スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チノ「嫉妬なんてしてません!」

1 : ◆aU2gxYbeBY 2014/07/18(金) 18:50:43.83 ID:Zwg6NV6SO


マヤ「いいな~」

メグ「えへへ」

チノ「おはようございます」

メグ「おはよ~」

マヤ「おっ、チノおはよー! そうだ。聞いてよ、チノ」

チノ「どうかしたんですか?」

マヤ「メグがさ、昨日プールに連れていってもらったんだって~」

チノ「家族で行ったんですか。楽しそうです」

マヤ「違う違う。ココアに連れていってもらったんだよ」

チノ「……はい?」 2 : ◆aU2gxYbeBY 2014/07/18(金) 18:52:24.81 ID:Zwg6NV6SO


マヤ「あたしも誘われたんだけど別の用事入ってて行けなかったんだー。そういえばチノは?」

メグ「誘われたんだよね?」

チノ「…………いえ、誘われてないです」

マヤ「へー、珍しいね」

メグ「ココアちゃんと何かあったの?」

チノ「いえ、何も……」

チノ「……」


5 : ◆aU2gxYbeBY 2014/07/18(金) 19:01:55.54 ID:Zwg6NV6SO


チノ「ということがあったんです」

リゼ「ふーん。確かに珍しいな、ココアがチノを誘わないなんて」

チノ「マヤさんとメグさんには声をかけたのに……」

リゼ「昨日ココアが出かけるときに何か言わなかったのか?」

チノ「『遊びに行ってくる』とだけ。私はてっきり町を散歩してくるんだと思ってました」

リゼ「まぁ、ココアは気分屋なところもあるからな。次はちゃんと誘うように言えばいいじゃないか」

チノ「……私は別にココアさんと行きたいわけではないです」

リゼ「え? 違うのか?」


6 : ◆aU2gxYbeBY 2014/07/18(金) 19:11:07.19 ID:Zwg6NV6SO


チノ「違いますよ。どうしてマヤさんとメグさんに声をかけて、私にはかけないのか不満に思っただけです」

リゼ「だからそれはマヤとメグに嫉妬してるんじゃ……」

チノ「嫉妬なんてしてません! 私、ココアさんのことなんて何とも思ってません!」

リゼ(そんなにムキになってる時点でなぁ……)

チノ「……なんですか?」

リゼ「いや。……じゃあ、チノはココアにどうしてほしいんだ?」

チノ「……今度からは私もちゃんと誘ってほしいです」

リゼ「やっぱりココアと一緒に行きたいんじゃないか」

チノ「ち、違いますよ! その、仲間はずれにされるのが嫌なだけです。それだけです!」

リゼ「そ、そうか……」


8 : ◆aU2gxYbeBY 2014/07/18(金) 19:19:12.03 ID:Zwg6NV6SO


リゼ「ということがあったんだが」

ココア「えー? 私ちゃんとチノちゃんも誘おうとしたんだよ?」

リゼ「誘おうとした?」

ココア「うん。断られちゃったけどね」

リゼ「ちなみにいつ誘ったんだ?」

ココア「1週間前くらいかな? チノちゃんと最近暑くなってきたねーって話をしてて。『来週あたりプールにでも行きたいね』って」

リゼ「それでチノはなんて答えたんだ?」

ココア「『私は行きたくないです。泳ぐのは苦手なので』って」

リゼ「なるほどな……」

リゼ(だいたい話がわかってきたぞ……)


10 : ◆aU2gxYbeBY 2014/07/18(金) 19:29:59.92 ID:Zwg6NV6SO


リゼ「チノ、ココアはちゃんとお前を一番に誘おうとしてたみたいだぞ?」

チノ「そんなはずありません。私は覚えてないですし……」

リゼ「ココアがプールに行きたいって言ったら、行きたくないって返事したらしいじゃないか」

チノ「あ、あれは私個人の意見として……」

リゼ「行きたくないなんて言われたら誘おうとは思わないだろ、普通」

チノ「待ってください! その言葉にはちゃんと続きがあるんです!」

リゼ「続き?」

チノ「『私は行きたくないですが、ココアさんがどうしても私と行きたいなら、仕方ないので一緒に行くこともやぶさかではないです』。私はこう言ったんです」


13 : ◆aU2gxYbeBY 2014/07/18(金) 19:38:51.40 ID:Zwg6NV6SO


リゼ「わかりづらすぎるだろう……素直にココアと一緒なら行くって言えばよかったじゃないか」

チノ「わ、私が行きたいわけじゃないです。ココアさんが、私と行きたいなら仕方ないと……」

リゼ「……まぁ、とりあえず今回の件は一件落着だな」

チノ「ちょっと待ってください、リゼさん。まだ解決してないですよ」

リゼ「え? 誤解はとけただろ?」

チノ「まだココアさんとプールに行く約束をしてません」

リゼ「……やっぱり行きたいんじゃないか?」

チノ「違います。仕方なく、です」


16 : ◆aU2gxYbeBY 2014/07/18(金) 19:48:32.15 ID:Zwg6NV6SO



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


ココア「それでね、チノちゃんと二人でスライダーをビューッと……」

チノ「ココアさんが騒いで大変でした……」

マヤ(チノがニヤけてる)

メグ(チノちゃん嬉しそう)

ココア「あ、アイス売ってる! 皆食べる?」

マヤ「いいの!?」

メグ「食べたーい!」

ココア「よーし、じゃあお姉ちゃんが奢ってあげよう! 何味がいい?」

マヤ「あたしチョコのやつー!」

メグ「バニラのがいいな~」

チノ「ええと……私はイチゴ味でお願いします」

ココア「私もイチゴ味にしよっと。ちょっと待っててね~」


18 : ◆aU2gxYbeBY 2014/07/18(金) 19:59:06.06 ID:Zwg6NV6SO


ココア「うーん、美味しい!」

チノ「美味しいです」

マヤ「アイス最高!」

メグ「あ、ココアちゃん。バニラのも食べてみる?」

ココア「いいの? じゃあ、あーん」

メグ「あーん」

チノ「!?」

ココア「バニラも美味しいね~。じゃあお返し。メグちゃんも、あーん」

メグ「やった~。あーん」

マヤ「あー、ずるい~。チノ、あたし達も交換だー!」

チノ「……はい」

チノ「……」


21 : ◆aU2gxYbeBY 2014/07/18(金) 20:09:18.43 ID:Zwg6NV6SO


チノ「ということがありました」

リゼ(なんで毎回私に言うんだ?)

リゼ「……それで?」

チノ「ココアさんはどうしてメグさんとはアイスを交換したのに、私とはしなかったんでしょうか……」

リゼ「……」

チノ「なぜメグさんとだけ……」

リゼ「いや、単純にココアとチノは同じアイスなんだから交換しなかっただけじゃないか?」

チノ「そんな……まさかメグさんと交換するために私と同じ味を……」

リゼ「間違いなく考えすぎだ」


24 : ◆aU2gxYbeBY 2014/07/18(金) 20:20:06.89 ID:Zwg6NV6SO


チノ「いいえ、きっとそうです」

リゼ「……チノ、ここにリンゴがある。これを剥いてやるからココアと食べさせ合いをすればいい。それで解決だろ?」

チノ「いえ、それではココアさんへの疑念は晴れません」

リゼ「じゃあどうすればいいんだ?」

チノ「…………間接キス」

リゼ「え?」

チノ「同じスプーンやフォークで食べさせ合いをすれば解決です」

リゼ「……それはチノがしたいだけじゃないのか?」

チノ「違いますよ。ココアさんがメグさんを狙っているという疑念を晴らすためです」

リゼ「そうか……」

チノ「はい」


25 : ◆aU2gxYbeBY 2014/07/18(金) 20:29:38.89 ID:Zwg6NV6SO


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


シャロ「遊びに来ちゃったー!」バーン

ココア「ハイテンションなシャロちゃんだ!」

リゼ「コーヒーを飲んだのか……」

シャロ「コ・コ・ア♪」キャッキャ

ココア「シャ・ロ・ちゃん♪」ウフフ

リゼ「相変わらず仲良いな……波長が合ってるのか」

チノ「……」


26 : ◆aU2gxYbeBY 2014/07/18(金) 20:35:37.91 ID:Zwg6NV6SO


チノ「ということがありました」

リゼ「いや、私もいたから知ってるけど……というかなんで毎回私に相談するんだ?」

チノ「……ダメですか?」

リゼ「ダメではないけど……。で、それがどうかしたのか?」

チノ「ココアさん、シャロさんといるときはとても楽しそうです」

リゼ「私には、チノといるときのほうが楽しそうに見えるけどな」

チノ「ほ、本当ですか!?……はっ」


27 : ◆aU2gxYbeBY 2014/07/18(金) 20:43:26.76 ID:Zwg6NV6SO


リゼ「……」ジー

チノ「……と、とにかく、私にはシャロさんといるときが一番楽しそうに見えるんです」

リゼ「それが?」

チノ「寝食を共にしている私よりも仲がいいというのは、私達の間にヒビが入りかねない事態だと思います」

リゼ「……一応聞くが、これも嫉妬ではないんだな?」

チノ「全然違います」

リゼ「……」


28 : ◆aU2gxYbeBY 2014/07/18(金) 20:53:15.35 ID:Zwg6NV6SO


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


チノ「最近ココアさんが前以上に私とスキンシップを取ろうとするようになりました」

リゼ「よかったな」

チノ「べ、別に私はよくないですが……まぁココアさんがそうしたいというなら拒むのも変な話なので……」

リゼ(すごい嬉しそうだ)

チノ「リゼさん、ココアさんに何を言ったんですか?」

リゼ「ああ、『構ってくれなくてチノが悲しんでるぞ』って」

チノ「な、何を言ってるんですか!/// 私は……」

リゼ「まあまあ、ココアと仲良くやれてるならいいじゃないか」

チノ「むぅ……///」


29 : ◆aU2gxYbeBY 2014/07/18(金) 21:00:15.03 ID:Zwg6NV6SO


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


ココア「ちょっと甘兎庵に行ってくるねっ」

チノ「……」





チノ「ということがありました」

リゼ「今回は導入が早かったな」

チノ「はい?」

リゼ「こっちの話だ、気にするな」


31 : ◆aU2gxYbeBY 2014/07/18(金) 21:08:17.83 ID:Zwg6NV6SO


リゼ「甘兎庵にココアが遊びに行くなんて珍しいことじゃないだろ? 千夜がいるんだし」

チノ「珍しくないのが問題なんです。もしかしたら、千夜さんはラビットハウスからココアさんを引き抜くつもりなのかもしれません」

リゼ「いや、それはないだろ」

チノ「そんなことありません! 千夜さんも間違いなくココアさんを狙ってます!」

リゼ「千夜『も』?」

チノ「……言い間違いました」

リゼ「チノ、いい加減認めたらどうだ?」

チノ「何を言ってるのか分かりませんね」プイッ


34 : ◆aU2gxYbeBY 2014/07/18(金) 21:17:49.69 ID:Zwg6NV6SO


リゼ「……まぁ仮にだが。ココアが甘兎庵に引き抜かれたらこの家からも出ていくことになるんだな」

チノ「え……」

リゼ「だってそうだろ? ココアは学校方針の奉仕活動の一環でラビットハウスで働いてるんだから、甘兎庵で働くなら千夜の家にホームステイすることに……」

チノ「そ、そんな……」ガクガク

リゼ「お、おい。大丈夫か?」

チノ「……リゼさん、これは一大事です」

リゼ「へ?」

チノ「私は平気ですが、ココアさんは私から離れたら寂しさできっと死んでしまいます。私は大丈夫ですが!」


36 : ◆aU2gxYbeBY 2014/07/18(金) 21:26:18.19 ID:Zwg6NV6SO


リゼ(つまり、ココアがここを出ていったらチノが寂しさで死ぬんだな)

チノ「ココアさんのために、早急に策を練る必要があります!」

リゼ「まあ、その前に少し落ち着いたらどうだ? ほら、このチョコでも食べて」

チノ「……そうですね、少し焦りました。いただきます」パクッ

リゼ「美味しいだろ?」

チノ「美味しいです」モグモグ

リゼ(さ、後はココアを呼んでくるだけだな)


37 : ◆aU2gxYbeBY 2014/07/18(金) 21:36:31.07 ID:Zwg6NV6SO


ココア「チノちゃん、話ってなにー?」

チノ「……」

ココア「チノちゃん?」

チノ「……ココアお姉ちゃん」ウルウル

ココア「この感じ……もしかして、また酔っ払っちゃった!?」

ココア(チョコが置いてある……お酒入りのを食べちゃったんだ)

チノ「ココアお姉ちゃぁん///」ギュッ

ココア「わっ」

チノ「これからもずっと一緒にいて?」ウルウル

ココア「え?」


38 : ◆aU2gxYbeBY 2014/07/18(金) 21:49:05.28 ID:Zwg6NV6SO


チノ「最近、千夜お姉ちゃんとかシャロお姉ちゃんと仲良くしてて……寂しいよ」ウルウル

ココア「チノちゃん……ごめんね、寂しい思いさせて」ギュッ

チノ「うん……」

ココア「私はこれからもずっと、チノちゃんと一緒にいるからね」ナデナデ

チノ「ほんと?」

ココア「本当だよ」

チノ「約束する?」

ココア「うん、約束」

チノ「……ココアお姉ちゃん、だいすき///」

ココア「私も大好きだよ~」ギュッ

チノ「うん……///」


39 : ◆aU2gxYbeBY 2014/07/18(金) 21:58:01.01 ID:Zwg6NV6SO


数日後



ココア「チノちゃんっ」ギュッ

チノ「こ、ココアさん……仕事中ですから///」

千夜「ふふっ、相変わらずラブラブね」

シャロ「そうね……」

シャロ(私もリゼ先輩といつかは……)

千夜(なれるといいわね)

シャロ「!?」

シャロ(こいつ、脳内に直接……!?)





リゼ「ふぅ……これでチノはもう平気だろう」


40 : ◆aU2gxYbeBY 2014/07/18(金) 22:02:35.03 ID:Zwg6NV6SO


リゼ(酔っ払ってた間の記憶は残ってるだろうに、いまだにツンツンしてるのは……ま、しょうがないか)

リゼ「ともあれ、これで私も相談から解放されて――」

チノ「リゼさん!!」

リゼ「え?」

チノ「こ、ココアさんのことでご相談が!!」

リゼ「え…………」



リゼ「もう勘弁してくれ……」

チノ「リゼさん! 実はココアさんが――」





おしまい

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

うどん大尉

Author:うどん大尉
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
未分類 (2)
相棒 (20)
暗殺教室 (2)
悪魔のリドル (18)
ご注文はうさぎですか? (6)
艦隊これくしょん (62)
帰宅部活動記録 (7)
キルラキル KILL la KILL (5)
機動警察パトレイバー (14)
ゴッドイーター (5)
げんしけん (1)
機動戦士ガンダム (7)
黒子のバスケ (6)
涼宮ハルヒの憂鬱 (12)
生徒会役員共 (4)
スラムダンク (2)
食戟のソーマ (2)
進撃の巨人 (41)
ソードアート・オンライン (12)
ゼロの使い魔 (2)
テラフォーマーズ (2)
ドラゴンボール (12)
ダンガンロンパ (7)
ニセコイ (17)
名探偵コナン (1)
NARUTO (22)
ファイアーエムブレム (10)
BLAZBLUE (1)
化物語 (9)
ひなビタ (3)
ハリー・ポッター (2)
モンスターハンター (5)
魔法少女リリカルなのは (6)
みなみけ (2)
やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 (37)
リトルバスターズ! (11)
ラブライブ! (21)
俺の妹がこんなに可愛いわけがない (5)
To LOVEる (1)
テイルズシリーズ (7)
七つの大罪 (2)
刃牙 (13)
るろうに剣心 (4)
ハナヤマタ (1)
魔法科高校の劣等生 (1)
アクセル・ワールド (1)
アイドルマスター (10)
咲-Saki- (3)
とある魔術の禁書目録 とある科学の超電磁砲 (5)
新世紀エヴァンゲリオン (1)
ブラック・ブレット (1)
ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか (1)
東京喰種トーキョーグール (3)
魔法少女まどか☆マギカ (0)
がっこうぐらし! (1)
グランブルーファンタジー (3)
ジョジョの奇妙な冒険 (10)
ガールズ&パンツァー (1)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム
zenback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。