スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

虹村億泰「ザ・ハンドで消した物を出せるようになったぜェーーーー!」

1:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/04/10(日) 19:42:26.164 ID:VY7RPsk6a.net

仗助「マジかよ!?そいつはグレートじゃあねーか!」

億泰「よっしゃァーッ!!早速見せてやるぜッ!」

ンオガッ!

カブト虫2匹 カラオケのマイク ノンカ口リーシュガーの袋

康一「す、凄いよ!本当に出てきたッ!」

億泰「ンだろォ~~~~?いくらでも出せるぜェーーーーッ!」

ンオガッ!

ロックバンドR・E・Mのステッカー カエル3匹 アヴドゥル

仗助「へェ~~、スゲーもんだなァ~~~~」

億泰「今ので腹減ったなァ~、トニオさんとこ行こうぜ~~」

仗助「だなァ」

康一「い、いやいや!」 11:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/04/10(日) 19:51:38.919 ID:VY7RPsk6a.net

億泰「ンだァ~?康一よ~」

康一「あ、あれも消したの?」

アヴドゥル「う、腕がッ!ぐぉぉオオ!」

億泰「そ、そういえば……誰だ、おっさん!?お、おれは知らねェよォ!」

仗助「腕がねーじゃねェか!待ってろッ!今、治してやる!」

アヴドゥル「くっ……だ、誰だお前たちはッ!」

仗助「く、くそッ!?治んねェぞッ!?」

アヴドゥル「ポルナレフ……!イギー……!」



19:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/04/10(日) 19:58:00.881 ID:VY7RPsk6a.net

康一「も、もしかして……腕はザ・ハンドの空間の中にあるんじゃあ……!?」

億泰「そ、そうかッ!」

ンオガーーーーッ!

億泰「仗助ェーーーーッ!今のうちにッ!」

仗助「だ、駄目だッ!?さっきから治してんのによォーー!」

億泰「うぉぉオオオオ!!!」

康一「あぁッ!?う、腕が出てきたよッ!」

ガシャァ~~~~ン

アヴドゥル「う、腕が……治った……!?」



23:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/04/10(日) 20:05:23.634 ID:VY7RPsk6a.net

仗助「や、やったな……!億泰ゥ~~~~!」

億泰「あ、ああ……なんか変な感じがしたけどよォ……」

アヴドゥル「君たちのスタンドのおかげなのか……」

康一「えっ!?スタンドを知ってるのッ!?」

仗助「というか、見えてるよォだなァ……!もしかしたら治さない方が良かったか~~~~?」

アヴドゥル「待て、誤解しているようだが、私は敵ではない」

仗助「ふ~~~~ん……億泰が消した敵じゃあねーのかァ?」

億泰「だから、おれは知らないって言ってるだろォ~~」



34:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/04/10(日) 20:14:57.734 ID:VY7RPsk6a.net

アヴドゥル「ところで、ここは何処なんだ……?日本のように見えるが……まさかな……」

仗助「おれたちがイタリア人にでも見えるのかよォ~~、ここは杜王町 、歴とした日本ですぜ~~?」

アヴドゥル「ほ、本当なのかッ!?スタンド攻撃かッ……!?何が目的なのだ……ポルナレフたちは……?」

億泰「なんかやべェ~~感じだなァ……病院に連れて行った方がいいんじゃあねーかァ?」

康一「そ、そうだね……!えっと……電話は……」

アヴドゥル「いや、その必要はない……それよりも詳しい話を聞かせて欲しいのだが……」

仗助「しゃあないっスね……」



40:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/04/10(日) 20:25:43.720 ID:VY7RPsk6a.net

――――

アヴドゥル「ま……まさか未来の日本だとはな……信じられん……」

仗助「いやァ~~、おれたちも信じられないスよ……!」

億泰「す、すんませんっス!大事な戦いの途中におれのせいで……!」

アヴドゥル「い、いや……君のせいじゃあないだろう……おそらく、私が受けたスタンド攻撃と君のスタンドの能力に何か繋がりがあったのだろう」

億泰「ま、マジっスか?」

康一「そうだよ、億泰くん!むしろ億泰くんは消された空間から助けただしたんじゃあないかな?」

億泰「そ、そうかァ?でも……消えてた腕を出したのはなんか違う気がするんだけどなァ……」

仗助「おめェがそんな悩んでどーすんだよ、助けたって事でいいじゃあねェか」



42:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/04/10(日) 20:33:07.463 ID:VY7RPsk6a.net

アヴドゥル「そうだ。それに、この平和な日本を見ていると、おそらくDIOは倒されたんだろうしな……」

康一「まぁ……最近まで割りと物騒たったんですけどね……あはは」

アヴドゥル「そうなのか……君たちも大変だったようだな」

億泰「安心したらハラ減ったぜェ……トニオさん、おかわり~~!」

仗助「さっきから食ってたじゃあねーか……」

トニオ「わかりマシタ」



46:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/04/10(日) 20:38:39.515 ID:VY7RPsk6a.net

アヴドゥル「しかし一応、仲間と連絡はとりたいものだな……」

康一「そうですねぇ……万が一もありますしね」

仗助「おい、康一」

康一「あっ、いえ、アヴドゥルさんの仲間の方が負けたとか言いたいわけでは無くてですね……!はい……」

アヴドゥル「ハハ……いいさ、ジョースターさんたちに限ってそのような事はない筈だからね」

仗助「……!」

康一「えぇッ!?」

億泰「ンあ?」



61:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/04/10(日) 20:47:01.876 ID:VY7RPsk6a.net

康一「あ、あの……!もしかして、ジョースターさんっていうのは……!」

仗助「ジョセフ……ジョセフ・ジョースターなのか……?」

アヴドゥル「おや、知り合いなのかね?まあ、あの人なら日本でも有名人になっていそうだが……」

億泰「ジョースターさんはよォ~、仗助の親父さんだもんなァ~」

アヴドゥル「な、何ッ!?本当なのかね……!?言われてみれば、確かに似ているが……」

仗助「ま、まあ……一応そうみたいっス……」

アヴドゥル「な、なんという事だ……つまり、この世界は……」

康一「ど、どうしたんですかッ!?」

アヴドゥル「パラレルワールドなのかッ!」



77:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/04/10(日) 20:57:33.424 ID:VY7RPsk6a.net

億泰「なんスか、それ」

康一「平行世界の事だよ。実はこの世界以外にも似たような世界がいくつもあって――――」

仗助「やめとけよ、康一……分からねーって」

アヴドゥル「怒らないで聞いてくれ……私の世界では君は存在していないのだ、仗助くん……」

仗助「あ~……そのっスね……」

アヴドゥル「それでは、この世界にそもそもDIOはいたのか……いや、これでは私が二人いる事になるのではないか……!?」

億泰「何言ってンだぁ?過去から未来に来たって話じゃあなかったんスか~~?」

アヴドゥル「ジョースターさんはいる……しかし、承太郎はいない……ジョースターさんは私の知っているジョースターさんなのだろうか……」

仗助「だからっスねェ~~」



99:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/04/10(日) 21:22:24.755 ID:VY7RPsk6a.net

億泰「つーか、承太郎さんも生きてるっスよ~~~おっ、これンめェ~~!」

アヴドゥル「な……に……?」

仗助「あ~、そういう事っス……」

アヴドゥル「き、君が……承太郎の父上なのか……!?いやいや、それではおかしい……ス、スタンド攻撃かッ!?」

仗助「そうじゃあねェ~~でしょう!」

アヴドゥル「そ、そうだな……ジョースターさんとスージーQさんも中々……知らなかった……」

康一「まだ勘違いしてるみたいだね……」

仗助「あ~、つまりっスね……腹違いなんスよ、承太郎さんのおふくろさんとは……あんま言いたくなかったけど……」

アヴドゥル「なッ……しかし、君の年齢を考えると……あのジョースターさんが……まさか!?」

仗助「あの人を随分買ってるみたいスけど、そういう人なんスよ……」

アヴドゥル「おぉ……ジョースターさん……」



107:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/04/10(日) 21:26:15.503 ID:VY7RPsk6a.net

仗助「ちなみに、承太郎さんも知ってるんで……つーか、承太郎さんに教えて貰ったんスけど」

アヴドゥル「そうか……」

康一「だ、大丈夫ですか?」

アヴドゥル「ああ……少し、驚いただけだ……」

仗助「あ~……承太郎さんと連絡します?連絡先知ってるんスけど……」

アヴドゥル「あ、ああ……!是非ともしたい……!」

仗助「じゃあ、おれン家行きますかァ~」

アヴドゥル「すまないな」



112:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/04/10(日) 21:32:15.572 ID:VY7RPsk6a.net

――――

朋子「あら、おかえりィ……って外人さん!?」

仗助「えっと……あ~、承太郎さんの知り合いだよ」

アヴドゥル「ど、どうも」

仗助「おふくろいるんだったら、トニオさん所で電話借りた方が良かったなァ……」

アヴドゥル「綺麗なおふくろさんだな」

仗助「ちょ……ちょっとォ~!勘弁して下さいよォ~!」

アヴドゥル「い、いや!そういう意味ではなくだな!」

朋子「仗助ー!ちょっと出てくるから、粗相のないようにねーっ!」

仗助「おっ、ちょうど良かったスね……承太郎さんに連絡しますよ」



119:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/04/10(日) 21:42:07.003 ID:VY7RPsk6a.net

とぉるるる

仗助「あ~……出ないっスね~」

アヴドゥル「そうか……では、ジョースターさんは?」

仗助「っと……おれ知らないんスよね~」

アヴドゥル「なに!?父親じゃあないのか!?」

仗助「そうっスけど……もし、必要になったら承太郎さんに教えて貰う手筈になっていて、普段は連絡しないんで……」

アヴドゥル「まあ……私からは何も言えんが、そうか……」

仗助「どっちにしても、あの人ボケちまってますからねェ~~連絡してもどうなるやら……」

アヴドゥル「ますます信じられんな……まあ、いくら波紋の力があるとはいえ、御高齢だしな……」



123:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/04/10(日) 21:47:58.065 ID:VY7RPsk6a.net

アヴドゥル「となると、ポルナレフや花京院も知らないだろうしな……」

仗助「まぁ、頑張れば親父……の連絡先調べる手段はあるんスけど、承太郎さんに連絡つくのを待った方がいいっスよ」

アヴドゥル「そうだな……暫く、待つとしようか……」

仗助「じゃあ、テキトーにくつろいでいて下さい」

アヴドゥル「すまんな」

仗助「いえ……」



152:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/04/10(日) 22:50:58.169 ID:VY7RPsk6a.net

――――

トニオ「ありがとうございマシタ~」

億泰「ンっふ~ん!」

康一「そういえば、財布変えたんだね~、なんか高そうだけど……」

億泰「おうよッ!なんてったってグッチだからな~、康一も男だったらモノには拘らないと駄目だぜェ~~」

康一「ふ~ん……まさか、盗んだんじゃないよね?ザ・ハンドの力で消して、あとで出すとか……」

億泰「お、おいおい!?そんな事すると思ってんのかァ!?酷いぜェ、康一ィ~~!」

康一「ご、ごめん……でも、最近お金無いって言ってたから……」



158:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/04/10(日) 22:58:08.805 ID:VY7RPsk6a.net

億泰「こういうモン買う金は別にあるんだもんねェ~」

康一「そうなんだ。まあ、スタンドを悪用するのは駄目だよね」

億泰「……」

康一「……駄目だからね?」

億泰「わ、わーってるよォ~!それに、別に好きなモン出せるわけじゃないしよォ~」

康一「えっ……そうなの?」

億泰「そこなんだよなァ~~~~」

ンオガッ!

ブロッコリーひとたば ピップエレキバン ヘビイチゴ4個

億泰「なァ?消したかどうか覚えの無いものばかりだしよォ~~」



162:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/04/10(日) 23:05:37.852 ID:VY7RPsk6a.net

康一「よく分からないものばかりだね……」

ンオガッ!

マッチの燃えかす2本

億泰「おっ、これは今朝消したヤツだなァ~~」

康一「分からないものは、他に同じようなスタンド使いが消したものなのかもね……アヴドゥルさんみたいに」

億泰「かもなァ~!綺麗なネーチャンでも出てこねェーかなァ!」

ンオガッ!

大量の瓦礫

ズッシャァァーーーーン!

康一「ま、まずいよ……!」

億泰「お、おれのせいかァーー!?」



171:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/04/10(日) 23:12:45.166 ID:VY7RPsk6a.net

ガチャッ……

露伴「誰だッ!人の家を瓦礫でこんな風にッ……!」

億泰「み、見つからない内にズラかろうぜェ~~~~!?」

康一「ま、待ってよ!億泰くんッ!」

露伴「ぼくに何の恨みが……仗助だなッ!出てこいッ!今日という今日は許しちゃあおかないぞッ!」

億泰「すまん、仗助~~~~っ!」



179:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/04/10(日) 23:20:23.931 ID:VY7RPsk6a.net

――――

億泰「ハァハァ……ここまでくれば安心だなァ……」

康一「あぁ……絶対まずいよぉ~~~~」

億泰「頼むから、黙っててくれよォ……!苦手なんだよォ~」

康一「その内、ヘブンズドアーでしらみ潰しに調べあげそうだけどね……」

億泰「ち、近付かないようにするぜ……」

玉美「おんやぁ!?康一どのじゃあありませんかァ!」

億泰「うわァーーーー!?お、脅かすんじゃあねェーよッ!」

康一「やあ」



186:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/04/10(日) 23:30:01.712 ID:VY7RPsk6a.net

玉美「そんなに驚いて悪の相談事でもしてたんですかいィ?」

康一「ち、違うよ」

億泰「……」

玉美「おっと、そんな事より……康一どのの彼女さんでしたっけ?あの女がさっき、見知らぬ男と二人で歩いていましたぜェ~~」

康一「えっ!」

億泰「あの女が康一以外の男と二人だけで歩くかよォ~、くぅ~~!言ってて、なんかムカツクけどよォ~!」

康一「そ、そうだよね……由花子さんだしね……」



191:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/04/10(日) 23:35:15.033 ID:VY7RPsk6a.net

玉美「そうですかい……康一どのがそう言うんなら、いいんですけどね」

康一「……」

億泰「康一……?」

康一「ど、どっち?」

玉美「へ?」

康一「ちなみに何処で見かけたの……?」

玉美「あっちの方ですがァ……」

康一「ちょ、ちょっと用事ができたからまたねェ~~ッ!」

億泰「おいおい……嘘だろォ~~!」

玉美「康一どのォ~!たかが女の一人、気を落としちゃあいけませんぜェ~~!」



195:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/04/10(日) 23:45:03.587 ID:VY7RPsk6a.net

――――――――

承太郎「スタープラチナ ザ・ワールド!」

承太郎「オラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラ」

承太郎「オラァ!!!」

承太郎「まあ、駄目……だろうな……」

キュルキュルキュルキュル

由花子「む、無傷じゃあないのッ!何、平気な顔してんのよォーーッ!?」

承太郎「ああ……よく知っているヤツだからな……やれやれどうしたものか……」

キュルキュルキュルキュル

シアーハートアタック「コッチヲ見ロォオオッ!」



200:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/04/10(日) 23:51:46.858 ID:VY7RPsk6a.net

由花子「康一くん以外の男と歩いたバチが当たったんだわ……そ、そうよ!時を止めている間に、私を担いで逃げなさいよッ!」

承太郎「……」

由花子「ただし、変な所触ったら、後で殺すわよッ!」

承太郎「逃げたきゃ、一人で逃げな……人がちらほらいる。このままじゃあ、アイツの餌食になるだろうな……」

由花子「何、正義ぶってんのよォ~!」

キュルキュルキュルキュル

シアーハートアタック「コッチヲ見ロッ!」

由花子「こいつ……人の髪の毛を焦がしておいてェ~~!」



205:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/04/10(日) 23:58:04.916 ID:VY7RPsk6a.net

承太郎「オラァ!!!」

シアーハートアタック「ギギッ!?」

ギャルギャルギャルギャル

由花子「どんどん速くなってるじゃあないのッ!」

承太郎「次は止められないかもな……」

由花子「あんたがやられたら、私の所に来るじゃあないッ!」

老人「なんの騒ぎかのぉ?」

由花子「うるさいわねッ!死にたくなかったら、あっちに行きなッ!」

老人「ひっ……ひィ~~~~!」



210:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/04/11(月) 00:09:24.525 ID:fSBQgHm3a.net

承太郎「熱を発するものが何も無いというのも厄介だな……」

由花子「そうよッ!康一くん……康一に来てもらえばッ!」

とぉるるるる

由花子「どうして誰も出ないのぉぉーーーーッ!」

スポーツマン集団「えっほ、えっほ」

ギャルルッ!

シアーハートアタック「コッチヲ見ロォ!」

承太郎「まずいッ!彼らの方が体温が高いッ!」

由花子「このビチグソ集団がァーーッ!」



217:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/04/11(月) 00:18:31.744 ID:fSBQgHm3a.net

ギイィーーーーッ

シアーハートアタック「ギギッ……」

由花子「ハァハァ……痛いわねェ~~、タイヤに巻きこんでるんじゃあないわよ……」

スポーツマン集団「えっほ、えっほ」

承太郎「よく止めてくれた」

由花子「また爆発するわ……今度は髪が焦げるだけじゃあ済まないわね……康一くんが褒めてくれた、私の髪……」

承太郎「いや、大丈夫のようだ」

由花子「えっ」

康一「エコーズ Act3!」

ビシィ!

シアーハートアタック「ギッ!?」

由花子「康一くん!」



222:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/04/11(月) 00:33:02.407 ID:6Hp3R59+a.net

康一「大丈夫ですかッ!?」

由花子「ええ!康一くんに心が通じたんだわ!きっと助けに来てくれるって信じていたのッ!」

康一「まあ……あっちで床が壊れていて、何があったのかなって……そしたら、ここから噴水みたいに水が噴き出ていたんで、気になって来たんですけど……」

プシャァァーーッ

由花子「水道管が……いつのまに……」

康一「承太郎さんが知らせてくれたんですよね?」

承太郎「ギャラリーが増える危険性もあったが……仗助の家の近くだったからな。康一くんが来てくれるとは思わなかったが」

康一「それにしても……」

承太郎「ああ……」

ギャルギャル

シアーハートアタック「コッチヲ見ロォ!」



229:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/04/11(月) 00:41:36.817 ID:6Hp3R59+a.net

康一「どうしてこいつが……」

承太郎「とにかく、君がこいつを止めている間に仗助を呼ばないとな……」

康一「そうですね……仗助くんならこれが何者の仕業なのか判別できるでしょうし……由花子さん、お願いしてもいいですか?」

由花子「あ……あっ……」

康一「由花子さん?」

由花子「む、無理だわ……」

康一「どうしたんです!?」

承太郎「こ、こいつは仗助風に言わせてもらうと……グレートだぜ……!」

康一「いったいどうしたっていう――――」

ギャルギャルギャルギャル

シアーハートアタックの群れ「「「コッチヲ見ロォオオッ!!!」」」

康一「な、なにィーーーーッ!?」



232:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/04/11(月) 00:50:57.295 ID:6Hp3R59+a.net

由花子「一体、いつのまにッ!?」

承太郎「おれも色々あったが……ここまで絶対絶命という言葉が相応しい状況も中々無いぜ……」

康一「そ、そんな!?承太郎さんがそんな事言ったら……Act3は複数体には対応できないんですよッ!?」

承太郎「……」

ギャルギャルギャルギャル

シアーハートアタックの群れ「「「コッチヲ見ロォオオッ!!!」」」



???「クロスファイヤーハリケーンスペシャル!!!」

シアーハートアタックの群れ「「「!?」」」

ドギャォーーーーン

承太郎「ま、まさかッ……!?」



238:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/04/11(月) 00:57:30.577 ID:6Hp3R59+a.net

アヴドゥル「YES I AM!」

承太郎「アヴドゥル!?」

アヴドゥル「久しぶり……になるのだろうな、承太郎」

仗助「間に合ったみたいっスね……」

承太郎「仗助……いったいこれは……」

仗助「そんな事より駄目みたいっスよ……」

ギャルギャル

シアーハートアタックの群れ「「「コッチヲ見ロォオオッ!!!」」」

アヴドゥル「承太郎ッ!こいつらはなんだッ!?」

承太郎「ああ……熱に反応して向かってくる爆弾戦車ってとこだ……おれの攻撃どころか、あんたの炎も効かないようだかな」



245:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/04/11(月) 01:05:44.635 ID:6Hp3R59+a.net

仗助「止めさえしてくれれば、おれのスタンドで元に戻す事はできる筈なんスけど……」

アヴドゥル「そうか、止めればよいのだな」

承太郎「フッ……頼むぜ」

由花子「ちょっと!こんなブ男にそんな事できるわけッ!?」

アヴドゥル「……」

康一「ゆ、由花子さん!」

ギャルギャルギャルギャル

シアーハートアタックの群れ「「「コッチヲ――――」」」

キュルキュル……

シアーハートアタックの群れ「「「見ロォ……!」」」

康一「す、凄い!」

アヴドゥル「爆弾戦車も空は飛べないようだな」

承太郎「戦車だからな」

由花子「空中に炎を留めて、爆弾戦車の意識を空に向けたのッ……!?」

仗助「こいつはグレートですぜ……」



248:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/04/11(月) 01:16:39.890 ID:6Hp3R59+a.net

――――――――

億泰「かァ~~~~、やっと消し終わったぜェ~~~~!」

康一「お疲れ様」

仗助「まさか、おれのスタンドが効かないとはな……」

康一「結局、誰の仕業だったんだろうね……」

億泰「貸し1だからな、仗助ッ!待てよ……あんだけ爆弾消したんだから、貸し10だッ!」

仗助「な、なんでおれの借りになるんだよォ~~~~?」

億泰「バカ野郎~~~~!こんなに爆弾消しちまったら、もうザ・ハンドの新しい能力使えねェじゃあねーかッ!いいから貸しだッ!」

康一「吉良みたいに爆弾型スタンドとして使えたり……して」

仗助&億泰「康一よォ~!おまえなァ!」

康一「じょ、冗談だよッ!」

由花子「冗談を言う康一くんも素敵だわ!」



252:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/04/11(月) 01:26:22.758 ID:6Hp3R59+a.net

――――

アヴドゥル「そうか……花京院とイギーは……」

承太郎「ああ……しかし、不思議な事もあるもんだな……」

アヴドゥル「そうだな……私にしてみれば、いきなり未来に来たわけだし……」

承太郎「おれからしたら死人が甦ったんだ……ポルナレフの野郎からしたら二度目だな」

アヴドゥル「ポルナレフか……生きていて良かった」

承太郎「あいつとは連絡はつかないが、スピードワゴン財団に調査させよう。じいさんはボケちまってるが、知らせを聞いたら喜ぶだろう」

アヴドゥル「ああ、会いに行ってみようと思う」

承太郎「そうだな」



256:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/04/11(月) 01:33:17.000 ID:6Hp3R59+a.net

アヴドゥル「フフッ、それにしても……奇妙なものだな。承太郎と年齢がそんなに違わなくなるとはな……」

承太郎「世の中は奇妙な事だらけだ」

アヴドゥル「もしかしたら……花京院やイギーもこの世界のどこかで生きていているかもしれんな……」

承太郎「おいおい……そんな事言って、DIOまで生き返られたらたまったもんじゃあねーぜ」

アヴドゥル「ハハハ……それもそうだな!ところで、DIOのスタンドの秘密は……?」

承太郎「ああ……それはだな――――」



To Be Continued→

http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1460284946/

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

うどん大尉

Author:うどん大尉
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
未分類 (2)
相棒 (20)
暗殺教室 (2)
悪魔のリドル (18)
ご注文はうさぎですか? (6)
艦隊これくしょん (62)
帰宅部活動記録 (7)
キルラキル KILL la KILL (5)
機動警察パトレイバー (14)
ゴッドイーター (5)
げんしけん (1)
機動戦士ガンダム (7)
黒子のバスケ (6)
涼宮ハルヒの憂鬱 (12)
生徒会役員共 (4)
スラムダンク (2)
食戟のソーマ (2)
進撃の巨人 (41)
ソードアート・オンライン (12)
ゼロの使い魔 (2)
テラフォーマーズ (2)
ドラゴンボール (12)
ダンガンロンパ (7)
ニセコイ (17)
名探偵コナン (1)
NARUTO (22)
ファイアーエムブレム (10)
BLAZBLUE (1)
化物語 (9)
ひなビタ (3)
ハリー・ポッター (2)
モンスターハンター (5)
魔法少女リリカルなのは (6)
みなみけ (2)
やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 (37)
リトルバスターズ! (11)
ラブライブ! (21)
俺の妹がこんなに可愛いわけがない (5)
To LOVEる (1)
テイルズシリーズ (7)
七つの大罪 (2)
刃牙 (13)
るろうに剣心 (4)
ハナヤマタ (1)
魔法科高校の劣等生 (1)
アクセル・ワールド (1)
アイドルマスター (10)
咲-Saki- (3)
とある魔術の禁書目録 とある科学の超電磁砲 (5)
新世紀エヴァンゲリオン (1)
ブラック・ブレット (1)
ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか (1)
東京喰種トーキョーグール (3)
魔法少女まどか☆マギカ (0)
がっこうぐらし! (1)
グランブルーファンタジー (3)
ジョジョの奇妙な冒険 (10)
ガールズ&パンツァー (1)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム
zenback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。