スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チノ「お母さん……」ココア「えっ?」

1: ◆aU2gxYbeBY:2014/06/28(土) 15:53:38.56 :6chZRzASO





チノ父「ココアくん、おはよう」

ココア「おはようございます!」

チノ父「悪いんだけど、チノを起こしてきてもらえないかな?」

ココア「チノちゃん、まだ起きてないんですか?」

チノ父「そうみたいでね。頼めるかな」

ココア「分かりました!」 2: ◆aU2gxYbeBY:2014/06/28(土) 15:55:55.35 :6chZRzASO

ココア(チノちゃんが寝坊なんて珍しいなぁ)

ココア(昨日は遅くまで一緒に映画見てたっけ。もしかしてそのせい?)

ココア「チノちゃーん?」コンコン

ココア「……」

ココア(……返事はなし)

ココア「入っちゃえ」ガチャッ

チノ「すぅ…………すぅ…………」

ココア「……かわいい」



3: ◆aU2gxYbeBY:2014/06/28(土) 15:58:06.23 :6chZRzASO

ココア(あれ?チノちゃんの寝顔を見るのって、なんか新鮮な気が……)

ココア(そういえばいつもは私が起こしてもらってるもんね)

ココア「……これからはチノちゃんより早く起きよう、うん」

ココア「っと、そんなことより。チノちゃん、朝だよ~」ユサユサ

チノ「んぅ…………」

ココア「学校遅刻しちゃうよ~」ユサユサ

チノ「ん……」ムクリ


5: ◆aU2gxYbeBY:2014/06/28(土) 15:59:46.46 :6chZRzASO

ココア「おはよう」ニコッ

チノ「……」ボー...

ココア「あれ?もしかしてまだ寝てる?おーい」

チノ「あ…………起こしに来てくれたんですか……」ウトウト

ココア「うん。もう大丈夫?」

チノ「はい……ありがとうございます、お母さん」ウトウト

ココア「えっ?」

チノ「早く準備しないと……」ウトウト

ココア「チノちゃん……?」


6: ◆aU2gxYbeBY:2014/06/28(土) 16:01:35.46 :6chZRzASO





ココア「っていうことがあったんだ」

千夜「そうなの……」

ココア「どう思う?」

千夜「寝惚けていたみたいだし、ただの言い間違いじゃないかしら。ほら、先生を『お母さん』って呼んじゃうみたいな」

ココア「私もそうだと思うんだけど……」

千夜「何か気になることがあるの?」


7: ◆aU2gxYbeBY:2014/06/28(土) 16:04:19.70 :6chZRzASO

ココア「気になることっていうか……やっぱり寂しいよね、チノちゃん」

千夜「それは……そうでしょうね。まだ中学生だもの」

ココア「だよね……」

ココア「……」

千夜「ココアちゃん?」

ココア「……私が何かしてあげられないかな」

千夜「ココアちゃん……」

ココア「チノちゃんの寂しさをなんとかしてあげられないかな、と思って。私に何かできることがあるんじゃないかな……」


8: ◆aU2gxYbeBY:2014/06/28(土) 16:12:03.49 :6chZRzASO

千夜「難しいと思うわ、プライベートなことだし……。チノちゃんだって、触れられたくないことじゃないかしら」

ココア「……そう、だよね」

千夜「ココアちゃんのその気持ちだけで、チノちゃんは充分に嬉しいわよ」

ココア「そうかな……」

千夜「ええ、そうよ。いつかチノちゃんが頼ってくれるときが来るかもしれない。そのとき、力になってあげたらいいのよ」

ココア「……うん、わかった」

千夜「ふふ……それよりココアちゃん、来週のテストのことなんだけど……」


9: ◆aU2gxYbeBY:2014/06/28(土) 16:14:40.95 :6chZRzASO

千夜「それじゃあ、また明日ね」

ココア「うん、じゃあね!」





ココア「……」

ココア(千夜ちゃんはああ言ってたけど……)

ココア(それでも、私にもできることがきっと……)

リゼ「あれ、ココア?」

ココア「あ、リゼちゃんにシャロちゃん」

シャロ「ココアも学校帰り?」

ココア「うん。二人も?」


10: ◆aU2gxYbeBY:2014/06/28(土) 23:05:24.34 :6chZRzASO

ココア「うん。二人も?」

リゼ「たまたま合流してな。ココア一人か?」

ココア「今ちょうど千夜ちゃんと別れたところで…………ねぇ、ちょっといいかな?」





リゼ「お母さんっぽいこと?」

シャロ「なんで急にそんなこと聞くのよ?」

ココア「えっ、いや、ちょっといろいろあって」

リゼ(……?)

シャロ(なんか怪しいわね……)


11: ◆aU2gxYbeBY:2014/06/28(土) 23:18:07.15 :6chZRzASO

シャロ「やっぱり家事とかじゃないかしら?」

ココア「もっとこう、子供とのスキンシップっていうか……」

シャロ「一緒に料理したり?」

ココア「そ、そう!そういう感じ!」

リゼ「一緒に風呂に入ったり……はちょっとキツいか」

シャロ「小中学生までならなんとか平気じゃないですか?」

ココア「なるほど……つまり、一緒に何かをすればいいんだね!」


12: ◆aU2gxYbeBY:2014/06/28(土) 23:34:00.94 :6chZRzASO

シャロ「まとめるとそういうことになるけど……」

リゼ「ココアがそれを知ってどうするんだ?」

ココア「ま、まあまあ!とにかくありがとう!」ダッ

リゼ「あっ……一緒に行こうと思ったのに」

シャロ「それにしてもどうしたんですかね、『お母さんっぽいこと』がどうとか……」

リゼ「さあな…………

リゼ(……いや、待てよ)

シャロ(もしかしてさっきの質問……)

リゼ「まさか、ココアのやつ…………」

シャロ「まさかココア……」


13: ◆aU2gxYbeBY:2014/06/28(土) 23:44:15.74 :6chZRzASO

ココア「ただいま!」

チノ「おかえりなさい。あ、ココアさん」

ココア「どうしたの?」

チノ「その、今朝はありがとうございました。起こしていただいて」

ココア「そのくらい気にしないで!もっとこう、私をお母さんだと思って頼って!」

チノ「? はあ……」

ココア「じゃあ私、着替えてくるね!」

チノ「はい」


14: ◆aU2gxYbeBY:2014/06/28(土) 23:52:21.55 :6chZRzASO

リゼ「チノ!」ガチャッ

チノ「リゼさん?どうしたんですか、そんなに慌てて」

リゼ「ココアはいるか?」

チノ「さっき帰ってきたところですよ。今は着替えにいってます」

リゼ「そうか……ちょうどよかった」

チノ「何かあったんですか?」

リゼ「……驚かないで聞いてくれよ?実は……」

チノ「実は?」

リゼ「ココアのやつ、妊娠してるみたいなんだ」

チノ「……………………」


17:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/06/29(日) 00:14:42.28 :1o2ZuJV9o
これはwwwwww


24: ◆aU2gxYbeBY:2014/06/30(月) 10:10:52.78 :Xz3IGjwSO

チノ「ええええええええっ!?」

リゼ「おい!声が大きいぞ!」

チノ「はっ、すいません……で、でもそれ、本当なんですか!?だいたい相手は誰なんです!?」

リゼ「それがわからないんだ……」

チノ「わからないって……じゃあどうして妊娠してるなんて言ったんですか?」

リゼ「ココアがいきなり『お母さんっぽいことって何か』と尋ねてきたんだ。そんなことをいきなり聞いてくるなんて変すぎるだろ?」

チノ「そ、それだけで判断するのは早計では……」


25: ◆aU2gxYbeBY:2014/06/30(月) 10:12:01.43 :Xz3IGjwSO

リゼ「私もそう思ったんだが、露骨に態度が怪しくてな。どうも何か隠してる風だったんだが……」

チノ「隠し事、ですか……」

リゼ「何か気づいたことはないか?最近のココアの言動で変なこととか」

チノ「そう言われても、ココアさんは常に変ですから…………あ」

リゼ「どうした!?」

チノ「え、いや、でも……そんなはず…………」

リゼ「チノ!」

チノ「…………つい、さっき。ココアさんが帰ってきたとき…………」

チノ「……『私をお母さんだと思って頼ってほしい』、と言われました」

リゼ「ココアがチノに?いったい……………………まさか」

チノ「そ、そんな…………」

リゼ「ココアの相手は…………チノの親父さん……?」


26: ◆aU2gxYbeBY:2014/06/30(月) 10:19:08.43 :Xz3IGjwSO

チノ「そ、そんなはずありません!一緒に暮らしてて、そんなことになっていたら気づかないはずありませんよ!!」

チノ「そもそもココアさんはまだ高校生ですよ!?お母さんだなんて早すぎます!」

リゼ「だが、ココアはもう16歳になっているはずだ。つまり、法律上、問題はない……」

チノ「何言ってるんですかリゼさん!問題大ありです!!だいたい、お父さんがそんな若い人を選ぶとは……」

リゼ「し、しかし……!じゃあココアの質問とチノへの言葉はなんだったっていうんだ!?」

チノ「そ、それは……」

ココア「あれ?いつの間にかリゼちゃんも来てる」

チノ・リゼ「」ビクッ


27: ◆aU2gxYbeBY:2014/06/30(月) 10:21:02.34 :Xz3IGjwSO

ココア「? 二人とも固まってどうしたの?」

リゼ「い、いや、なんでもないんだ、なんでも……」

ココア「リゼちゃん、汗がすごいよ?」

リゼ「は、走ってきたからな!汗くらいかくさ!…………私も着替えてくる!!」ダッ

ココア「いってらっしゃーい」

チノ「…………」

チノ(まさか……本当にそんなことがあるわけ………………でも)



ココア『チノちゃんは私の妹だから!』

ココア『チ~ノちゃんっ、お姉ちゃんと遊ぼう?』



チノ(いつもしつこいくらい私に姉アピールをしてくるココアさんが、あんなことを言う理由が……私にはわからない)


29: ◆aU2gxYbeBY:2014/06/30(月) 12:28:16.40 :Xz3IGjwSO

ココア「チノちゃん?」

チノ「あ……」

ココア「大丈夫?顔色悪いよ?」

チノ「い、いえ……なんでもありません」

ココア「なんでもないようには見えないよ!休んでたほうがいいよ、お店は私がいるから」

チノ「だ、大丈夫ですから……」

ココア「無理しないで!もっと私を頼って」

チノ「っ……」



ココア『私をお母さんだと思って頼って!』



チノ「放っておいてください!!」

ココア「…………え」

チノ「あ……」


30: ◆aU2gxYbeBY:2014/06/30(月) 12:30:21.78 :Xz3IGjwSO

ココア「…………ごめん、余計なお世話だったね。あはは……」

チノ「ち、違うんです、ココアさん……」

ココア「でもチノちゃん、本当に疲れてるみたいだし休憩したほうがいいよ。お店は私一人で平気だから」

チノ「…………わかりました。後はお願いします」

ココア「うん、任せて」ニコッ

チノ「っ……!」






リゼ「着替え終わったけど……いったいどんな顔でココアと接すれば……でもいつまでもチノ一人に任せっきりにするわけにも……」

チノ「……」スタスタ

リゼ「あれ、チノ?店番は……」


31: ◆aU2gxYbeBY:2014/06/30(月) 12:31:49.89 :Xz3IGjwSO

チノ「……リゼさん、後はよろしくお願いします…………」

リゼ「お、おい。どこに行くんだ?」

チノ「……」ダッ

リゼ「チノ!?…………どうしちゃったんだ?」

リゼ「心配だけど……ココア一人にお店を任せちゃうのはマズいし……」

チノ父「リゼくん」

リゼ「わっ!?」ビクッ

チノ父「お店は私も見てるから。チノのこと、頼んでいいかい?」

リゼ「あ……」

リゼ(ココアと二人きりになりたいのか……って、そんなこと考えてるときじゃないだろ!)

リゼ「わかりました。追いかけます」

チノ父「よろしく頼む」

リゼ「はい!」ダッ

ティッピー「……ワシもチノを追いかけたいんじゃが」

チノ父「親父はココアくんのところに」

ティッピー「やれやれ……仕方ないのぉ」


32: ◆aU2gxYbeBY:2014/06/30(月) 12:33:10.44 :Xz3IGjwSO





リゼ「見つけたぞ、チノ」

チノ「リゼさん……どうしてここに」

リゼ「悩んだチノが向かうとしたら千夜のいる甘兎庵か、シャロのいるここのどっちかだと思ってな」

チノ「そういう意味で聞いたわけでは……」

リゼ「とにかく。詳しく話せ。そのほうがスッキリするぞ?」

チノ「……」

シャロ「チノちゃんお待たせ……リゼ先輩!?」

リゼ「シャロ。今はバイト中じゃないのか?」

シャロ「ちょうど交代時間だったので。チノちゃんの話を聞いてあげるつもりだったんです」


33: ◆aU2gxYbeBY:2014/06/30(月) 12:34:12.31 :Xz3IGjwSO

リゼ「なるほど。シャロ、気分が落ち着くハーブティーってどれだ?」

シャロ「えっと、カモミールが定番だとは思いますけど……冷たいレモンバームティーはどうでしょう?頭がスッキリしますし」

リゼ「じゃあそれを三つと、あとクッキーも頼もう。今日は私の奢りだ」

チノ「リゼさん……」

シャロ「わ、私の分はいいですよ!」

リゼ「遠慮するなって。すいませーん」






チノ「……それで、ココアさんに言われるまま私は休憩をいただいて」

リゼ「ここに来た、と」

チノ「」コクン

シャロ「そんなことが……」


34: ◆aU2gxYbeBY:2014/06/30(月) 12:34:57.58 :Xz3IGjwSO

リゼ「私がチノ一人にしたせいだ……すまなかったな」

チノ「そ、そんな……リゼさんのせいなんかじゃないです!」

リゼ「……ありがとう。それにしてもどうしたものか……」

シャロ「あれだけチノちゃんに姉扱いしてもらいたがってたココアが、急にお母さんがどうとか言い出すってことは……」

リゼ「十中八九、チノの親父さんとできてるはずだ。でも、そんな素振りをチノは見たことがない……」

チノ「ココアさんと父が話に花を咲かせてるのも見たことありません。私に隠していた可能性もありますが……」

シャロ「でも隠していたとして、ココアが今日あんなことを話し始めたってことは……」

リゼ「ま、まさか……もう再婚の話が!?」

チノ「そ、そんな……!!」


36: ◆aU2gxYbeBY:2014/06/30(月) 12:37:20.57 :Xz3IGjwSO

シャロ「さ、さすがにそれは……年の差がありすぎると思うんですけど」

リゼ「……シャロ、こんな言葉を聞いたことはないか? 『愛に年の差なんて関係ない』」

シャロ「そ、そうは言いましても娘とほとんど年の変わらない子を奥さんにするのは、ちょっと不自然じゃ。というかココアはまだ高校生ですよ?」

チノ「……」

リゼ「親父さん、あんな顔してそんな性癖が……」

シャロ「せ、先輩!まだ決まったわけじゃないんですから」

リゼ「それはそうだが……もし本当だった場合のことも考えておく必要はあるだろう」

シャロ「で、でも当人同士で話が進んでしまっている以上、私達にできることなんて……」

リゼ「だけどココアを説得すればあるいは……」

チノ「ま、待ってください!」


37: ◆aU2gxYbeBY:2014/06/30(月) 12:38:58.83 :Xz3IGjwSO

リゼ「チノ?」

シャロ「チノちゃん?」

チノ「……父とココアさんが納得しているなら、私は別に……」

シャロ「えっ!?」

リゼ「本当にいいのか!?ココアを『お母さん』と呼ぶことになっても!!」

チノ「そ、そのことに納得したわけではありませんが……。それとはまた違う話です」

リゼ「違う話?」

チノ「分かってはいたんです。母が亡くなって、父がいつかは新しい人を見つけるんじゃないかって……」

チノ「新しく母ができるのを受け入れる覚悟ができていたわけではありませんが……父が幸せにしたいと思った人なら、私もその人のことを好きになれるように努力しよう。そう考えていました」

リゼ「チノ……」


38: ◆aU2gxYbeBY:2014/06/30(月) 12:40:27.66 :Xz3IGjwSO

チノ「と、年の差はともかく、私がよく知っているココアさんが相手なら……むしろ嬉しいくらい、で…………ぐすっ…………その、はずなのに……」

チノ「涙が……止まりません…………」ポロポロ

シャロ「チノちゃん……」ギュッ

チノ「シャロさん……!」ギュッ

リゼ「……確かに、最後には受け入れなくちゃいけなくなるかもしれない。でもな、チノ」

リゼ「お前がそこまで思い悩むことなんて、誰も望んでないんだ」ナデナデ

チノ「リゼさん……」

リゼ「親父さんも、ココアも、チノのことを一番大切に考えてる。傍から見てる私にだって、それくらい分かる」

リゼ「だからさ。まずは三人で話し合うことから始めよう。チノの気持ちを、しっかり二人に伝えるんだ」

チノ「私の、気持ちを……」

千夜「何の話をしてるの?」


40: ◆aU2gxYbeBY:2014/06/30(月) 12:41:37.33 :Xz3IGjwSO

チノ「えっ」

リゼ「わっ!」

シャロ「ち、千夜!?なんでここに……」

千夜「シャロちゃんのお迎え。帰れなくて困ってるんじゃないかと思って」

シャロ「はい?……あ」

ザー ザー

チノ「雨が……」

リゼ「話に夢中で気づかなかったな……」

千夜「二人とも、ラビットハウスはいいの?」

リゼ「あ、ああ、ココアとチノの親父さんがいるから大丈夫だとは思うけど」

千夜「そう?でも帰るなら今のうちだと思うわ。どんどん強くなってきてるから」


41: ◆aU2gxYbeBY:2014/06/30(月) 12:42:58.41 :Xz3IGjwSO

千夜「はい。一本だけで悪いけど、傘を貸すわ」

リゼ「すまない、恩に着る」

チノ「千夜さん、ありがとうございます」

千夜「どういたしまして」

リゼ「それじゃシャロ、結果は後で報告する」

シャロ「あ、はい。チノちゃん、頑張ってね」

チノ「はい。シャロさんもありがとうございました」ペコッ





千夜「じゃあ、私達も帰りましょうか」

シャロ「そうね……って、私の傘は?」

千夜「ないわよ?今リゼちゃん達に貸しちゃったから」

シャロ「え!?」


42: ◆aU2gxYbeBY:2014/06/30(月) 12:44:09.90 :Xz3IGjwSO

千夜「ふふ、冗談。シャロちゃんは私と相合傘ね」

シャロ「そ、そういうことね」

シャロ(どうせならリゼ先輩と……って、それを今言ってもしょうがないか)

シャロ「……ありがと」

千夜「気にしないで。それより、さっき何の話をしてたの?」

シャロ「それは……」

シャロ(あんまり言いふらしていいことではないけど……でも、千夜ならココアから何か聞いてるかもしれないし……)

シャロ「実は……」


43: ◆aU2gxYbeBY:2014/06/30(月) 13:44:23.28 :Xz3IGjwSO

ザー ザー

リゼ「チノ、もう少し寄らないと濡れるぞ?」

チノ「……あ。は、はい」

リゼ「……緊張するか?」

チノ「……はい」

リゼ「お守りに、私のモデルガンいるか?」

チノ「そ、それは結構です!……その、なんて話したらいいか、わからなくて」

リゼ「……そっか」

チノ「先ほどから、自分の気持ちについて考えてるんですが……なんだかまとまらないんです」

リゼ「別にまとめる必要なんかないだろ」

チノ「えっ……?」


44: ◆aU2gxYbeBY:2014/06/30(月) 13:47:21.92 :Xz3IGjwSO

リゼ「なぁ、チノ。確かにココアは普段頼りなくて、傍にいるチノはたくさん頭を悩ませているかもしれない」

チノ「そ、そんなこと……」

リゼ「隠す必要なんてないさ。チノがココアのこと放っておけないほど大好きなのは知ってる」

チノ「……///」

リゼ「けどな?今、ココアはココアなりに、チノの母親になるために決意を固めてるはずだ。今回くらい、それに頼ってもいいんじゃないか?」

チノ「頼る……」

リゼ「本当に家族になるんだったら、助け合いくらい当たり前だろ? だから今回は、チノがココアを散々悩ませてやる番だ。な?」

リゼ(なんて、な。普段ココアが迷惑かけてるんだ。たまにチノが甘えたって、罰は当たらないだろ)


45: ◆aU2gxYbeBY:2014/06/30(月) 13:48:12.78 :Xz3IGjwSO

チノ「……リゼさん」

リゼ「うん?」

チノ「お守り、やっぱりお借りしてもいいですか?」

リゼ「ああ、もちろん!」

リゼ(とはいえ、その前にココアに直接確かめておいたほうがいいな。万が一もあるし)





シャロ「そ、それ本当?」

千夜「ええ、ココアちゃんから直接聞いたことだもの」

シャロ(わ、私達……とんでもない勘違いを……!)

シャロ「と、とにかくリゼ先輩とチノちゃんに早くこのことを……」


46: ◆aU2gxYbeBY:2014/06/30(月) 13:49:04.91 :Xz3IGjwSO

千夜「ちょっと待って、シャロちゃん。それはやめておきましょう?」

シャロ「はあ!?どうしてよ!」

千夜「せっかくチノちゃんが、自分の気持ちをココアちゃんに明かす決意を固めたんでしょう?」

千夜「あのチノちゃんがココアちゃんに自分の気持ちをぶつける。 二人のためにも、これはいい機会じゃないかしら」

シャロ「……」

千夜「シャロちゃん?」

シャロ「じゃあ私を止めたのは二人を思ってのことで、けっして『このままにしておけば面白いことになりそう』とか、邪な考えがあったわけじゃないのね?」

千夜「……」

シャロ「……」

千夜「……さ、シャロちゃん。急いで帰らないと風邪引くわ?」

シャロ(こ、こいつぅ……!)


48:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/06/30(月) 14:35:33.21 :y7eacHPWO
早くこの和菓子なんとかしないと…。


52:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/06/30(月) 21:08:08.85 :lPmDyOBio
鬼畜和菓子wwwwww


55: ◆aU2gxYbeBY:2014/07/01(火) 16:13:46.63 :0Dj0p84SO

ガチャッ

リゼ「戻ったぞ」

ココア「あ……」

チノ父「おかえり」

チノ「ただいま……」

リゼ(ココアと親父さん……二人で店番してたのか)

ココア「二人とも、大丈夫だった?傘持っていってあげたかったんだけど、どこにいるかわからなかったし……」

リゼ「あ、ああ。たまたま千夜に会ってな。傘を貸してもらえたんだ」

ココア「そっか、よかった」

リゼ「それより……ココア」

ココア「?」

リゼ「その……チノのことなんだが」ヒソヒソ

ココア「チノちゃんのこと?」

リゼ「だから、その、母親が……」ヒソヒソ


56: ◆aU2gxYbeBY:2014/07/01(火) 16:15:04.58 :0Dj0p84SO

ココア(……そっか、リゼちゃんも千夜ちゃんから聞いたんだね)

ココア「えへへ……私がチノちゃんのためにどこまでできるかは分からないけど」ヒソヒソ

リゼ「! そうか……」

リゼ(まだ少し疑いの余地はあったが……確定だな)

リゼ「チノ、作戦実行だ」ボソッ

チノ「は、はい……!」ゴクリ

ココア「どうしたの?」

リゼ「いや、なんでもない。それよりココア、店番疲れただろ?交代するよ」

ココア「え?いいよ、別に」

リゼ「遠慮するなって。ほらチノ、ココアも連れてけ」

チノ「わかりました。さ、ココアさん来てください」グイッ

ココア「え? え?」ズルズル


57: ◆aU2gxYbeBY:2014/07/01(火) 16:16:19.24 :0Dj0p84SO

チノ「さ、ココアさん、座ってください」

ココア「う、うん」

チノ「……」

ココア「……あ、あの。何かあったの?」

チノ「…………ココアさん、私に何か大事なことを隠してませんか?」

ココア「え?」

ココア(隠し事……大事なこと?)

ココア「ご、ごめん、何のことかわからないんだけど」

チノ「……」ジー

ココア(う……チノちゃんすごい睨んでる)

ココア(でも隠してる大事なことなんて…………あっ)

ココア(もしかして……一昨日チノちゃんのデザートを、気付かずに私が食べちゃったこと!?)


58: ◆aU2gxYbeBY:2014/07/01(火) 16:17:32.57 :0Dj0p84SO

ココア(で、でもどうしてチノちゃんがそのことを?チノちゃんのお父さんは黙っててくれるって言ってたし……)

ココア「……お父さんから聞いた?」

チノ「! ……ということは本当なんですね」

ココア「う……はい」

チノ(……本当に、ココアさんとお父さんが…………)

チノ「どうして、言ってくれなかったんですか」

ココア「だ、だって、チノちゃんに怒られると思って……」

チノ「知ったら、私が怒ると思ったんですか?」

ココア「……怒るでしょ?」

チノ「怒りませんよ」

ココア「ほ、本当!?」

ココア(前にチノちゃんのお菓子を食べちゃったときは、一日口をきいてもらえなかった気がしたんだけど……)


59: ◆aU2gxYbeBY:2014/07/01(火) 16:20:13.10 :0Dj0p84SO

チノ「それよりも……素直に話してくれなかったことのほうが、悲しいです」

ココア「チノちゃん……」

ココア(そうだよね……食べちゃうのは仕方ないけど、それを隠してるのは悪いことだよね)

ココア「ごめんね……今度からはちゃんと言うから」

チノ「え……?」

チノ(こ、今度?これ以上何があると…………はっ!?)

~~~~~~~~~~~

チノ父『チノ、報告があるんだ』

チノ『報告?』

ココア『うん。ほら、私のお腹触って?』

チノ『はあ……あの、これがどうしたんですか?』

ココア『実は~……ここに今、チノちゃんの妹がいます!』

~~~~~~~~~~~~~

チノ(そ、そんな……!!)ガクガク

ココア「ち、チノちゃん?」


60: ◆aU2gxYbeBY:2014/07/01(火) 20:01:16.64 :0Dj0p84SO

チノ「こ、ココアさん。今度からということは、まだなんですよね!?」

ココア「え?うん、いつ(食べちゃう)かはわからないけど……」

チノ「そうですか……」ホッ

チノ(と、とりあえずよかった。しかし、こうなるのもきっと時間の問題……)

ココア「できればしないほうがいいってことは分かってるんだけど……。チノちゃんのためにも」

ココア(でも実際にお菓子を目の前にすると難しいというか……)

チノ(私のためにもしないほうがいい……?それってつまり、『私達の娘はあなた一人だよ』ということでしょうか……)



リゼ『親父さんも、ココアも、チノのことを一番大切に考えてる』



チノ「……」


61: ◆aU2gxYbeBY:2014/07/01(火) 20:02:08.40 :0Dj0p84SO

ココア「えっと………話は終わり?」

チノ「いいえ、私の話も聞いてください」

ココア「へ?」

ココア(チノちゃんの話って……?)

チノ「その、これはココアさんと父の話ですから、私が口を出す権利がないことくらい分かってます」

ココア「?」

ココア(私とチノちゃんのお父さんの話?黙っててくれるっていう約束のことかな……)

チノ「私も最初は二人がそうすると決めたなら、黙って受け入れるつもりでした」

チノ「でもリゼさんとシャロさんが相談に乗ってくれて……自分の気持ちを正直にぶつけたほうがいいと」

ココア「……」

チノ(ココアさん……今まで見たことないくらい真面目な顔で聞いてくれてる)

ココア(チノちゃんが何の話をしてるかわからない)


63: ◆aU2gxYbeBY:2014/07/01(火) 20:03:12.58 :0Dj0p84SO

ココア(さっきとは違う話をしてる?でも私とお父さんのことって言ってたし……やっぱりデザートのこと?)

チノ「私、この話を聞いたとき……思わず泣いてしまいました」

ココア「えっ!?」

ココア(そこまでショックを受けてたなんて……)

チノ「口では受け入れるなんて言っておきながら、私、全然納得してなかったんです」

チノ「ココアさんを『お母さん』と呼ぶことに抵抗があったとか、そういう話じゃなかったんです」

ココア(うん?)

ココア「チノちゃん?何の話を……」

チノ「私!ココアさんをお父さんに取られることに嫉妬してたんです!!」

ココア「えっ」

チノ「お願いですココアさん!お父さんと結婚なんて、しないでください!!」

ココア「えっ!?」


64: ◆aU2gxYbeBY:2014/07/01(火) 20:04:57.11 :0Dj0p84SO




ガチャッ

リゼ「ありがとうございました、またお越しくださいませ!」

リゼ(ココアとチノ、遅いな……そろそろ戻ってきてもいいと思うんだけど)

チノ父「……お客さんも減ったね。後は任せても大丈夫かな?」

リゼ「はい。ココアとチノももうすぐ戻ってくると思いますし」

チノ父「じゃあ、よろしく頼むよ」

リゼ「…………あ、あの!」

チノ父「ん?」

リゼ「……」ゴクリ

リゼ(私だって……ココアより前からチノと一緒にいるんだ。チノの人生の上官として、手助けしてみせる!!)


65: ◆aU2gxYbeBY:2014/07/01(火) 20:05:53.20 :0Dj0p84SO

リゼ「その、ココアとの関係、ちゃんとチノにも話してあげてください!!」

チノ父「え?」

ティッピー(ん?何の話じゃ)

リゼ「自分といくつかしか年の変わらない人を母親と呼ばなきゃいけなくなるチノの気持ちを、少しは考えてほしいんだ!!」

チノ父「」

リゼ「た、確かにココアは若くて可愛い!けど、まだ高校生なんだ!結婚するのはもう少し待ってもいいんじゃないか!?」

チノ父「」

ティッピー「」

リゼ「……?」

バンッ

チノ「り、リゼさん!私達、とんでもない勘違いをしてたみたいです!!」

リゼ「え……」


66: ◆aU2gxYbeBY:2014/07/01(火) 20:07:01.31 :0Dj0p84SO

リゼ「うぅ…………///」ゴロゴロ

コンコン

ココア「り、リゼちゃ~ん、いい加減出てこようよ~。というか私の部屋に閉じこもってどうするの……?」

チノ「そ、その、リゼさんは相談に乗ってくれただけじゃないですか。何も恥ずかしがることないですよ」

リゼ「う、うるさいっ/// 二人に私の気持ちがわかるか!」

ココア「そんなこと言わないでさ~……」

リゼ(先輩風吹かして、あんなに偉そうなこと言って……それが全部勘違いだったなんて……!!)

リゼ(だいたい今回の勘違いだって、私が思い込んでチノ達を巻き込んだ結果じゃないか!)


67: ◆aU2gxYbeBY:2014/07/01(火) 20:08:19.10 :0Dj0p84SO

リゼ「うわあああああああああああああ!!//////」ゴロゴロ

チノ「……しばらくあのままにしておいたほうがいいかもしれません」

ココア「そうだね。リゼちゃん、また後で来るからねー!」





チノ「シャロさんにも説明しなきゃいけませんね……」

ココア「いや~、まさかこんなことになってたなんて」

チノ「私が寝惚けて紛らわしいことを言ったせいですね。……ココアさんもすいませんでした」

ココア「え?なんで私に謝るの?」


68: ◆aU2gxYbeBY:2014/07/01(火) 20:09:22.29 :0Dj0p84SO

チノ「その、ココアさんが私の体調を気遣ってくれたのに、怒鳴ってしまって……」

ココア「そんなこと気にしてないよ~。だってチノちゃん、私のことが大好きなんだもんね?」

チノ「っ//////」

ココア「お父さんに嫉妬しちゃうほど好きなんだもんね?」ニコッ

チノ「そ、それは///」

ココア「今日は一緒にお風呂入って、一緒に寝ようね♪」ギュッ

チノ「ち、調子に乗らないでください!///」

チノ「さ、早くお店に戻りますよ!」スタスタ

ココア「ふふっ……はーい!」


70: ◆aU2gxYbeBY:2014/07/01(火) 20:12:10.39 :0Dj0p84SO


…………

……………………

…………………………………………

翠(青ブルマさん)「へぇ、そんなことがあったんですか」

千夜「リゼちゃん、しばらくチノちゃんのお父さんと顔を合わせられなかったらしいですよ」

翠「それはそれは……でも、何事もなく解決してよかったですね」

千夜「はい。しばらくはリゼちゃん弄りで退屈しなさそうってココアちゃんと話してたんです」

翠「ふふ、そうですか。それにしても……」

千夜「?」

翠「チノさん……ココアさんの年でも大丈夫ということは、私も大丈夫ということですね。いいことを聞きました」

千夜「えっ……?」

翠「ふふ……あ、このお茶美味しいですねぇ」





おしまい


74:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/07/01(火) 20:33:54.50 :HgofTDaC0
おつかれさまです!


76: ◆aU2gxYbeBY:2014/07/01(火) 20:37:55.61 :0Dj0p84SO

読んでくださった方、ありがとうございました

ラビットハウスの制服を作った影の功労者、チノ母
2期で出番があるといいですね

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

うどん大尉

Author:うどん大尉
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
未分類 (2)
相棒 (20)
暗殺教室 (2)
悪魔のリドル (18)
ご注文はうさぎですか? (6)
艦隊これくしょん (62)
帰宅部活動記録 (7)
キルラキル KILL la KILL (5)
機動警察パトレイバー (14)
ゴッドイーター (5)
げんしけん (1)
機動戦士ガンダム (7)
黒子のバスケ (6)
涼宮ハルヒの憂鬱 (12)
生徒会役員共 (4)
スラムダンク (2)
食戟のソーマ (2)
進撃の巨人 (41)
ソードアート・オンライン (12)
ゼロの使い魔 (2)
テラフォーマーズ (2)
ドラゴンボール (12)
ダンガンロンパ (7)
ニセコイ (17)
名探偵コナン (1)
NARUTO (22)
ファイアーエムブレム (10)
BLAZBLUE (1)
化物語 (9)
ひなビタ (3)
ハリー・ポッター (2)
モンスターハンター (5)
魔法少女リリカルなのは (6)
みなみけ (2)
やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 (37)
リトルバスターズ! (11)
ラブライブ! (21)
俺の妹がこんなに可愛いわけがない (5)
To LOVEる (1)
テイルズシリーズ (7)
七つの大罪 (2)
刃牙 (13)
るろうに剣心 (4)
ハナヤマタ (1)
魔法科高校の劣等生 (1)
アクセル・ワールド (1)
アイドルマスター (10)
咲-Saki- (3)
とある魔術の禁書目録 とある科学の超電磁砲 (5)
新世紀エヴァンゲリオン (1)
ブラック・ブレット (1)
ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか (1)
東京喰種トーキョーグール (3)
魔法少女まどか☆マギカ (0)
がっこうぐらし! (1)
グランブルーファンタジー (3)
ジョジョの奇妙な冒険 (10)
ガールズ&パンツァー (1)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム
zenback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。