スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

垣根「ただ俺は、アレイスターとの直接交渉権が欲しかっただけだ!!」

653 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] - 2011/03/02 01:16:33.58 NdObHdEA0 1/13
すいません、初心者なんですが、ここにSS投下してもいいでしょうか・・・??
好みが分かれそうだから不安なもので^^; 654 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[age] - 2011/03/02 01:18:58.11 fp5KFU/go 2/13
不安ならやめときぃ
656 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] - 2011/03/02 01:23:07.30 NdObHdEA0 3/13
やめたほうがいいんでしょうか∑(*゚д゚*)
658 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] - 2011/03/02 01:25:22.89 zAzXeB56o 4/13
男は度胸、何でも試してみるものさ!
ただし特殊な性癖とかあるならちゃんと注意書きを書いてクレクレ
661 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] - 2011/03/02 01:26:19.48 wvo1YC/2o 5/13
極端なエログロや、投下レス数が長いものは辞めた方がいいと思う。

ジャンルは?レス数は?
662 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] - 2011/03/02 01:27:34.96 NdObHdEA0 6/13
すみません(>_<)
でも折角だから投下しますね

ちょっと過激・・・? 系です
あ、5レスです
663 : 1/5[sage] - 2011/03/02 01:28:45.49 NdObHdEA0 7/13

学園都市の超能力者。
彼らは、一人一人が一国の軍隊を相手にしても平然としていられるほどの、
驚異的な戦力である。

そんな超能力者が二人、
突然人々の賑わう街中で本気の殺し合いを始めたら、
一体何が起こるだろうか。

当然、そこは戦場となる。
嵐の襲う被災地となる。


街路樹は、街頭は、信号機は、ビルは、
街は、たちまち瓦礫の山となった。

しかしそれでも。
そんな事には全く目もくれず、
常人には何が起こっているのか分からないような速さで、
学園都市第一位と第二位の怪物は、強大な能力を競い合うように闘い続ける。


「『ピンセット』を強奪したり『滞空回線』の中身を調べたり、
 俺も色々策を巡らせたが、どれも成功しなかった。
 やっぱ第一位のテメェをブチ殺すのが手っ取り早いみたいだな!!」

自らが台風の目のようになりながらどこにそんな余裕があるのか、
学園都市第二位の垣根提督が、敵に向かって語りかける。

対する第一位も、当たり前のように即答する。


「何だァウジ虫野郎。この期に及ンで数字の順番がババンとコンプレックスか!!」


一方通行は、踏み抜いた衝撃で跳ぶアスファルトの破片を蹴りつけた。
ただの小石が、彼の能力によって大砲となる。

664 : 2/5[sage] - 2011/03/02 01:29:16.49 NdObHdEA0 8/13


「そんなんじゃねえよ。ただ俺は、アレイスターとの直接交渉権が欲しかっただけだ!!」

垣根はありったけの力を込めて、その背に生えた翼を振るった。

爆風が巻き上がる。
一方通行と垣根提督。
二人の放った衝撃はぶつかり合い、邪魔者を弾き飛ばしていく。

「アレイスターのクソ野郎は複数のプランを同時並行で進めてやがる」

「へェー」


「…………」

「…………」


それぞれの能力を使って驚異的な速度で地を駆け抜けながら、
二人は言葉を交わしていた。

「ヤツにとっては最優先事項みたいだが、
 仮にそのご大層な計画が詰まったとしても、
 並列するラインに一度軌道を乗せ換えて、
 後で再び元のプランに戻すから質が悪い」

「プランプラン振り回せるワケか」

「あみだくじで、一度別の線へ行った後、
 最終的に元のラインに戻ってくるようなもんだ」

「そりゃァ元のもくあみだ」


「…………」

「…………」


665 : 3/5[sage] - 2011/03/02 01:29:49.05 NdObHdEA0 9/13

街を駆け抜けた怪物たちは、大通りの交差点で再び衝突する。
衝撃波がアスファルトの地面を抉った。

周囲の人間は、誰も彼らを止めようとはしなかった。
出来るはずもない。
むしろ、ここで一言でも声を発すれば、真っ先に殺されてしまうかもしれない。
轟音に阻まれて聞こえるはずもないのに、
彼らはまるで王様に厳命でもされたかのように口をつぐんでいた。

「なら話は簡単だ」

この場で口をきく事を許された人物はただ二人だけ。
その内の一人である垣根は、静かに言った。

「予備のプランを全てぶっ潰しちまえば、
 アレイスターは『別のラインに逃げる』って妥協ができなくなる。
 その上で、この俺自身が『第二候補』ではなく本命の核に居座っちまえば、
 アレイスターも俺を無視できねえ」

ほんの一時、世界は静まり返っていた。
垣根の、何か決意のようなものを秘めた声が、ただそこへ広がる。

「別に学園都市を潰すつもりはねえ。この街は利用できる。
 だからそいつの中心に食い込み、手中に収めてやるっつってんだよ!!」


垣根の思いは、半端なものでは無かった。
彼は暗部の人間だ。その身に滲みてよく知っている。
悲劇というものを。

彼の過去に重くのしかかるそれは、否が応でも彼を前へ前へと押し出そうとする。

暗殺まがいの事をやってみせたり。
最新鋭のアイテムを強奪したり。
学園都市最強の第一位に喧嘩を売ったり。
それらの行動すべての原点は、彼の過去の一点に集約されている。

一方通行は垣根の表情に、その片鱗を見た。


「屁だな」

彼は学園都市第一位の頭脳を誇る。
正面の男のかつての葛藤に気が付かないほど愚鈍ではないだろう。
しかし、彼はだからと言って同情もしない。
だから、冷たく突き放す。

「オマエは聖人君子の正論を並べているつもりかもしンねェが、
 実際に汚ねェ口からプープー漏れてンのは屁だ」

「ヘッ。アレイスターとの直接交渉権に最も近い場所にいながら、
 その価値すら分かっていなかったテメェにどうこう言われる筋合いはねえな」


「…………」

「…………」

「…………」


「……今のは無しだ」

666 : 4/5[sage] - 2011/03/02 01:30:37.48 NdObHdEA0 10/13


「その言い分が、すでに安い悪党なンだよ、オマエは」

「なんだとう?」


「…………」

「…………」

「…………」


「……今のも無しだ」

667 : 5/5[sage] - 2011/03/02 01:31:11.95 NdObHdEA0 11/13

ボロボロになったスクランブル交差点。
そこで交差するのは、たった二人の人間の運命。

一方通行にも悲劇はあった。
しかし、彼は垣根とは違う道を歩んでいる。
遠目には同じ悪党の道であっても。


「悲劇の使い道は色々だ。胸に抱えるもよし、語って聞かせるもよし、
 人生の指針にするもよし、煮てもよし、焼いてもよし。
 だがな、そいつを抱えた所で無関係なガキどもを狙ってイイ理由にはならねェンだよ。
 ご大層な理由があればチンパンジーを殺してもイイなンて考えた時点で」

一方通行はくだらなそうな調子で言った。
垣根は、そんな彼をねめつけながら聞いている。

「ご大層な理由があれば一般人を殺してもイイなンて考えた時点で、
 オマエの悪はチープすぎる」

「説得力に欠ける説教だな」

「チープープーすぎる」

「俺だって好き好んで一般人を狙うつもりはねえよ」

垣根提督も興味のなさそうな調子で答えた。

「気分が良けりゃ、悪党であっても格下なら見逃してやる。
 だが、そいつは命張ってまでやるような事じゃねえ。
 テメェにしても、今の戦闘でさんざん野次馬や通行人を叩き潰しただろうが。
 コンクリートやアスファルトの破片は音速を超えて跳んでいた」

「コーンクリームや アスベストの破片も」

「衝撃波は全てを薙ぎ払った。俺たちの戦いでな」

「……、」

「最終信号を狙ったのも、その保護者らしきガキを狙ったのも、そういう事だ。
 上から説教たれてんじゃねえよ、人殺し。
 俺を殺すために野次馬を見殺しにしたテメェにどういう言われる筋合いなんざねえ。
 自分だけは例外、なんて理屈が通ると思ってんのか」

「ハッ。オマエをコロッと殺すために野次馬をマジ見殺しにした、ね」

しかし、糾弾された一方通行は笑う。

「三下サンだな。美学が足りねェからそンな台詞しか出てこねェンだプー、オマエは」

「あ?」

怪訝な表情で、一方通行を見つめる垣根。
暴れまわって少なからずダメージを負っているはずの一方通行は、それでも不敵に微笑んでいた。

「そもそも、何で俺とオマエが第一位と第二位に分けられてるか知ってうぉーるか」

言って、両手を広げる。

「その間に、絶対的な壁があるからだ」

668 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] - 2011/03/02 01:31:53.23 NdObHdEA0 12/13

以上で投下終了となります(^^;
最初の方なんかグダグダになってしまってすいませんでした(滝汗)

うざい一方通行でした。

むしろお前がウザいよとか思われた方がいらっしゃったら申し訳ないですけど

わ ざ と だ よ
669 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] - 2011/03/02 01:33:37.32 4zOw2x0i0 13/13
ちくしょうてめえかよwwwwww昨日に引き続き笑ったわwwww
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1298034529/

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

うどん大尉

Author:うどん大尉
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
未分類 (2)
相棒 (20)
暗殺教室 (2)
悪魔のリドル (18)
ご注文はうさぎですか? (6)
艦隊これくしょん (62)
帰宅部活動記録 (7)
キルラキル KILL la KILL (5)
機動警察パトレイバー (14)
ゴッドイーター (5)
げんしけん (1)
機動戦士ガンダム (7)
黒子のバスケ (6)
涼宮ハルヒの憂鬱 (12)
生徒会役員共 (4)
スラムダンク (2)
食戟のソーマ (2)
進撃の巨人 (41)
ソードアート・オンライン (12)
ゼロの使い魔 (2)
テラフォーマーズ (2)
ドラゴンボール (12)
ダンガンロンパ (7)
ニセコイ (17)
名探偵コナン (1)
NARUTO (22)
ファイアーエムブレム (10)
BLAZBLUE (1)
化物語 (9)
ひなビタ (3)
ハリー・ポッター (2)
モンスターハンター (5)
魔法少女リリカルなのは (6)
みなみけ (2)
やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 (37)
リトルバスターズ! (11)
ラブライブ! (21)
俺の妹がこんなに可愛いわけがない (5)
To LOVEる (1)
テイルズシリーズ (7)
七つの大罪 (2)
刃牙 (13)
るろうに剣心 (4)
ハナヤマタ (1)
魔法科高校の劣等生 (1)
アクセル・ワールド (1)
アイドルマスター (10)
咲-Saki- (3)
とある魔術の禁書目録 とある科学の超電磁砲 (5)
新世紀エヴァンゲリオン (1)
ブラック・ブレット (1)
ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか (1)
東京喰種トーキョーグール (3)
魔法少女まどか☆マギカ (0)
がっこうぐらし! (1)
グランブルーファンタジー (3)
ジョジョの奇妙な冒険 (10)
ガールズ&パンツァー (1)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム
zenback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。