がすごい頑張ってることを全面にだしたかったんですが結果
いつもより地味で変な話になってしまいました。大変申し訳ありませんでした
何が言いたいかと言うと

南雲しのぶさんは苦労人かわいい!!!!


116 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/28(土) 02:02:04.83 ID:B9lVF6DDO

また書いてくれ
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1335541018/

この記事へのコメント

プロフィール

うどん大尉

Author:うどん大尉
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
未分類 (2)
相棒 (20)
暗殺教室 (2)
悪魔のリドル (18)
ご注文はうさぎですか? (6)
艦隊これくしょん (62)
帰宅部活動記録 (7)
キルラキル KILL la KILL (5)
機動警察パトレイバー (14)
ゴッドイーター (5)
げんしけん (1)
機動戦士ガンダム (7)
黒子のバスケ (6)
涼宮ハルヒの憂鬱 (12)
生徒会役員共 (4)
スラムダンク (2)
食戟のソーマ (2)
進撃の巨人 (41)
ソードアート・オンライン (12)
ゼロの使い魔 (2)
テラフォーマーズ (2)
ドラゴンボール (12)
ダンガンロンパ (7)
ニセコイ (17)
名探偵コナン (1)
NARUTO (22)
ファイアーエムブレム (10)
BLAZBLUE (1)
化物語 (9)
ひなビタ (3)
ハリー・ポッター (2)
モンスターハンター (5)
魔法少女リリカルなのは (6)
みなみけ (2)
やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 (37)
リトルバスターズ! (11)
ラブライブ! (21)
俺の妹がこんなに可愛いわけがない (5)
To LOVEる (1)
テイルズシリーズ (7)
七つの大罪 (2)
刃牙 (13)
るろうに剣心 (4)
ハナヤマタ (1)
魔法科高校の劣等生 (1)
アクセル・ワールド (1)
アイドルマスター (10)
咲-Saki- (3)
とある魔術の禁書目録 とある科学の超電磁砲 (5)
新世紀エヴァンゲリオン (1)
ブラック・ブレット (1)
ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか (1)
東京喰種トーキョーグール (3)
魔法少女まどか☆マギカ (0)
がっこうぐらし! (1)
グランブルーファンタジー (3)
ジョジョの奇妙な冒険 (10)
ガールズ&パンツァー (1)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム
zenback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。