スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三代目「ナルトはお前に任せる」

1 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/15(金) 16:49:33.25 ID:woIJblB10


カカシ「は?」

三代目「……」

カカシ「ま…まさかご冗談ですよね?」

三代目「どういう意味じゃ?」

カカシ「…あの……。ナ、ナルトは人柱力ですし…」

三代目「……」

カカシ「里の外に出すのはどうかと……」

三代目「……ワシに逆らうつもりなのか?」

カカシ「…………いえ」

三代目「聞こえないぞカカシ。ワシに逆らう気なのか?」

カカシ「いえ、滅相もございません…」

三代目「お前は少し自分の立場をわきまえた方がいいな」

カカシ「…申し訳ありませんでした」

三代目「まぁ、よい。これが第七班のリストじゃ」ポイッ

カカシ「……」ピラッ

カカシ(……ッ!春野だと!?…それにあのうちはの生き残りか…まとめて厄介払いする気だな)

三代目「どうした?早く行ってやれ。下忍達が待っておるぞ」

カカシ「……はい」


スタスタ

三代目「…20年前のようにならぬといいがな」


ピタッ

カカシ「……」

三代目「……」

カカシ「……失礼します」
2 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/15(金) 16:54:18.52 ID:woIJblB10


ガララッ

カカシ「やー諸君、お待」

サスケ「テメェが担当上忍か…。どういう事か説明してくれるよな…!」

サクラ「ひっぐ…うぅ……うぅ……」

ナルト「」

カカシ「ハァ…ナルトを縛り付けたのは誰?」

サスケ「俺だ…こいつ…サクラに飛び付きやがって……!」

カカシ「…掟は知ってるな」

サスケ「……」ビクッ

サクラ「ち…違う!サスケ君は私を助けてくれたの……!」

サスケ「……」ガタガタ

カカシ「……ま、いいさ。バレない内にほどいとけ」

サクラ「……」ほっ

シュルルル…

ナルト「」ダラーン

サスケ「……報告しないのか?」

カカシ「ああ……」


ガタッ

三人「!!」

ナルト「ぅ……うぅあふ……」ピクッ

カカシ「……」スタスタ

サクラ「ヒッ……!」

ナルト「がっ……ああああああああ!!!!」

カカシ「ナルト……」


ナルト「ザッッッグァラヂャッッッ!!!??!」ガバッ

サクラ「ギャッ!!」

カカシ「……」


ドスッ

ナルト「うっ……」バタッ

サスケ「……!」

カカシ「これで俺も同罪だ」



4 : ◆aTPuZgTcsQ 2013/03/15(金) 16:59:05.64 ID:woIJblB10

サスケ「こ…ころしたのか…?」

カカシ「まさか。気絶させただけだよ」

サクラ「うっ…うぅ…」ぐすっ

カカシ「……」

サクラ「なんで…なんで……こんなことに……」ポロポロ

サスケ「……おい」

カカシ「…ん?」

サスケ「いい加減教えろ…。なぜナルトはここにいる?」

カカシ「…アカデミーの先生に聞いただろ」

サスケ「あいつは班編成だけ発表して逃げやがった」

カカシ「……」

サスケ「その前も…その間も…その後も……コイツは喚き散らしてた。迎えに来た上忍の奴らも揃って聞こえないフリしやがって……クソが!」

サクラ「うわああああん!!!」ポロポロ

サスケ「挙げ句この様だ…。ちゃんと説明してもらうぞ…!」

カカシ「……説明ね。ま、お前らは下忍昇格決定だ。おめでとう」パチパチ

サスケ「ふざけるな!こんな奴と任務をこなせって言うのか!?」

カカシ「まぁ、気の毒だとは思うが決定事項だ。俺に言ってもどうにとならないよ」

サスケ「……チッ!」ドンッ

サクラ「いやよ……いや……」ポロポロ

カカシ「…………そうだな。自己紹介でもしようか。男の子から順番にどーぞ」

サスケ「……」

サクラ「……」

カカシ「……ま、別に良いけどね。一応名前は知ってるし。俺は「はたけカカシ」だ、よろしく」

サスケ「……」

サクラ「……アンタの名前なんて聞きたくないわよぉ!!!」

カカシ「……」

サスケ「やめろ!……サクラ」

サクラ「ひっぐ……うわあああん!!!」

カカシ「ハァ……」



5 : ◆aTPuZgTcsQ 2013/03/15(金) 17:02:15.21 ID:woIJblB10

カカシ「全く、どうしたもんかな……」

紅「あらぁ、カカシじゃない。アンタ三代目のパシリやめたらしいわね」

カカシ「紅……」

紅「やっとパシリを卒業出来たら、あのキチガイと一緒の班なんて…ふふっ…笑わせてくれるじゃない…!……ぶはっハハハハハ!!駄目、やっぱ我慢できない!アハハハハハハハハハ!!!」

カカシ「……」

紅「はぁ……あー、お腹いたい…!これからアスマとデートなのに、どうしてくれんのよ…ふふふっ…!これっ…拷問に近いわねっ…!」

カカシ「…………アスマは死んだんだよ…紅……」

紅「はぁ?アンタついに頭のネジがぶっ飛んだのね…ふふっ!あー無理!アンタの顔見てると…ふふ…笑い死にするからもう行くわ……アハハハハハハ!!」

シュタッ

カカシ「……ハァ…」

スタスタ ピタッ

カカシ「……情報漏れるの早すぎでしょ」

カカシ([ピーーー]、消えろ、化け狐の手先、か……。ドアに落書きされるのなんて久しぶりだね)

ガイ「……」

カカシ「ん…?なんか用か?」

ガイ「すまん、止められなかった…」

カカシ「これの事?別にお前のせいじゃないでしょ」

ガイ「いや……俺は止めようと思えば止められたんだ…。なのに…火影様の名を出されたら、逆らえなかった…。ライバル失格だな」

カカシ「やめさせようとしてくれたんならいいんじゃない?」

ガイ「……俺が責任を持って消しておく。だから…許してくれないか?」

カカシ「最初からお前の事なんて責めてないでしょ。お前は正直な良い奴だよ」

ガイ「カカシ…」

カカシ「消したいなら消せばいいけど、俺なんかに関わらない方が良いと思うけどね」ガチャ

バタンッ

ガイ「……」

…ゴシゴシ

カカシ(……)



6 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/15(金) 17:08:42.17 ID:woIJblB10

カカシ「なぁ…オビト……俺はどうしたらいいんだろうな……。
…父さん……」

カカシ「……待ち合わせに遅れるな…」

スタスタ

サクラ「…じゃあ、また来るわね…」

カカシ「サクラ?」

サクラ「……!」

カカシ「…親父さんの墓参りか」

サクラ「……アンタには関係ないじゃない」

シュタッ

カカシ「……」

スタスタ

カカシ「…良い娘さんですね。もうお聞きになったかもしれませんが、私の部下になりましたよ。不安ですか?」

カカシ「今度お土産に花でも持ってきてあげましょうか。貴方の隣に飾ったら、さぞ綺麗な事でしょうね」

カカシ「……ま、冗談ですよ。お嬢さんは責任を持ってお預かりしますから、安心して下さい。今回の件も、イーブンって事で許してくれますよね?」

カカシ「それじゃ、私は任務がありますので失礼します。次に来る時はちゃんと用意しますよ。花をね」

シュタッ



7 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/15(金) 17:11:58.24 ID:woIJblB10

サスケ「……」

サクラ「……」

ナルト「がっッハッッギガぁーーッ!!」

世話役「では、私はこれで…」シュタッ

カカシ「お待たせ。じゃあこれからの事について少し話しておくから」

サスケ「……」

サクラ「……」

ナルト「ギャアぁああァ!グガガガ!」

カカシ「お前たち下忍は経験を積んでいく事が大事だから、最初の内は忍者のイメージとは合わないような雑用をこなしていくことになる。ちなみに今日の任務は草むしりね」

サスケ「……」

サクラ「……」

ナルト「ダムスラヤッケ!!ミダバラァァァッッ!!!」

カカシ「そうやって任務を重ねていけば、中忍試験に推薦する事も出来るし、合格すれば今度はお前らが隊長になって下を引っ張っていく存在になる。つまり何が言いたいかっていうと」

サスケ「……」

サクラ「……」

ナルト「アーアアアアアアアアアア!!ささささ!」

カカシ「早くこの班からおさらばしたいなら、中忍試験に合格するしかないってこと」

サクラ「……」

サスケ「へっ……笑わせんなよ。中忍試験に推薦する気なんかないだろ」

サクラ「サスケ君!」

サスケ「……俺達が任務をこなしていけるわけねぇじゃねーか」

カカシ「下忍をサポートするための俺でしょ。お前らは余計な心配しなくていいのよ」

サスケ「……」

サクラ「……」

カカシ「さぁ、行きますか。ナルト、少しは静かにしてちょーだい」

ナルト「ざぐっっら゛っぢゃんん゛!!」ガバッ

サクラ「ひっ……!」

カカシ「ハァ…………。人目が無くなるまでの我慢だ…」ボソッ

サクラ「……!」

サスケ「……」

スタスタ

カカシ「……」キョロキョロ

ナルト「アーアァアッ!!ラダバッ!!」ギュ-

サクラ「離してよ…!」

カカシ「……」ドスッ

ナルト「ぐっ……!」

カカシ「よいしょっと…」のし

ナルト「」

サクラ「……うぅ…うぅ…」ポロポロ

サスケ「……チッ」

カカシ「行くぞ」



8 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/15(金) 17:16:04.21 ID:woIJblB10

―数日後―

ガララッ

店主「いらっしゃい」

カカシ「日本酒、冷やで」

イルカ「あれ?カカシさんじゃありませんか?」

カカシ「えーっと確か……」

イルカ「うみのイルカです。以前、任務でご一緒させていただきました」

カカシ「そう。アカデミーで見かけた気がするんだけど、人違いだったかな」

イルカ「いえ、多分私だと思います。アカデミーで教師をやっていますので」

カカシ「へぇ。先生がこんな遅くまで居酒屋なんかにいていいんですか?」

イルカ「……」

カカシ「ま、別に止めやしないけどね」

イルカ「……私なんです」

カカシ「は?」

イルカ「私が…ナルトの下忍昇格に許可を出したんです」

カカシ「……」

イルカ「三代目に強要されて……でも、これで良かったのかって……もう、どうする事も出来ないのに女々しいですよね」

カカシ「ま、イルカ先生が許可を出さなくても、他の人が命令されたでしょ。先生は何も悪くありませんよ」

イルカ「……」

カカシ「って、言って欲しかった?」

イルカ「え…?」



11 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/15(金) 17:27:30.47 ID:woIJblB10

カカシ「ナルト達ね、私の担当してる下忍なんですよ」

イルカ「……!」

カカシ「サクラ、顔を合わせる度に泣いてましたよ」

イルカ「……」

カカシ「サスケも、暗い顔と怒ってる顔しか見たことがありません」

イルカ「……」

カカシ「ま、全て貴方が悪いとは言いませんけどね。私も同類ですから」

イルカ「……」

カカシ「ただ、三代目のせいにしてるようじゃ、教師失格なんじゃないですか?」

イルカ「あなたに何が分かる……!」

カカシ「?」

イルカ「一週間かそこらしかナルトといない奴に、何が分かるんだ!」

カカシ「……」



12 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/15(金) 17:29:06.76 ID:woIJblB10

イルカ「私はねぇ……ナルトの家庭教師もさせられたんだ…!あのナルトに何年縛られ続けてきたか…!もう私も限界なんです…!」

カカシ「……」

イルカ「本当はアカデミーの生徒達を構ってやりたいのに、自分の自由な時間なんて一切ない!私だってもっと……もっと普通の生活をしたかったんですよ!」

カカシ「……」

イルカ「それをあなたなんかにね、否定される筋合いはないんだ!」

カカシ「んー。ま、いいんじゃない?ナルトをどう思ってようと、どうせ手遅れですし」

イルカ「……!」

カカシ「堂々と胸張って、アカデミーの生徒達にも同じ事言えば良いじゃないですか」

イルカ「それは……」

カカシ「ただね、貴方の話を聞いてると分かる気がしますよ。どうしてナルトがあんな風になったのか」

イルカ「……」

カカシ「それじゃ、私は失礼します。もうこの店には来ませんから安心して下さい」ジャラッ

ガララッ

イルカ「…………!!」ポタッ



13 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/15(金) 17:36:59.01 ID:woIJblB10

カカシ「今日の任務は迷子ペットの捕獲だ。しじみさんの猫で名前はトラ。右耳のリボンが目印ね」

サクラ「……」

サスケ「……」

ナルト「ぶるがぁぁああ!!づルづづづづヤづづづ!!」

カカシ「ナルトは俺と森の東側を。サスケとサクラは西側を頼む」

ナルト「さずぅげぇぇええああぁああああ!!」

サクラ「……」

サスケ「……」

カカシ「ナルト、お前は俺と行くんだよ。サスケはサクラとだ。分かったな?」

ナルト「ダザラギググググ!!!」ガバッ

サスケ「離せ……!」

サクラ「やめなさいよ…!」

カカシ「……」

ドスッ

―5分後―

カカシ『トラ、そっちに行ったぞ』

トラ「ニャアアア!!」

サスケ「フン……」シュタッ

ガシッ

トラ「ニャアアア!?」

サクラ「…サスケ君すごい……さすがね……」

サスケ「別に……」

カカシ『よくやったな、サスケ』

サスケ「……」

カカシ『さ、戻るか』

スタスタ

カカシ「……」ペラッ

サクラ「……」

サスケ「……」

カカシ(この本も読み飽きたな……)パタンッ

サクラ「……」

サスケ「……」

カカシ(……読むか)



14 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/15(金) 17:39:01.04 ID:woIJblB10

カカシ「トラ捕獲任務、完了しました」

三代目「ご苦労だったな」

マダム・しじみ「トラちゅわ~ん!心配してたのよぉ~!」

トラ「フギャアアー!!!」

マダム・しじみ「皆さんありがとうねぇ~。また何かあったらあなた達に依頼するわぁ」

バタンッ

イルカ「……」

三代目「ナルトはどうしたんだ。寝てるのか?」

カカシ「木から落ちた時に頭を強く打ったようで…気絶したままなんです」

サクラ「……」

サスケ「……」

三代目「ほう……てっきりお前が始末したのかと思ったぞ。ハッハッハッ!」

イルカ「あははは……」

カカシ「……では、私達は失礼します」

三代目「まぁ、待て。帰ってきて早々悪いが、次の任務をやってもらう」

カカシ「下忍達もですか?」

三代目「もちろんだ。そこに一升瓶抱えて寝ている奴がおるじゃろ」

タズナ「ぐがー」

カカシ「気にはなっていましたが……」

三代目「その人はタズナさんといっての、任務の依頼人じゃ。お前達には波の国までタズナさんを無事送り届けて欲しい。現地での護衛も頼んだぞ」

カカシ「なんですって…!?」

サクラ「私達に護衛なんて…」

サスケ「チッ……」

イルカ「……」

カカシ「三代目!いくらなんでもそれは無茶です!」

三代目「なーに、相手はチンピラ共だけで、忍者と戦う訳じゃない。白い牙の息子ならどうって事ないじゃろ」

カカシ「ですが……!」

三代目「任務拒否か…随分偉くなったものだな」

カカシ「…………いえ、申し訳ありません」

サクラ「ちょっと……!」

サスケ「……」

三代目「なら、早く出発した方がいいぞ。波の国は遠いからな」

カカシ「…はい。二人とも、行くぞ」

サクラ「でも…!」

カカシ「……」のし

タズナ「うーん…」

カカシ「どっちか、ドア開けてくれる?」

サクラ「……」

サスケ「……」ガチャ

カカシ「では、失礼します」

バタンッ



15 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/15(金) 17:40:28.15 ID:woIJblB10

スタスタ

サクラ「……どういうつもりですか…!タズナさんまで巻き込む気なの!?」

サスケ「サクラ、やめとけ。コイツに何言っても聞きゃあしねぇよ。すっかり火影にビビっちまってるからな」

カカシ「……」

サクラ「サスケ君だって不安でしょう!?里の外なんかに出たら私達」

サスケ「サクラ!」

サクラ「!!」ビクッ

カカシ「……?」

サスケ「…諦めろ。従うしかねぇんだよ…」

サクラ「……」

サスケ「…長期任務なら、アンタも俺達も色々と準備が必要なはずだ。一旦、解散でいいよな」

カカシ「そうだな、10分後に集合でいいだろ。場所は大門前だ」

サスケ「……」シュタッ

サクラ「……」

シュタッ

カカシ「……さーて、この二人はどうしたもんかね」

世話役「ナルトは私が預かりましょう…」スッ

カカシ「そうですか。じゃあ、お願いします」

シュタッ

タズナ「ぐおー」

カカシ(タズナさんは……家に連れて行くしかないか…)



16 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/15(金) 17:45:02.54 ID:woIJblB10

ゆっさゆっさ

タズナ「うーん……。ここは…どこじゃ…」

カカシ「やっとお気づきになりましたか。肩になんか担いですみませんね」スッ

タズナ「うぅ……あんたら…木の葉の忍者か…?」フラッ

カカシ「ええ、依頼を受けましたはたけカカシといいます。それに春野サクラとうちはサスケ、うずまきナルトです」

サクラ「……」

サスケ「……」

ナルト「」

タズナ「……確か…依頼は断られたはずじゃ……。…金が足りないと……」

カカシ「……さぁ、私達は何も聞いていませんので。歩けますか?」

タズナ「あぁ……」

ヨロヨロッ

カカシ「しばらく休んでから出発された方がいいですね」

タズナ「いや…大丈夫…このくらい…」

カカシ「無理をなさる必要はありませんよ。急がなくても任務を放り出したりはしませんから」

ナルト「う…」

タズナ「だが……ワシがいないと橋が……」

ナルト「うがあああああああああああ!!!」

タズナ「ヒッ!?」

サクラ「……」

サスケ「……」

ナルト「ダらザビャナ!!ビヌマドッッ!!」ジタバタ

カカシ「ナルト、落ち着け」

ナルト「べきゃらっだをらッ!!」ドサッ

カカシ「ナルト…」

ナルト「あぁあアアギギギギ!!」ガバッ

タズナ「うわあっ!!」

カカシ「……」ドスッ

ナルト「ぐふっ……」バタッ

サクラ「……」

サスケ「……」

タズナ「な…な…!」



17 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/15(金) 17:47:24.76 ID:woIJblB10

カカシ「お見苦しい所をお見せして申し訳ありません。大丈夫ですか?」

タズナ「な…なんじゃそいつは……。アンタら超おかしいぞ!」

カカシ「色々と事情がありまして…。任務に影響はありませんからご安心下さい」

タズナ「安心なんか出来るわけないじゃろ!!今すぐ他の奴と代わってくれ!!」

カカシ「……タズナさん。恐らく、火影様がこの任務を引き受けたのは我々がいたからです」

タズナ「どういう事じゃ…」

カカシ「正規の報酬でなくとも私達なら引き受けますからね。私達を追い返したら最後、他の者が護衛につくことはないでしょう」

タズナ「……脅しか」

カカシ「人聞きの悪い。私は別にどちらでも良いんです。依頼主が嫌がってるのに、無理強いする気なんて微塵もありませんよ」

タズナ「…………」

カカシ「どうします?我々でよろしければ波の国までご一緒しますが」

タズナ「……分かった」

カカシ「そうですか、じゃあ休憩はもういいですね。二人とも出発するぞ」

サクラ「…何が休憩よ……」

サスケ「……」



18 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/15(金) 17:55:35.94 ID:woIJblB10

スタスタ

サクラ「……」

サスケ「……」

ナルト「ラドー!!ビギャラッ!!アァザー!!」

カカシ「静かにしろって」

タズナ「……」

カカシ(……水溜まり、ね…)

スタスタ

鬼兄弟「……」スゥ-…

ギュルルルルルルッッ!!

カカシ「なにっ!?」

鬼兄弟「一匹目……」グッ

カカシ「がっ……!」ギリリ

ブチブチブチッ!

カカシ「」ボトボトッ

サクラ「きゃああああああああ!!!」

サスケ「チッ!!」

ナルト「アハハハハハハハハハハ!!!!」

タタッ

鬼兄弟「二匹目……」

サスケ「どけオッサン!」ドンッ

タズナ「うわっ!」

弟「邪魔だ……」バギッ

サスケ「ぐっ!!」

ズザザッ

サクラ「サスケ君!!」

兄「しね……!」

タズナ「ああぁ……」ガクガク

スッ

ナルト「アハハハハハ!!」ガシッ

兄「なっ…!?」

ナルト「アハハハハハハハハハハ!!!!」ボゴォッ!

兄「かはっ……」バタッ

弟「……!」

ナルト「アハハハハハハ!!!」タタタッ

弟「……ッ!!」

ナルト「アハハハハはぐっ」バタッ

カカシ「……」

サクラ「生きてた…!?」

サスケ「チッ……」



19 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/15(金) 18:01:32.54 ID:woIJblB10

弟「な…なぜ助けた…」

カカシ「誰に雇われたのか、アンタに聞かなきゃならないからね」スッ

ガクッ

弟「…………ガトーだ…」

サスケ(なんだ…?今何をした…!?)

カカシ「…ガトーカンパニーの社長か。随分面倒な相手だね、どーも」スッ

タズナ「アンタ…!生きてたなら、なぜガキ共にやらせたんじゃ!!」

カカシ「誰がターゲットなのか、確かめる必要があったんですよ。なぜ貴方が忍者なんかに狙われているのか、貴方自身が説明してくれてもよかったんですけどね」

タズナ「……」

カカシ「内容を偽って依頼されたんでしたら、私達に貴方を護衛する義務はありません。残念ですが、護衛はここまでということで宜しいですね?」

タズナ「…………フン、最初からお前らに期待などしておらんよ。そんな超訳分からん奴連れてる時点で、護衛なんぞ勤まるはずがないんじゃ」

カカシ「そうですね。では、私達はこれで失礼します」

シュンシュン…

カカシ(!!)

カカシ「伏せろ!!!」ガバッ

三人「!?」ガバッ

シュンシュンシュンシュン ザクッ!

タズナ「なんなんじゃ…あの超でかい刀は……」

カカシ「桃地再不斬…」



20 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/15(金) 18:03:11.70 ID:woIJblB10

シュタッ

再不斬「俺の名前を知ってるとは光栄だね、写輪眼のカカシ」

サスケ「……!」

カカシ「霧隠れの鬼人がわざわざ出向いてくれるとは思わなかったよ」

再不斬「…ジジイを渡してもらおうか」

タズナ「!!」

カカシ「ああ、ついさっき俺達は護衛の任を解かれたんだ。好きにしろ」

サスケ「なんだと…!」

サクラ「ちょっと…何言ってんのよ!タズナさんを見ごろしにする気!?」

カカシ「お前らをこれ以上危険な目に合わせる訳にはいかないでしょ。そもそも契約違反だしね」

サクラ「で…でも…!」

サスケ「チッ…!」

スタスタ

サスケ「……」スッ

タズナ「……!」

サスケ「お前らは下がってろ。こんなヤツ俺一人で十分だ」

再不斬「ハァ…面倒くせぇ奴らだな。ガキは引っ込んでろ」

カカシ「サスケ、お前じゃアイツには勝てないよ。無駄なことはやめとけ」

サスケ「クズヤローは黙ってろ。これは俺の任務だ」

再不斬「聞く耳持たずか……面白い、お望み通り遊んでやるよ」

シュタッ

サスケ「待て!」シュタッ

サクラ「サスケ君!!」

カカシ「……」



21 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/15(金) 18:05:00.25 ID:woIJblB10

再不斬「霧隠れの術……」

スー…

サスケ「くっ…どこだ!?」

再不斬「ククク…さぁ、どの急所がいい?」

ズンッ

サスケ(この空気は……!眼球の動きですら気取られ、ころされる……。チクショウ…桁違いだ…!)

再不斬「どうした?震えてるじゃないか…」

サスケ(クソッ…!どうすりゃいい…!)

再不斬「そろそろお遊びはおしまいだ。しね!」

タズナ「うわああっ!!」

サスケ「しまっ…!!」

ワンワン!

再不斬「なに!?」

ズガガガッ!! ガブガブッ!

再不斬「クソッ!なんだこいつらは!!」

カカシ「……俺の忍犬達だよ。タズナさんの靴底に術式を組んでおいたんだ」

サスケ「……!」

再不斬「この…!動けねぇ…!」

カカシ「さて…ちゃっちゃと終わらせますか……」チャキッ

再不斬「……ククク」

カカシ「…何がおかしい」

再不斬「すっかり勝った気でいるんだろうがな…。この俺様が簡単にくたばる訳ねぇだろ」

カカシ「ハッタリか…。諦めろ、お前の未来はしだ」ザシュッ

…バシャッ!

カカシ(水分身…!!)クルッ

再不斬「オラァッ!!」ドゴッ

カカシ「ぐあっ!」

ボチャンッ!!



22 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/15(金) 18:12:11.10 ID:woIJblB10

再不斬「残念だったなぁ。俺は生きてるぜ」

カカシ「ぐっ…!」バシャッ

カカシ(なんだこの水は…やけに重いぞ…!)

再不斬「水牢の術」

カカシ「!!」

ザバババ

カカシ「……!」ギロッ

再不斬「脱出不可能のスペシャル牢獄だ。テメェまでしゃしゃり出てきやがって」

カカシ「この…!動けねぇ…!」

再不斬「大人しくジジイを渡せばいいものを…」

カカシ「……ククク」

再不斬「…何がおかしい」

カカシ「すっかり勝った気でいるんだろうがな…。俺様が簡単にくたばる訳ねぇだろ」

再不斬「……!」

――――

バキッ

再不斬「ぐっ…!」ズザザッ

ワンワン! ガブガブッ!

再不斬「このクソ犬っ…!!離せ!」

カカシ「……」シュバババ

再不斬「テメェ…幻術をかけやがったな!」

カカシ「数秒で破るとはね…大した奴だ」

再不斬「こんな子供騙し…!」

カカシ「だが、その数秒でお前は終わりだ」バチバチッ

再不斬「!!」



23 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/15(金) 18:18:24.99 ID:woIJblB10

白(まずい、再不斬さんが!)スッ

白「氷遁、魔境氷…!」シュバババ

ナルト「カカカカカカカッ!」

白「はっ!?」クルッ

ナルト「ダカバアアアアッッ!!」

バゴッ!

白「ぐはっ!!」ズザザッ

再不斬「白!」

カカシ「……」ピタッ

ナルト「ラアッ!!」バギッドゴッ

白「ぐっ…ぎゃっ…!!」

再不斬「キサマらァ……!!」

カカシ「…助けたいか?」

再不斬「なに…?」

カカシ「もう、タズナさんや俺達に手を出さないって約束するなら離してやるよ」

再不斬「テメェ……!」

ナルト「アハハハハハハハハハハ!!」メシャッバギョッ

白「ぎっ……ぐぎゃっ…!」

再不斬「くっ…………!分かった……」

カカシ「……ご苦労さま。パックン以外は帰っていいよ」

忍犬「いいのか?」

カカシ「ああ、助かったよ」

ボボボンッ

再不斬「……!白!」ダダッ

カカシ「…じゃあパックン、伝言頼んだよ」

パックン「分かった」タタッ

カカシ「……」タタッ


ナルト「アヒャヒャヒャヒャヒャヒャ!!」ガスッグシャッ

白「ざっ…ぶざっ…さんっ…!!」

再不斬「このクソガキ!離れろ!!」ガシッ

ナルト「ギッ!!ギダガダナッ!!」ジタバタ

再不斬「カカシ!こいつを何とかしろ!!」

カカシ「ナルト、もういい。やめろ」ガシッ

ナルト「ダアァァアァアアアアア!!」ジタバタ

白「ぐふっ……!」

再不斬「白!!クソッ!」のし

シュタッ



24 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/15(金) 18:19:45.29 ID:woIJblB10

カカシ「……ふー、終わったか…」

ナルト「ギダバビッ!!ギババラカナッダ!!」ジタバタ

カカシ「サスケ、二度と無茶な真似はするなよ」

サスケ「……」

カカシ「それと、ナルト」スッ

ナルト「ヒッ!!」ビクッ

カカシ「よくやったな。偉いぞ」ポンポン

ナルト「……!?マ゛!ビガラ゛ッ!!!」バシッ

カカシ「くっ……」フラッ

タズナ「お、おい大丈夫か?」

カカシ「えぇ…。ま、倒れたりはしませんよ…」

タズナ(……)

タズナ「…………お前ら」

三人「?」

タズナ「さっきは超すまんかったな……。特にそこのガキんちょ、ありがとよ」

サスケ「……」

タズナ「後はワシ一人でも何とかなるじゃろ…。じゃあな」

スタスタ

カカシ「……さて、俺達も帰るか」

サクラ「タズナさん……」

カカシ「……知り合いの暗部に護衛するよう頼んどいたよ。間に合えば大丈夫だろ」

サクラ「……!」

ナルト「ザル゛エ゛ぇぇぇええええアアア!!!」ガバッ

サスケ「この…!」

カカシ「ナルト…サスケから離れろ」

ナルト「ギャッゴッッ!ジュダァァアァ!!」ギュ-

カカシ「……」ドスッ

ナルト「くはっ…」

カカシ「ハァ……さ、行くぞ」のし

サスケ「…待て」



25 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/15(金) 18:21:20.60 ID:woIJblB10

カカシ「……何?お前から話しかけてくるなんて珍しいね」

サスケ「さっき、写輪眼のカカシって言ってたな……どういう事だ」

カカシ「……」

サクラ「サスケ君…!」

サスケ「奪ったんだろ…うちは一族から…!」

カカシ「……」

サスケ「なんとか言いやがれ!!」

カカシ「………………ああ、その通りだよ」

サスケ「……!!」

カカシ「もう日が傾き始めてる…。行くぞ」

サスケ「…待てっつってんだろうが!!」

サクラ「サスケ君!」ガシッ

サスケ「離せ!」バシッ

サクラ「きゃっ!」

サスケ「テメェふざけんなよ!何が写輪眼のカカシだ!うちは一族の物じゃねぇか!どういう事か説明しやがれクズヤロー!!」

ドスッ

サスケ「ぐっ……!」

サクラ「きゃあああ!サスケ君!!」

カカシ「……」のし

二人「」

サクラ「アンタ…アンタなんなのよ!都合が悪いとそうやって力業に頼るの!?」

カカシ「そうだよ。お前も眠らせようか?」

サクラ「ひっ…!」

カカシ「分かったらさっさとついてこい。日が暮れるぞ」

スタスタ

サクラ「……うっ……うぅ……」ぐすっ

…スタスタ



28 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/15(金) 18:28:46.13 ID:woIJblB10

サスケ「う……」

カカシ「やっと気がついたか」

サスケ「……テメェ!」

カカシ「向かってきても良いけどね、結果は変わらないぞ。力の差は分かってるだろ」

サスケ「くっ……!」

サクラ「サスケ君…」

カカシ「俺をやりたいんなら、突っかかって来るより修行でもしろ。写輪眼の使い方だって、教えて欲しいならいくらでも教えてやるよ」

サスケ「ふざけやがって……!」

カカシ「ま、開眼もしてないような落ちこぼれじゃ、俺の居る意味ないかもしれないけどな」

サスケ「……!!」プチンッ

シュバババ

カカシ「……!」

サスケ(火遁、豪火球の術!)

ボゴォォオオ!!

サクラ「え…ウソ…!?」

サスケ「ハァ…ハァ…!」

モクモク…

サスケ(……いない!?どこだ!!)
カカシ「下だ」ガシッ

サスケ「なっ…!!」

カカシ「土遁、心中斬首の術」

ズガガガガ!

サスケ「うわああああああ!!」



29 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/15(金) 18:30:16.99 ID:woIJblB10

ヒュンッ

カカシ「ハァ……ガキが」スタッ

サスケ「コノヤロー…!!」

カカシ「言ったよな?二度と無茶するなって。お前みたいに、すぐ頭に血が上る奴は忍者に向いてないんだよ」ゲシッ

サスケ「クソッ…!」

サクラ「サスケ君…!アンタなんて事すんのよ!足どけなさいよ!」

カカシ「あぁ?」ギロッ

サクラ「ヒッ…!」ゾクッ

カカシ「お前ら忍者なめてんのか?サスケは身の程知らずの個人プレイ、サクラは口だけ達者で頭はサスケの事ばかり。今一番役に立ってるのは、お前らが疎ましく思ってるナルトだろうが」

サスケ「……!」

サクラ「……」

カカシ「任務は班で行うもんだ。いくら望んでない編成だろうと、俺達で任務をこなしていかなきゃならないんだよ。チームワークを乱す行為は仲間を危機に陥れ、殺す事になる……例えば」

チャキッ

カカシ「サクラ、自殺しろ。でないと、サスケが死ぬぞ」

サクラ「えっ……!?」

サスケ「……!」

カカシ「いいのか?早くしないとサスケが頭だけになるぞ」

サクラ「えっ…えっ…!?」

カカシ「……」スッ

ザシュッ …ドサッ

サクラ「!!!!!!」

ゴロゴロ

サスケ「」

サクラ「いやああああああああああ!!」



30 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/15(金) 18:32:09.42 ID:woIJblB10

サクラ「」バタッ

サスケ「……サクラに何しやがった」

カカシ「幻術をかけただけだよ。お前が死んだってだけでこの騒ぎだ」ガシッ

ズボッ ガラガラ

サスケ「……!」スタッ

カカシ「これで分かっただろ。お前らは弱いんだよ。相手によっては逃げないといけないし、仲間と協力する事だって必要だ。一人で突っ走るな、サスケ」

サスケ「……」

カカシ「……とまぁ説教はこのくらいにして、結局日も暮れちゃった訳だし、野宿の準備でもしますか。サクラを連れてきてくれ」

サスケ「……」

スタスタ

サスケ「……」のし

サクラ「うーん……サスケ君……」

サスケ「…………」

スタスタ



31 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/15(金) 18:34:18.26 ID:woIJblB10

サクラ「うーん……」

サスケ「……」

ナルト「ダバグジャッキュッッ!!ズルノ!!」

サクラ「……はっ!!」パチッ

サスケ「サクラ……」

サクラ「サスケ君……サスケ君!?無事だったのね!!」ガバッ

サスケ「おい、離れろ…。邪魔だ…」

カカシ「さーて、テントも張れた事だしお前らはさっさと寝ろ」

サクラ「…こいつ……!」

サスケ「やめろ、俺は生きてるだろ」

サクラ「……!」

サスケ「もしかしたら…な」

カカシ「なにごちゃごちゃ言ってんの。今日は俺が見張りをやるから、気にしないで寝ていいぞ」

ナルト「あーぁあ!!ダバラッダバラッ!!」

カカシ「なに、お前も見張りをやりたいの?」

ナルト「ガギギギギギギギギ!!」ガバッ

サクラ「ギャッ!」

カカシ「ハァ……サクラから離れないなら気絶させるぞ」

ナルト「うぎゃぎゃぎゃぎゃぎゃぎゃ!」ギュ-

サクラ「………………やめてよ!」

パシンッ

ナルト「ダッ!?……ドゥバラ…!」

サクラ「ヒッ…!!」

カカシ「……」ドスッ

ナルト「ぐふっ……」

カカシ「……」のし

スタスタ ドサッ

サクラ「……」

サスケ「……」

カカシ「お前らも、早く寝ろ」

――――

カカシ(これは…睡眠薬か…!)フラッ

バタッ

サクラ「サスケくーん……」すやすや

サスケ「ぐー」

ナルト「……おい、起きろ」



33 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/15(金) 18:40:49.36 ID:woIJblB10

ナルト「起きろつってんだろ。さっさと目ェ覚ませってばよ」

サスケ「……何の用だ」

サクラ「……ふわぁ~」

ナルト「寝ぼけてんじゃねぇよ。お前らあの上忍に殺されてもいいのか?」

サスケ「……」

サクラ「……」

ナルト「せっかく教えてやったのに、バカみたいに寝てやがって。そんなんだから良いようにやられんだってばよ」

サスケ「ナルト、その事についてだが……本当に火影はそんなこと言ってたのか?」

ナルト「あ?今更なに言ってんだよ。何回も言ってんだろ。執務室にアイツが入ったあと、俺達を始末しろって命令が聞こえてきたんだよ」

サクラ「でも…それなら何で手出して来ないのよ。さっきだって、いくらでもそのチャンスなんかあったのに」

ナルト「……うっせーんだよ。ビンタしやがって…」

サクラ「……!」

ナルト「ウソウソ、冗談だってばよ!ああでもしないと、不審に思われてたかもしれないもんな!そうなったらサクラちゃんが真っ先に消されちまうし」

サクラ「……」

サスケ「……サクラの質問に答えてねぇぞ」

ナルト「そんなの簡単だってばよ。明るい内に行動するより、暗い方が人目につきづらいだろ。万が一、目撃者が居たらやべぇから夜まで待ったんだよ」

サスケ「なら、今がその絶好のチャンスじゃねぇか。なぜ襲ってこない」

ナルト「お前って本当に馬鹿だな」

サスケ「なんだと…!」

ナルト「アイツが起きてんなら俺が喋る訳ねぇだろ。それとも、上忍相手にコソコソ喋れば気付かれないとでも思ってんのか?」

サクラ「あ……!」

サスケ「チッ…」

ナルト「見てみろよ。アイツならぐっすり眠ってるから」

バサッ…
キョロキョロ

カカシ「」


サクラ「本当だ…」



34 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/15(金) 18:42:42.91 ID:woIJblB10

サスケ「どうやった…?」

ナルト「俺のせいにするんじゃねーよ。気づいたら寝てたんだってばよ」

サクラ「でも…ただ寝てるようには見えないわよ」

ナルト「俺は知らねぇっつってんだろ。何か変なもんでも食ったんじゃねぇの?なんにしろ、チャンスだろ」

サスケ「まさか……やる気なのか?」

サクラ「!!」

ナルト「まさかもクソもねぇだろ。殺されてもいいのかよ」

サスケ「……」

サクラ「……」

ナルト「なんだよ、ビビってんのか?サスケちゃんよぉ」

サスケ「……はっきり言うがな、俺はお前の事が信じられねぇ」

ナルト「は?」

サクラ「……そうよ、アンタの言うことってテキトーな事ばっかりじゃない。納得出来ないわ」

ナルト「おいおい、信じられないって……お前ら自分の行動忘れたのか?俺が指示出した訳でもねぇのに、突っかかってたじゃねぇかよ」

サスケ「……」

サクラ「……」

ナルト「何であんな奴を信じたいのかは知らねぇが、俺は確かにこの耳で聞いたんだってばよ。親切心でお前らに伝えてやったのに、馬鹿みたいだな」スクッ

サスケ「おい、どこへ行くつもりだ」

ナルト「俺は大人しく殺される気は無いんでね。やられるぐらいなら、こっちからやってやるって言っただろ」

サクラ「ちょっと……やめなさいよ!」

ナルト「なに?じゃあサクラちゃんがやってくれるのぉ?」

サクラ「そんな事…やるわけないじゃない。アンタにもやらせないわよ…!」

ナルト「最初っからやる気がねぇのは知ってるよ。サスケに押し付けようとしてたもんな。でも、何の権利があって俺を止めるの?」

サクラ「……私達の先生だから…」

ナルト「……」

サスケ「……俺もまだ、カカシのヤローに聞きたい事があるしな」

ナルト「はは…………バァァッッカじゃねーのォ!?」

サスケ「……!」

ナルト「サスケェ!アイツは写輪眼を持ってんだぞ!お前の一族の奴から奪ったって、本人も言ってたじゃねぇかよォ!どこをどう取ったら信じられるんだよ!!」

サスケ「だから……それを確かめるっつってんだよ!その結果、アイツがクズだと分かったら俺が殺す!テメェなんかに横入りされてたまるか!」

ナルト「あーウゼェなぁもう!!いいぜ、テメェからぶっころしてやるよ!!」ブンッ

サスケ「!!」

パシィッ!

カカシ「……」

ナルト「なっ!?」ギリリ…

サクラ「先生…!」

サスケ「カカシ…!」



35 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/15(金) 18:50:25.99 ID:woIJblB10

ナルト「チクショウ!!ほどけってばよッ!!!」ジタバタ

サクラ「どうして……先生倒れてたはずよね?ナルトに何かされてたんじゃないの…?」

カカシ「……」

サクラ「先生?」

カカシ「…あ、いや。初めて先生って呼んでもらえたなーと思ってね」

サクラ「……」

サスケ「…やられたフリだったのか」

カカシ「これでも一応、上忍だからね。お前らと戦ってる時、ナルトがおかしな動きをしてるのは気付いてたよ。今まで気絶したフリをしてきたのもな」

ナルト「……チッ!やっぱ上忍相手には誤魔化せねぇか…」

カカシ「さて……お前らの会話で、何を考えてたのか大体分かっちゃったしね。取り敢えず俺は弁解した方がいいかな?」

サクラ「……いえ…」

サスケ「……敵じゃねぇのは分かった…」

カカシ「そう、なら良かった。でも俺は聞きたい事がいくつかあるのよ。答えてくれる?」

サクラ「はい…」

サスケ「……」

ナルト「……簡単に寝返りやがったよ。ホント分かりやすい奴らだな」

カカシ「じゃ、質問ね。最初に顔を合わせた時だけど、なんでナルトは縛られてたの?」

サクラ「…ナルトが言ったんです。カカシ先生は自分の手で私達を殺すつもりだから、ナルトに手を出しても報告しないって。……そうしたらその通りになっちゃって……」

ナルト「チッ…べらべらと……」

カカシ「あー…、そういうこと。もし、俺が報告したらどうするつもりだったのよ」

サスケ「……」

ナルト「俺が代わりに言ってやるよ。サスケちゃんはすぐカッカしちゃうから、後先考えず挑発に乗ってくれたんだってばよ。怖いのか?つったら一発だもんな」

サスケ「チッ……」

ナルト「そのおかげで、二人揃って馬鹿みたいに信じちゃったんだよねーサクラちゃん?」

サクラ「……」

カカシ「お前も随分饒舌じゃない。俺が話しかけてもちっとも答えなかったのに」

ナルト「話しかけるフリだろうが。すぐ殴りやがってよぉ!」

カカシ「いや、話しかけてたよ」

ナルト「ケッ……」



36 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/15(金) 18:52:21.22 ID:woIJblB10

カカシ「ナルトがおかしな態度をとるのは、どういう理由で納得したの?」

サクラ「それは…先生の目を欺くためにって。もし私やサスケ君が襲われたら不意打ち出来るから…」

カカシ「……それ聞いておかしいと思わなかったのか?普通に考えれば、下忍が上忍に勝てる訳ないでしょ」

サクラ「…………でも、昼間の忍者だって倒してたし……あれ?」

サスケ「……なぜお前はカカシを助けたんだ。お前や俺達より、敵にやられた方が自然じゃねぇか」

ナルト「はぁ?俺はアイツらを助けてやったんだよ。コイツの隙をつけるチャンスは多い方がいいだろ」

カカシ「……そうだな。ナルト、お前が本当に隙を狙えば俺も死んでいたかもしれない」

サスケ「!!」

カカシ「ここ何年か多発してる忍者殺しはお前の仕業だろ」

サクラ「えっ!?」

ナルト「…………当然、全部じゃねぇけどな。ジジイからの命令で、もう何十人もやった」

サクラ「そんな……」

サスケ「……」

ナルト「中でも猿飛の奴を始末するよう言われた日にゃ、遂にこの里は終わりだと思ったね。あのジジイはただの孫狂いだってばよ」

カカシ「全ては木ノ葉丸の為ってね…。第七班に編入されたのも、三代目からの任務だな?」

ナルト「ああ、そうだぜ。サスケ以外は始末しろだとよ」

サスケ「なに!?」

サクラ「…本当に火影様の命令だったなんて……!!」

カカシ「ま、そんな事だろうと思ったよ」

ナルト「へっ…こんな下忍になりたての奴に命狙われてたなんて、お笑いだな。先生?」

カカシ「なら、なんでこんな回りくどい事を……。水筒に入れるのだって眠り薬の必要はなかったでしょ」

ナルト「ジジイはな、お前らを殺したって事で俺を閉じ込めようとしてやがんだってばよ。人柱力の暴走ってな。
だから、こいつらにテメェを殺させて、殺人犯つー事で引き渡せば、俺が手を下さなくても済むと思ったんだよ」

サスケ「ふざけやがって…!」

サクラ「ナルト…アンタね…!」

ナルト「おー、怖い怖い」



37 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/15(金) 18:54:01.52 ID:woIJblB10

ナルト「いくらコイツらが俺の事を喚こうと誰も信じやしねぇし、ジジイとしても俺を取り調べさせる訳にはいかねぇだろ。そうなれば俺は捕まらねぇからな。
それか全員始末して、こんな里からはおさらばしようと思ってたんだってばよ」

カカシ「なるほどね……」

サスケ「……俺だけ対象外なのはどういう事だ」

ナルト「さぁな。教えてやらねぇよ」

サスケ「この…!」

カカシ「うちはの生き残りを守るためでしょ?」

ナルト「ケッ……何でもお見通しってか?ムカつくヤローだな」

サスケ「俺を守る…?」

カカシ「多分、お前も殺された事にして幽閉したかったんだよ。うちはの生き残りを狙う輩は後を絶たないから、いっそ死んだことにした方が色々と楽でしょ」

サスケ「チッ……!」

サクラ「それなら……私とカカシ先生はカムフラージュのために狙われてたって事…?ふざけんじゃないわよ…!」

ナルト「ちげぇよ。理由は知らねぇが、随分と恨まれてるようだったぜ。特に白髪の方はアホかっつーほど憎まれてるみたいだったしな」

カカシ「……」

ナルト「俺が言うのもなんだが、部下を守れず下忍に殺されるなんて不名誉の極みだろ。一体何をしでかしたんだか、こっちが聞きたいってばよ」

カカシ「…不名誉ね……。馬鹿馬鹿しいが、それだけ深く憎まれてるって事なんだろうな」

サクラ「私は…殺したいほど恨まれる事なんてしてないわよ……!」

カカシ「…………何があったのか、大まかになら話せるよ」

サクラ「えっ…!?」



38 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/15(金) 19:00:19.97 ID:woIJblB10

カカシ「……今から22年前、俺の親父がある任務をしくじってね。それから14年も経ってツケが回ってきたんだ。それに対応したのが、三代目の息子夫婦とサクラの父親だった」

サクラ「えっ…お父さんも忍者だったの?」

カカシ「ああ、凄腕のな。だから、お二人の護衛役に選ばれたんだろう。俺も詳しい事までは知らないが、息子夫婦は逆にお前の父親を庇って死んだんだよ。ま、結局親父さんは3日ともたずに亡くなったけどね」

サクラ「……!」

カカシ「お二人の間には、三代目の孫でもある木ノ葉丸が産まれたばかりだった。俺はたまたま…と言うより今思えば予定調和だったのかもしれないな。その時、俺は火影様への伝令役を任されていたんだ。
……お二人の死を伝えた時の顔は忘れられないよ。直に表には出さないけど、あの時から火影様はおかしくなっていった」

サクラ「そんな事があったなんて……」

カカシ「火影として、理由もなく俺達を始末する訳にはいかないって葛藤してたんだろうな。本当はずっと復讐したくてウズウズしてたんだと思うよ。しかも、自分の復讐心まで木ノ葉丸の為だと思い込んでるから、余計にタチが悪いね」

ナルト「なんだそれ。じゃあテメェの親父のせいで、何にも悪くないサクラちゃんは命狙われてんじゃん。それを、何エラソーにべらべらと……」

サクラ「……!」

カカシ「………………サクラの両親も俺んちに落書きしてたからな。おあいこでしょ」

ナルト「落書き?何言ってんだお前。ただの落書きと今回の事がどうやったら釣り合うんだよ」

カカシ「ああ、そのただの落書きが原因で俺の親父は自殺したよ。親父は二人のキューピッドにもなったかな」

ナルト「……!」

カカシ「でも火影様みたいに、サクラに八つ当たりしようとは思わないけどね」

サクラ「……」

ナルト「……ケッ!クズしかいねぇのかってばよ、この里は」

サスケ「……」

ナルト「ああ、そうだ。テメェのその左目はどうしたんだってばよ。サスケちゃんが聞きたがってたぜ」

カカシ「……」

ナルト「ほらな、やっぱりコイツもクズじゃねーか」

サスケ「うるせぇよ、テメェは黙ってろ。本当に奪ったんなら奪ったって正直に言うはずねぇだろ」

ナルト「はぁ?早口でまくし立ててたのはどこのどいつですかぁ?」

サスケ「お前の言う通り、俺はすぐカッカしちまうからな」

ナルト「ケッ……」

サスケ「ちゃんと説明してくれるよな。カカシ」

カカシ「……」



40 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/15(金) 19:04:59.67 ID:woIJblB10

――――――

サスケ「それならそうと、なぜ言わなかったんだ」

カカシ「俺のせいでオビトは死んだんだ……。奪ってないとは言えないよ」

サクラ「……でも、それって逆にオビトさんに悪いんじゃないかしら…。オビトさんの意思で、リンさんを守ってやってくれって託されたんでしょ?」

カカシ「…………俺は、リンを守れなかったんだよ。…俺がこの手で殺したんだ」

サクラ「ウソ……」

サスケ「……」

ナルト「アッハッハッハッハッ!!随分良いオチがついてんじゃん!傑作だってばよ!」

カカシ「……」

サクラ「……」

サスケ「……」

ナルト「ケッ…シラケるヤローどもだな」

サクラ「……アンタ、何でそんな風になっちゃったのよ。アカデミーに入る前はこんな奴じゃなかったのに…」

ナルト「はぁ?アカデミーに入ったのはお前らだけだろ。俺は化け狐だからな、見事に仲間外れにされちまった」

サクラ「……」

ナルト「隠れ蓑だかなんだか知らねぇが、毎日同じクソ先公と顔付き合わせて歪まない方がおかしいだろ。狂ったフリしてぶん殴るのは面白かったけどな」

サスケ「……」

カカシ「……前に会った時は、目キラキラさせてたのにな…」

ナルト「前?…………あぁ…あぁ、思い出したぜ!お前あの白髪ヤローか!」

カカシ「…俺が言ったことは思い出せないのか?」

ナルト「馬鹿みてぇな与太話の事か?あれのせいで、しばらく騙されちまったぜ。俺でも英雄になれるかもしれねぇなんて、下らねぇ幻想を抱かされちまった」

カカシ「俺は与太話だとは思ってなかったけどね」

ナルト「…………俺が四代目の息子だからなんだってんだよ」

サスケ「!!」

サクラ「四代目…!」



41 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/15(金) 19:06:21.73 ID:woIJblB10

ナルト「四代目がいくら俺を信じてようが…里の奴らの目は変わんねぇだろうが!!お前らあの白い目で見られた事あんのか!!「あれ」扱いされた事あんのかよ!!!お前らに俺の気持ちが分かるわけねぇだろうが!!!」

カカシ「分かるよ」

ナルト「何だと……!」

カカシ「ま、お前ほどじゃないけどね、木の葉の里は陰湿な里だから。標的にされたら死ぬまで逃げられないのかもね」

ナルト「マジかよ……はは、分かるなんて言われるとは思わなかったぜ」

カカシ「本当は、お前が周りを理解するような存在になって欲しかったんだけどな」

ナルト「ふざけんなよ……俺とお前らは違うんだ。俺は化物なんだよ…!」

カカシ「里に居場所が無いのは同じでしょ」

ナルト「……!」

サスケ「……そうだな…」

サクラ「……これから私達、どうしたらいいのかしら……」

カカシ「ま、里には帰れないでしょ。あー、本と写真だけは取りに戻りたいな」

サスケ「そんな事言ってる場合じゃねぇだろ……。命狙われてんだぞ」

カカシ「とは言っても、俺はさっき使いに出した忍犬と合流しなきゃならないし」

サクラ「…どうしてですか?口寄せ動物なら、ここにだって呼び出せると思うんですけど……」

カカシ「それは………………悪い。疲れてるみたいだ…」

ナルト「ケッ……。バッカじゃねぇの…」

サクラ「こんな事になるなんて……お母さん……」ぐすっ

カカシ「うーん…、そうだな。死んでみるのもいいかもね」

三人「……!?」



45 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/15(金) 21:48:35.95 ID:woIJblB10

カカシ「ただし、俺以外ね」

ナルト「……どういう事だってばよ」

カカシ「そういう事だよ」

二人「……?」

ナルト「まさか…………俺達の死体を交渉材料にして、他里にでも逃げ込むつもりか?」

カカシ「違うな。お前らが死ねば、第七班は俺だけになるでしょ。そうすれば俺一人でも事が足りると思わないか?」

サスケ「……は?」

サクラ「……どういう事よ…?」

カカシ「あれ?俺何か難しい事言ってるかな?お前らを殺せば、俺が任務を受けた事になるでしょ。だから遂行するってわけ」

サスケ「おい…ふざけてんのか…?」

サクラ「…なに…?なんなの?」

カカシ「おいおい…理解力なさすぎでしょ。里に帰るのにお前らが居ると任務と矛盾するから、ここで死んでくれって言ってんの」

サスケ「な…何をいってやがる!」

サクラ「まさか……!ナルト、アンタ何かしたわね!」

ナルト「…別に殺すのがお前らじゃなくてもいいんだぜ。コイツにお前らを始末させても同じ事だってばよ。俺の責任にはならねぇ」

サスケ「テメェ…!!」

ナルト「まぁ、今更効果が出るのは誤算だったけどな。……これじゃあ俺までやべぇや、アッハッハッハッハッ!」

カカシ「ハァ……俺が何を言いたいのか分からないの?お前らは死ぬ、俺は帰る。単純でしょ?」

サクラ「ちょっ……嘘でしょ?先生…!」

サスケ「アンタにとって俺達を殺すメリットが分からねぇ……。狂ったのか…?」

カカシ「…そうかもね。俺は色々考えるのに疲れたんだ。悩むのもこれっきりにしたいし、もう全てがどうでもいいんだよ」

サスケ「よせ…目を覚ませカカシ!」

サクラ「やめてよ先生!」

カカシ「俺はお前らを助けてやったでしょ?今度はお前らが助けてくれてもいいじゃない。俺はさっさと帰って寝たいんだよ」

サスケ「やめろ……来るんじゃねぇ……!」

サクラ「いや……いや……!!」

ナルト「こりゃ最高のオチだぜ!アッハッハッハッハッハッハッハッハッハッハッ!」



46 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/15(金) 21:50:08.32 ID:woIJblB10

―――――

フラフラ

カカシ「……」

門番「やぁ、カカシさんじゃないですか。化け狐はどうしたんです?」

カカシ「……」

門番「あれ、額当ては落としちゃったんですか?その気味の悪い傷、ちゃんと隠して下さいよ」

カカシ「……」

門番「何無視してんですか。三代目に報告しますよ?」

カカシ「……」

門番「おーい、耳腐っちゃったんですかぁー?」

カカシ「お前…………ナルト!?」

門番「は?」

バギッ!

門番「うがっ!?」ズザザッ

カカシ「あれ?ナルトは死ななかったっけ?誰だお前!?」

門番「ぐっ…!朝っぱらから喧嘩売るつもりかよ…このクズヤローが!」

カカシ「ああ!お前サスケだな!やっと追い付いて来たのか!心配してたんだぞ!はぐれちゃダメでしょ!」

門番「何を言ってやがる…!!」

カカシ「あれ?サスケは死ななかったっけ!?そうか!!俺が殺したんじゃねぇか!あははは!」

門番「なんだと…!?テメェやりやがったな!」ダダッ

カカシ「誰だお前!?サクラか!!」バギッ

門番「ぐふっ…!!」ズザッ

カカシ「あれ?サクラは死ななかったっけ!?誰だお前!?」ドガッガスッメシャッゴキャッグチャッ

門番「あがっ……!」バタッ

住民「ヒッ…!キャー!!」

カカシ「ねぇ?火影様の屋敷はどちらですか?火影様に報告しなきゃならないんですよ?どう行ったら良いですか?」

住民「イヤアアア!助けて!!」

カカシ「……なんだぁ…顔岩の下にあるじゃないですか……アナタ役に立ちませんね!あははは!」ゲシッドガッベギッボゴッガスッ

住民「うぅ……」バタッ

カカシ「もう顔も見たくありませんよ!木の葉の人は不親切ですね!!あれ?俺も木の葉の人じゃねぇか!あははは!」

シュタッ



47 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/15(金) 21:51:34.43 ID:woIJblB10

コンコン

カカシ「いないんですかぁ?火影様ァ!」ドゴォッ

ガラガラガラ

三代目「ぐ……キサマ……!」フラフラ

カカシ「あらぁ…木ノ葉丸に毒を盛られたんですね……孫だからって油断しちゃダメじゃないですか!!」バギッ

三代目「ぐふっ……!木ノ葉丸が……そんな事を……する訳……ないじゃろ……!」

カカシ「あははは!アナタおもしろいですね!!」ドガッ

三代目「ぐあっ!!」

三代目(……今朝口にしたのは…木ノ葉丸に淹れてもらったお茶だけ……!そんな……木ノ葉丸……!)

カカシ「お前の未来は死だ……なんちゃって!みんないつかは死にますよね!あははは!」バチバチッ

三代目(避けられん……!)

カカシ「大丈夫ですか!火影様!?」グイッ

ザシュッッ!!



48 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/15(金) 21:55:07.20 ID:woIJblB10

―――――

カツン…カツン…

ガイ「……」ピタッ

カカシ「あぁ、ガイ!よく来たな!お茶でも出したいところだけど、生憎便所の水しかねぇや!あははは!」

ガイ「カカシ…ナルト達を殺したってのは本当なのか…?」

カカシ「そうだって言ってんでしょ!なんでそうしつこいのかな!そんなに俺が信用できないの!?」

ガイ「……火影様に毒盛って殺したってのも本当か?」

カカシ「そうだよ!そんなつまんねぇ事よりさ、トランプでもやろうぜ!一人でやってると俺ばっかり勝ってつまんねぇんだよ!」

ガイ「…………里の外に居たお前が、火影様に毒を盛れる筈がないだろ…!!」

カカシ「あれ?そもそもトランプがねぇや!あははは!」

ガイ「カカシ…今日は処刑の日なんだよ…!頼むから本当の事を言ってくれ!」

カカシ「なぁ……俺、前から思ってたんだけどさ…」

ガイ「なんだ!?」

カカシ「……お前ってガイに似てない!?すっげぇ似てるよな!他の奴に言われた事ないの!?」

ガイ「……」

カカシ「いやー見れば見るほど似てるわ!!もしかしてお前ガイなんじゃないか!?あははは!」

ガイ「カカシ……」

カカシ「お前こんなとこで何してんの!?檻から出ちゃダメでしょ!俺のとこは俺が居るからダメー!!」

刑務官「もうそろそろ帰ってくれませんか。これからそのバカの公開処刑があるのは知ってるでしょう?」

ガイ「なぁ、頼むからもう少し待ってくれ!今度こそ必ずいのいちさんを連れてくる…!そうすれば事の真相も」

刑務官「真相?とっくに分かってるじゃないですか。火影様の方は現行犯ですし、化け狐の血が付着した額当てだって見つかりましたよね」

ガイ「…誰かがカカシを操っている可能性だってあるはずだ!」

刑務官「アナタって人は……何も分かってないんですね。少しは大人になりましょうよ」

ガイ「なんだと…!?」



49 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/15(金) 21:56:37.27 ID:woIJblB10

刑務官「良いですか?アナタ以外、みーんなこれで納得してるから誰も文句を言わないんです。いのいちさんだって火影に立候補してるんですから色々と忙しい筈ですし、みんな派閥争いやら何やらで今は真犯人なんてどうでもいいんです。自供してる犯人がいるだけで十分なんですよ。
それに火影様殺害は現行犯ですし、冤罪はあり得ませんからね。コイツに関して話される事があるとしたら、処刑方法の事だけだと思いますよ」

ガイ「……ッ!!」

カカシ「おい!右と左で見えるもんが違うんだけと!何かフラフラするぞ!!」

ガイ「クソッ……!カカシ!俺が逃がしてやる!」グッ

刑務官「なっ…何をするつもりですか!檻から離れて下さい!」

ガイ「第六門…解!!」グググッ

カカシ「あははは!変な顔だなお前!」

ガイ「本当の事を聞かせてもらうからな……カカシ!」グニャッ

刑務官「鉄格子が曲がるなんて……!」

ガイ「なんだ…やる気か!!」

刑務官「ヒッ…!!うわあああああ!!」

ダダダッ

ガイ「さぁ、立て!一緒に逃げるぞ!」グイッ

カカシ「……男と駆け落ちなんてごめんだよ」

ガイ「お前…!!」

カカシ「ありがとな」

クルルルル…

ガイ「バカ…ヤロ…」フラッ

バタッ

……タタタタタッ

刑務官「本当に鉄格子を曲げたんですよ!」

イビキ「アイツがやったんなら驚かねぇよ…ったく」

ガチャ

カカシ「ねー!檻壊れたけどいいの!?」

ガイ「」

イビキ「ガイ…!お前ガイに何しやがった!!」ガシッ

カカシ「ちょっと!暴力反対!!お前嫌な奴だな!」

刑務官「大丈夫、生きてます!今すぐ医務室に運びますね!」

イビキ「いや……お前はお前の仕事をやるんだ。こいつをさっさと広場に連れていけ…!」

刑務官「は…はい!」ガシッ

カカシ「引っ張らないでちょーだいよ!家に帰れんの!?」

刑務官「うるさい!さっさと歩け!」

バタンッ



50 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/15(金) 22:05:32.60 ID:woIJblB10

―数日前―

ナルト「お~い」

サスケ「うぅ……」

サクラ「うーん……」

ナルト「いい加減起きろってばよ!めんどくせぇな…」

サスケ「……ナルト…?」

サクラ「……あれ……私……」

ナルト「寝ぼけてんじゃねぇよ。お前らをここまで運ぶの結構苦労したんだからな」

サスケ「……カカシ…!カカシのヤローはどうした!?」

ナルト「覚えてねぇのか?お前らを殺そうとしてただろうが」

サクラ「……何で私達生きてるの……?」

ナルト「アイツ、お前らだけならいざ知らず、俺にまで襲いかかって来やがったからな。返り討ちにしてやったぜ」

サスケ「なんだと!?」

ナルト「おかげで俺達はお尋ね者だ。あのテントはもう嗅ぎ付けられちまったってばよ」

サクラ「そんな……どうして私とサスケ君まで……」

ナルト「最初から俺達が上忍を始末するって、決めてかかって来たみたいだぜ。俺の計画も無意味だったって事だな」

サスケ「どうして俺達が疑われなきゃならねぇんだ…!」

サクラ「……そもそもアンタが先生におかしな事しなきゃ、こんな事にはならなかったのよ!」

ナルト(……)

ナルト「……アイツ、俺が用意してた食い物には口つけてなかったぜ」

サクラ「はぁ?」

ナルト「つまり、俺のせいじゃねぇって事だってばよ。狂ったフリしてたのか本当に狂ってたのか、確認しようがねぇけどな」

サクラ「そんな事、信じられる訳ないじゃない…」

ナルト「俺が嘘ついてまで、信じてもらう必要があると思うか?お前らなんか簡単に消せるんだぜ」

サクラ「……」

サスケ「……何で俺達を助けた。放っておいても良かったはずだろ」

ナルト「別にお前らのためじゃねぇってばよ。ジジイが喜ぶかと思うと胸糞悪かっただけだ。それより、そろそろ出発してぇんだけど」

サスケ「出発?どこへ行こうってんだよ…」

ナルト「東の町に俺の知り合いが住んでる。自来也っつー奴だ。そいつなら匿ってくれるかもしれねぇ」

サスケ「……」

サクラ「……」

ナルト「別に、嫌だってんなら無理に連れていく気はねぇってばよ。どうする?」

サスケ「……」

サクラ「……」

ナルト「ケッ…だんまりかよ。じゃあ、オッケーって事でいいよな。さっさと行こうぜ」スタスタ

サスケ「……」

サクラ「……」

…スタスタ

ナルト(……これで良いんだろ。カカシ先生…)



51 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/15(金) 22:09:00.38 ID:woIJblB10

―――――

サクラ『いや……いや……!!』

カカシ『……』スッ

クルルルル…

サクラ『うぅ……』フラッ

サスケ『ぐっ……』フラッ

ドサッ

ナルト『何をした…?』

カカシ『写輪眼で幻術をかけたのよ。全く、お前までいい演技してくれちゃって……』

ナルト『せっかくテメェの三文芝居に付き合ってやったのに、文句を言われるとはな。最初から幻術かければ良かっただろ』

カカシ『サクラは幻術タイプだから、幻だと騙せない可能性があったんだよ。それより、俺の考えは伝わってるのか?』

ナルト『さぁな。コイツらのお守りだけはごめんだってばよ』

カカシ『ハァ……ちょっと手借りるぞ』

ナルト『は?』

ざく

ナルト『イテッ!何しやがんだコノヤロー!』

カカシ『ん?偽装工作ってやつ』シュルッ

ポタッ

ナルト『…こんなもんじゃ騙せねぇだろ。第一、頭ん中覗かれたら終わりじゃねぇか』ポタッ

カカシ『俺、元暗部だからさ。肩に便利な呪印があるんだよね』

ナルト『…自殺かよ。そりゃご立派な計画ですね』ポタッ

カカシ『このぐらいでいいかな。絆創膏貼っといてやるよ』ペタッ

ナルト『んなのどーでもいいから、さっさと縄ほどけってばよ!』

カカシ『分かったからそう怒るなって』

シュルルル…

ナルト『やっとほどいてくれてありがとよ!』スタッ

カカシ『ま、こいつらにはどうにかして誤魔化してちょーだい。お前と一緒に逃げてもらわないと困るからな』

ナルト『…おい、俺の話聞いてなかったのか?お守りはごめんだっつってんだろ』

カカシ『ま、そう焦るなって。お前にとってもいい話だと思うぞ。ちょっと待ってろ』



52 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/15(金) 22:10:48.11 ID:woIJblB10

サラサラ

ナルト『……』

カカシ『はい、出来た。この手紙を持ってけ』

ナルト『……自来也?』

カカシ『伝説の三忍と呼ばれてる、凄いお方だよ。しばらく東の町に住むって言ってたから、多分居るんじゃないかな』

ナルト『そんな奴に俺が会いに行ける訳ねぇだろ!俺は人柱力なんだぞ!』

カカシ『あー、自来也様はそういう事気にする人じゃないから。会えれば、絶対匿ってくれるよ』

ナルト『……俺なんかに託していいのか?コイツらを見捨てていくかもしれねぇぞ』

カカシ『お前は四代目の息子で、俺の先生の息子でもあるんだ。……信じるよ』

ナルト『ケッ……』

カカシ『あぁ、そうだ。一つどうでもいい事を教えてやるよ』

ナルト『……なんだよ』

カカシ『お前の「だってばよ」って口癖、お前の母親であるクシナさんと同じ口癖なんだよ』

ナルト『……!』

カカシ『……あ、クシナさんは「だってばね」だったか』

ナルト『…違うじゃねぇかよ。バーカ』

カカシ『じゃあ、後はよろしく頼んだよ。俺は里に戻らないといけないから』

ナルト『…ジジイか』

カカシ『……鋭いね。お前の父さんが残した術なら、刺し違える事が出来るかもしれないのよ』

ナルト『へっ…やっぱりな。それなら急いだ方が上手くいくかもしれないぜ。木ノ葉丸をジジイにけしかけてきたんだ』

カカシ『なんだと?』

ナルト『里を出る前に、イルカっつークソ先公に変化して毒を渡したんだってばよ。体にいいからお茶に混ぜて出してやれってな。
まぁ、あのジジイがこんな事でくたばるとは思えねぇがよ。相手が木ノ葉丸なら、病院送りぐらいにはなってるかもな』

カカシ『……やるね、お前』

ナルト『いいから、さっさと行けってばよ。コイツらが起きちまうだろ』

カカシ『そうだな。じゃ、サスケとサクラを頼んだぞ、ナルト』

ナルト『はいはい』



53 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/15(金) 22:11:59.30 ID:woIJblB10

―――――

ナルト「なー、エロ仙人」

自来也「その呼び方はやめろっての!ったく……」

ナルト「なぁ…あの手紙に何が書いてあったのか、もうそろそろ教えてくれても良いんじゃねぇの?」

自来也「あぁ?なんだお前、ラブレターでも預かって来たのか?」

ナルト「んな訳ねーだろ。……あの白髪ヤローからの手紙だよ」

自来也「その言い方だとワシも白髪ヤローなんだがのう」

ナルト「いいから教えろってばよ!なぁ~、エロせんに~ん!」

自来也「分かったから離れろ!それかお色気の術を使え!」

ナルト「で、内容は?」

自来也「……お前がワシの探してる予言の子だとよ。それに…」

ガチャッ

サクラ「ねぇ見て!これ全部サスケ君が釣ったのよ!ナルトとは大違いね」

ナルト「俺はそういうどうでもいい事は得意じゃねぇんだよ。魚なんか釣って何が面白いんだか…」

サスケ「負け惜しみだな…」

ナルト「あぁ?やんのかサスケちゃんよぉ!」

サスケ「上等だぜ!今日こそテメェをぶっ潰してやる!」

自来也「じゃ、負けた方には今日一日、お色気の術で過ごしてもらうとするか」

サクラ「先生まで乗っからないで下さいよ!……喧嘩するなら私が夕飯を作るわよ」

ナルト「サクラちゃん……仲間を大切にしない奴はクズだってばよ」

サクラ「アンタ覚えときなさい……。いつかボコボコにしてやるんだから」

自来也「全く、賑やかな弟子達だのぅ…………言わなくても伝わってるみたいだぞ、カカシ」クスクス


終わり



54 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/15(金) 22:18:15.94 ID:woIJblB10

読んで頂きありがとうございました!ここでとりあえず終わりです。上手くまとめる事が出来たら続編ものせようと思います。
分かりづらいところがあったら、解説します。



57 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/16(土) 00:45:10.32 ID:RurmR0OSO

乙。面白いな

できれば続いて欲しいもんだ



63 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/18(月) 04:33:35.08 ID:KR9xhYr/0

午前9時57分、簡素な舞台の上に引きずり出され、カカシの両腕と首は円形にくり貫かれた木枠で固定された。同時に腕も切り落とす形状の断頭台なのだろう。抜け出す気などさらさらなかったが、例え暴れようとも逃げる事は不可能だと、体にまとわりつく呪印の鎖が物語っていた。
人々の憎悪や怒り、好奇や愉悦を一身に受け、カカシは大声をあげて笑い始めた。ここから木の葉の住民にとって、長い数分が訪れる事になる。刑務官や関係者、観衆がいくら野次を飛ばそうとカカシが黙ることはなかった。

「あはははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははは!!」

常軌を逸した哄笑に、刑場は異様な空気で包まれる。人々の顔は言い知れぬ不安で歪み、早く時が訪れる事を祈るばかりだった。
そして午前10時丁度、死刑確定者が常人であったなら失神するような事態が発生した。それは同時に観衆をも恐怖のどん底に突き落とすものだった。
40kgもある刃がカカシの腕と首を切断した筈なのに、笑い声が止まないのである。
実際、刃は首のすぐ手前で動きを止めていた。観衆の中には余りの出来事に叫び声をあげる者や、意識を失う者までいた。
しかし、当の本人は全く意に介する様子もなく、高笑いを続けている。その声は刑場にいた人々を粟立たせ、長い時が流れても彼らの耳を捉えて離さなかった。
やがて焦る刑務官の腕により刃は4mの高さまで再び吊り上げられ、今度こそカカシの笑い声は奇妙な音を最後に二度と響く事はなかった。満面の笑みを張り付けた頭は、下段で待機していた忍の籠に収まり、すぐさまダンゾウの元へと届けられた。
さらに、ここで木の葉の刑務官達は失態を演じる事になる。切断した腕の行く先を見誤ったらしく、あろうことか両腕は観衆の方へと転げ落ちていった。
いつか仲間を守った腕が、多くの命を奪った手が、ページを捲った指が、鮮血を迸らせ何かを訴えるかのように群衆のど真ん中へと突き進む。怒号に近い悲鳴が巻き起こり、狂騒する群衆はありもしない脅威から逃げ惑うしかなかった。
腕の持ち主にとって喜ばしいか不本意かはともかく、ずさんな管理体制のお陰でひとりでに腕が動いたと語り継がれていく事となる。
こうして、公開処刑は混乱と恐怖を煽るだけ煽り幕を引いた。



64 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/18(月) 04:34:58.55 ID:KR9xhYr/0

―――――

ガイ「う……うーん…。はっ!!」パチッ

ガバッ

ガイ「どういう事だ…ここは…………カカシ!!」

スタッ

医者「あぁ、ガイさん。気分は」

ガイ「今は何時だ!」

医者「えっ」

ガイ「早く答えろ!!」

医者「え…えっと…10時06分です」

ガイ「なんだと!?クソッ!!」

シュタッ!

医者「あ!ちょっと…!」

―――

ガイ(まだ何も聞いてないぞ…カカシ!!)

タタタッ

ガイ「ハァ…ハァ…ハァ………………あぁぁ」


ザワザワ

イビキ「一体何をやっているんだ!首は誰が持っていった!?」
刑務官「し、知りませんよ!そっちの管理が悪いんじゃないですか!」
忍者「皆様、死刑執行は終了致しました。お気を付けてお帰り下さい」
女「うぅっ……うぅ……!!」ポロポロ
記者「あの、ちょっと取材を……」
男「見ればわかるだろ!彼女に話しかけるな!」
紅「アハハハハハハハ!!」
老人「三代目…裏切者の最期、しかと見届けましたぞ」
少年「うぅ…気持ち悪いもん見ちまった…。だから嫌だったんだ…」
少女「ごめん……」
子供「絶対に呪いだって!勝手に動いたんだぜ!」
ガイ「あぁぁぁぁ…!!」

カカシ「」

ガイ「うわあああああああああああ!!!!」



65 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/18(月) 04:36:15.20 ID:KR9xhYr/0

―――――

リー「ガイ先生、まだ落ち込んでいますね…」

テンテン「そりゃあ、自分の知り合いがあんな事になったら…ねぇ…」

ネジ「いくら知り合いだろうと、あんなクズ男の肩を持つ心境は理解し難いがな」

リー「知り合いではなく、ライバルです!僕だって、ネジがいくら道を逸れたとしても、最後まで見捨てたりはしませんよ!」

ネジ「俺はお前のライバルになった覚えは無いし、道を逸れる気もない」

テンテン「だってー。フラれちゃったわね」

リー「いいえ、ネジは僕の永遠のライバルです。逃がしはしませんよ~!」

ネジ「鬱陶しい真似はよせ!テンテンと張り合ってればいいだろ」

テンテン「えー!こっちに押し付けようとしないでよ。こんな暑苦しいライバルいらないわ」

リー「二人とも冷たすぎやしませんか……。でも、僕は諦めませんよ!いつか二人にライバルだと認めさせてみせます!」

アハハハ……


ガイ「……」スタスタ



70 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/18(月) 11:59:19.20 ID:vB8fAZVC0

ダンゾウ「……九尾達は本当に死んだと思うか?」

ガイ「はい?」

ダンゾウ「証拠は血のついた額当てだけ…。死体もあがってないそうじゃないか」

ガイ「……なぜ、私にそんな話をなさるのです。五代目」

ダンゾウ「とりあえず、手透きの下忍に捜索にあたらせようと思ってな。聞く話によれば、紅は役立たずだという。だから、お前に紅班を率いて九尾達の捜索に出てもらいたい」

ガイ「…見つけたとして、彼らをどうされるおつもりなんですか?」

ダンゾウ「お前はそれをワシに話させるだけの価値があるのか?」

ガイ「……アナタは火影として日が浅い。まだ私の方が信用がありますよ」

ダンゾウ「ただの上忍が凄い自信だな。面白い、話してやろう。
暴走の恐れがある九尾は、下忍の資格を剥奪し牢で過ごしてもらう。他里から目をつけられているうちはも、里の外へは出さず暗部の管理下において厳重に監視するつもりだ」

ガイ「……」

ダンゾウ「お前の頭でも理解出来るよう分かりやすく説明してやったんだ。下忍達を集めて、さっさと捜索に出ろ。その無駄な行動力を生かすチャンスだぞ」

ガイ「………………もう、いいじゃありませんか」

ダンゾウ「なんだと?」

ガイ「もし仮にナルト達が生きていたとしても、自分の意思で里に戻らないんです。それだけの事を私達はしたんですよ。これ以上苦しませる必要がどこにあるんです」

ダンゾウ「…お前、自分が何を言っているのか分かってるのか?隠れ里にとって、人柱力がどれだけ重要な存在か理解出来ない訳ではあるまい。当然、うちはの生き残りもな」

ガイ「だから…………その考え方がおかしいと言ってるんだ!!」

ダンゾウ「……」

ガイ「なぜナルトを人柱力としてしか見ないんですか!サスケだって好きで生き残りになった訳ではありません!それに、アナタは一度でもサクラの事を考えた事があるんですか!」

ダンゾウ「……お前は一体何様だ。上忍の分際で、ワシに意見をする気なのか?」

ガイ「えぇ、もう圧政はうんざりです!言いたいことを言わせてもらいますよ!」

ダンゾウ「お前ごときが何を言おうと、里の方針を変える気はない。皆もワシに従うだろう。現にワシは大名から火影を任されているのだからな」

イルカ「……」

ガイ「ならアナタには五代目火影として、木の葉の未来を担う下忍達を守り育てる義務がある筈です!里の為に九尾の器になってくれたナルトの未来を、名門うちはの末裔であるサスケの未来を、火影のアナタがどうして奪おうとなさるんですか!!」

ダンゾウ「もういい…お前の話は聞くに堪えない。結果を考慮せず、幼稚な理想論を振りかざす事ほど愚かな行為はないな。イルカ、こいつを牢に繋いでおけ」

イルカ「……はい」

ガイ「イルカ…!お前はこれでいいのか!?こんな結末で納得出来るのか!お前だって本当は」

イルカ「私には…この生き方しかありませんから……」

ガイ「……!」

イルカ「失礼します、五代目」

バタンッ



71 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/18(月) 12:00:38.76 ID:vB8fAZVC0

スタスタ

イルカ「……どうして逃げないのですか?」

ガイ「五代目の考えは分かってる。逃げ出したら即始末する気だろう」

イルカ「……」

ガイ「……」

イルカ「……私は、それでもアナタに逃げてもらいたいような気がします」

ガイ「なに…?」

イルカ「アナタも……ナルト達もカカシさんも、こんな里に居るべきじゃなかったんです。私達にさえ関わらなければ、きっと…………きっと何かが大きく違っていたのではないかなんて、ふと考えてしまうんですよ」

ガイ「……」

イルカ「前にたまたまカカシさんと会った時、教師失格だと言われましてね…。その通りだろうなと自分でも思いますよ。正しい事を言うことすら出来なくなった時、人は終わるのでしょうね……」

ガイ「生きている限り、人生は続いていくんだ。終わりなどあるはずがないだろ」

イルカ「しかし…死んでしまったら、終わりですよ…」

ガイ「……カカシの事を言っているのか?」

イルカ「い、いえ。そんなつもりじゃ…」

ガイ「アイツのしたかった事は俺にでも分かる。関心のない奴が大半を占めるこの里じゃ、真実は埋もれていくだろうがな」

イルカ「……どういう事です?カカシさんは正気を失っていたのではないのですか?」

ガイ「疑問に思うのは良いことだ。少なくとも俺は、アイツの思いは終わっていないと確信している。そして、終わらせたりなど俺がさせやしない。お前という、協力者もできそうだしな」

イルカ「……」

ガイ「行動は夜に起こす。お前にその気があるなら、俺を助けに来てくれ」

イルカ「……」

スタスタ



75 : ◆aTPuZgTcsQ 2013/03/18(月) 15:59:57.37 ID:LuRNrxeK0

ガイ「ぐおー」

イルカ「ガイさん……ガイさん…!」

ガイ「はっ!!なんだ火事か!?」ガバッ

イルカ「全くアナタって人は……凄い人ですね」

ガイ「イルカ…!来てくれたのか!」

イルカ「私も…ナルトが生きているなら謝りたいんです。ナルトは私の顔なんて見たくもないでしょうが……」

ガイ「そんな事はないぞ!強い思いは相手に通じるはずだ」

イルカ「それで……これからどうされるおつもりなんですか?」

ガイ「いったん里を出て、協力者を集めようと思う。大蛇丸のような邪悪な目的ではなく、純粋に木の葉を変えたいと願う者が里内にも里外にもいるはずだ」

イルカ「そうですか…」

ガイ「話はこれくらいにしよう。チンタラしていると誰に見つかるか分からないからな。早く抜け出すぞ」

イルカ「そう…ですね……」



76 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/18(月) 16:01:16.57 ID:LuRNrxeK0

タタタッ

ガイ「よし、後は門を出るだけだ!」

イルカ「もし…ですよ」

ガイ「なんだ?」

ピタッ

イルカ「……」

ガイ「イルカ……」

イルカ「もし……私が裏切らなかったら、何かが変わったと思いますか?」

ガイ「……」

シュタッ

紅「こんな所で何をしているのかしら?ガイ」

ガイ「紅…!」

忍者「紅さん、まずいですよ。アナタに命令は出てないはずでしょう?」

紅「私が来たくて来たんだからいいのよ。イルカ、ご苦労さま。後は私達に任せていいわ」

イルカ「……」

ガイ「紅、お前が敵に回るとはな……正直ショックだ」

紅「脱獄犯がなに甘っちょろい事言ってるの。それにアンタの事は前から気に食わなかったしね。アスマも、アンタを締め上げられなくて残念だそうよ」

ガイ「…いい加減目を覚ませ。アスマの葬式にお前も出たはずだ」

紅「…………アンタもカカシもお笑いだわ。どうしてもアスマを殺したいようね」

ガイ「アスマはもう殺されているんだ。現実から目を背けても、アイツが生き返る事は無いんだぞ」

紅「いい加減にしてちょうだい。いくら私だって怒るわよ」

ガイ「もう一年も前の出来事なのに、いつまで受け入れないでいるつもりなんだ。アスマだってこんな事を望んでいるはずがないだろ」

紅「……アスマは死んでなんかいないッ!!今日だっていつも通りに会話して笑ってたのよ!アスマが何を望んでいるか、アンタなんかより私の方がずっと分かってるわ!アンタも頭のネジがぶっ飛んでるみたいね!!」

ガイ「声を荒げた所で何も変わりはしないぞ。本当に俺がおかしいなら、お前は一体何に対してムキになってるんだ?」

紅「黙れ!!アンタみたいなキチガイと、会話しようとしてあげたのが間違いだったわ!みんな、コイツを始末するわよ!」

シーン

紅「どういう事…?出てきなさいって言ってるのよ!」

忍者「ぐはっ…!」バタッ

紅「なに!?」

クルッ

綱手「やれやれ…久しぶりに帰ってきたら、随分と物騒な場所になっちまったもんだね」

ガイ「まさか…!」

イルカ「……!」

シズネ「綱手様!事情も聞かずに殴るのはやめましょうよ」

綱手「なーに言ってんだい。どう見たってこいつらの方が悪人面だろ?紅も、将来が楽しみな顔だったのにねぇ…」

紅「綱手様……!今更里になんの用ですか…」

綱手「何って、五代目火影を決めるんだろう?私が引き受けてやろうと思ってね」

紅「はは……一足遅かったようですね。五代目はダンゾウ様に決まりましたよ」

綱手「それはどうかな?」

紅「……!」



79 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/18(月) 17:09:28.26 ID:MsQW+zGD0

綱手「どうやって私の居場所を突き止めたのかは知らないが、イルカって奴が私に便りを出してくれてね。ダンゾウがうちは一族惨殺に関与していた事と、私を火影にと望む署名が同封されてたら心も揺れるってもんさ」

紅「なんですって…!!」

ガイ「署名を集めていたのは、やっぱりお前だったんだな。しかし、うちはの件はさすがにデタラメだと思っていたのだが…」

イルカ「……イタチ君から直接聞きましてね。にわかには信じられない話でしたが、サスケの為だと言う彼の言葉には説得力がありました」

ガイ「イタチが接触してきたのか!?…ザル警備の恩恵だな」

イルカ「…署名を集めていたから私が選ばれたのでしょう。彼から綱手様の居場所も聞きました。うちはの事件については、元々ダンゾウ様は黒い噂が絶えないお人ですし、調べてみたら当時の記録とも辻褄があったんです」

綱手「ほう、お前がイルカだったのか。随分とやつれた顔した小僧だね」

イルカ「……」

シズネ「だから、そういう事はわざわざ言わなくて良いんですよ!」

イルカ「……しかし、アナタは間に合わなかった。ダンゾウ様は正式に火影に就任してしまったんです。私のした事など、何の役にも立たなかった……」

綱手「確かにお前の手紙だけじゃ、里に帰る気は起きなかったね。自来也が大名や各里に根回しをしてくれたからこそ、今私はここにいるのさ」

紅「大名達を説得出来たなんて…!」

綱手「なーに、からくりが分れば簡単な事だよ。ダンゾウは大名達に幻術をかけてやがったんだ」

ガイ「…あの適当な大名が妙に頑固だったので違和感は感じていましたが…誰にもバレずに幻術をかけられるとは思いもしませんでした」

綱手「まぁ、結構な代物で解くのには苦労したが、解いちまえばこっちのもんさ。明日にも、ダンゾウは正式に火影の座から引きずり下ろされるだろう。望まれてない火影なんて価値がないからね」

紅「……」

ガイ「…これで俺達に争う理由はなくなったな。俺は里を抜けないし、ダンゾウからの命令も無効だ」

紅「……私は命令されてここに居た訳じゃないわ。アンタをぶちのめす為に待機してたのよ」

ガイ「なぜそこまで…」

紅「アンタ達がアスマの存在を否定するからよ…!アスマが……あのアスマが死んだ筈ないじゃない!!」

綱手「ああ、アスマは生きてるぞ」

ガイ「なっ……なんですと!?」

紅「……ッ!!」



80 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/18(月) 17:10:40.27 ID:MsQW+zGD0

綱手「自来也と会った時に、小生意気なガキがくっついててね。なんとそいつが猿飛先生の指示で、アスマを始末しようとしたらしいのさ。結局、ガキに黒幕を吐かせて逃げたそうだが、先生は二度と帰ってくるなって意味も込めて葬式なんかやったんだろう」

紅「……そんな…そんな…!」

綱手「自来也が言うには、今は火ノ寺で匿ってもらっているらしいぞ。まぁ、私が火影になればそんな必要もなくなるけどな」

紅「………………!!」ポロポロ

ガイ「あの…綱手様。……もしかして、小生意気なガキっていうのは…」


綱手「うーん?どうしたもんかねぇ……シズネ」

シズネ「ちょっ、私に振らないで下さいよ。秘密だって言われたじゃないですか」

ガイ「他言はしませんから!…どうか真実を教えてください……カカシからは何も聞けなかったんです…」

綱手「……仕方ないね。うずまきナルトの事だよ」

イルカ「……!」

シズネ「あーあ…自来也様に怒られても知りませんよ」

ガイ「ナルト…!?うちはサスケではないのですか…?」

綱手「確かにサスケって名の目付きの悪いガキもいたが、生意気さではナルトの方が勝ってたな」

ガイ「まさか……」

イルカ「……」

綱手「わざわざ言わなくても分かるだろうが、ナルトは気が触れたフリをしていただけだそうだよ」

ガイ「……居たのはナルトとサスケだけですか?」

綱手「いいや、ピンク色の髪の女の子も居たね。名前は……シズネに聞いてくれ」

シズネ「サクラちゃんでしょう。もうボケ始めちゃってるんですか?」

綱手「シズネェ……私にそんな口きいていいのかい?」

シズネ「凄んでもダメですよ。悔しかったら自分で覚えて下さい」

ガイ「……カカシ……お前って奴は…」



81 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/18(月) 17:34:11.75 ID:MsQW+zGD0

ガイ「……アイツはナルト達を守る事が出来たのですね」

綱手「ああ…そうだな。私が里を変えられたら帰ってくるそうだよ」

イルカ「……ナルト達は…生きていたんですか……」

ガイ「良かったな。これで謝れるぞ」

イルカ「……あれは本気で言った訳じゃありませんよ…………私には顔を合わせる資格などありませんから……」

ガイ「資格なんて謝る側にある筈がないだろ。それでも謝りたいなら素直に実行に移すもんだ」

イルカ「……」

綱手「さてと、そろそろダンゾウのジジイに現実を突きつけに行くとするか」

ガイ「その前に、一つ聞かせてください。……綱手様に我々は期待しても良いのですか?」

綱手「……明らかに道をそれた先生を、放っておいた責任は教え子の私にもあるからね。先生が作り上げてしまったこの里は、私が責任を持って一から変えてやるさ。きっかけを作ってくれたカカシには感謝しないとな」

シズネ「そうですよ、綱手様なら心配しなくても大丈夫です。ボケさえしなければね」

綱手「…一言余計なのはどっちだ。ったく……」

ガイ「…………里を宜しくお願いします。五代目」

綱手「ああ、ドーンと任せとけ。さ、行くよ」

シズネ「はぁ…きっと何事もなくって訳にはいきませんよね……」

綱手「大丈夫だよ。私達には心強い仲間がいるからな」

ガイ「もちろん、私もお供しますよ!」

紅「……」

イルカ「……私は足手まといになるだけ」

ガイ「イルカと紅も是非ご一緒させて欲しいそうです」

紅「……!」

イルカ「ガイさん…!」

綱手「そうかそうか。じゃ、みんなで行くぞ!」



85 : ◆aTPuZgTcsQ 2013/03/19(火) 15:08:38.30 ID:7lPhb1eE0

―――――

イルカ「あの…五代目」

綱手「なんだ?」

イルカ「……ナルト達はいつ帰ってくるのでしょうか」

綱手「里が変わったらって話だから、なかなか難しいね」

イルカ「……」

綱手「でも、自来也が近い内に様子見に寄るって言ってたから、ついて来るかもしれないよ」

イルカ「……!そうですか…」

―――――

自来也「いいか?お前らが生きている事は基本的に秘密なんだ。だから、サクラの母親以外には身分を明かすなよ」

ナルト「別に俺達には関係ねぇ話だろ。この変化の術ならバレねぇって言ってたじゃねーか」

サスケ「……今は会いたい奴も特にいねぇしな」

サクラ「てか、なんで先生まで変装してるんですか」

自来也「そりゃあ、ワシほどの有名人になるとファンに囲まれてしまうからのぉ。そうなったら、困るだろう?」

ナルト「勝手に妄想してろってばよ」

スタスタ

イルカ「……自来也様…」

ナルト「おい、早速バレてるじゃねぇか」ボソッ

自来也「絶対振り向くな。ダッシュで逃げるぞ」ボソッ

イルカ「待ってください!綱手様から聞いてきたんです…」

自来也「綱手から…?」

クルッ

ナルト「……テメェは…!」

サスケ「イルカ……」

サクラ「なんでイルカ先生が…?」

イルカ「ナルトは……来てはいないのでしょうか…」

自来也「お前…ナルトが生きている事を知ってるのか」

イルカ「はい、成り行き上ですが…」

自来也「……で、ナルトに何の用かのう?」

イルカ「…………彼に謝りたいんです」

ナルト「……!」

イルカ「……私の態度は確実にナルトを歪ませるものでした。家庭教師として一番身近にいた私が、教え子の事を理解しようともしないなんて最低の行為だったと、今更になってやっと自覚できたんです」

自来也「ほう……」

ナルト「……なぁ、こんな奴放っといてどっか行こうぜ」スタスタ

自来也「まぁ、待て。ナルト」ガシッ

ナルト「うおっ!」

イルカ「……ナルト…!?」

ナルト「おい!あっさりバラしてんじゃねぇぞエロ仙人!!」

サスケ「別にいいじゃねぇかよ、ナルト」

サクラ「そうよ、ちょっとぐらい話してあげたら?ナルト」

ナルト「テメェら…!!」



86 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/19(火) 15:11:48.75 ID:7lPhb1eE0

イルカ「……ナルトなのか…?」

ナルト「ケッ……こっちはな、テメェの面なんざ二度と見たくねぇんだってばよ。声も聞きたくねーし俺に近寄るんじゃねぇよクズヤロー」

イルカ「…………なんて謝ったらいいか分からない。…でも、俺が悪かったと心底思ってるんだ。お前には最初から非の打ち所なんてなかった。それだけは伝えたくて……本当にすまなかった」

ナルト「……テメェが悪いなんてのは当たり前だろうが!ウゼェから話しかけてくんじゃねぇってばよ!」

自来也「まぁ本人もこう言ってるし、しばらくナルトを預かってくれ」

イルカ「え…?」

ナルト「テメッ…ふざけんなよ!意味わかんねぇ事言ってんじゃねぇ!」

自来也「イルカ、ナルトはラーメンバカだぞ。じゃあ頼んだ」シュタッ

サスケ「フッ…良かったなウスラトンカチ」シュタッ

サクラ「あんまりはしゃぎすぎちゃダメよ~」シュタッ

ナルト「おいコラ!戻って来いってばよ!」

イルカ「ナルト……」

ナルト「テメェのせいだぞコノヤロー!何が悲しくてこんなクズと残されなきゃならねぇんだ…」

イルカ「……すまない…」

ナルト「俺は、テメェと居るなんて苦痛でしかねぇから、一人にさせてもらうぜ」スタスタ

イルカ「待ってくれ!…………せめて、ラーメンを奢らせてくれないか?」

ナルト「……」スタスタ

イルカ「金を払ったら俺は出ていく。お前の食事の邪魔はしない……だからお願いだ」

ナルト「……」スタスタ

イルカ「俺は……やっとお前を理解しようと思えたんだ!俺とお前は似ていた!カカシさんのお陰で気付く事が出来たんだよ!」

ピタッ



87 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/19(火) 15:12:32.00 ID:7lPhb1eE0

ナルト「……アイツの名前を出せば、俺が心を開くとでも思ったか?」

イルカ「アイツ…?」

ナルト「ケッ、とぼけやがって…。今更善人ぶって何が狙いなんだよ」

イルカ「…………許してもらいたいなんて、甘い夢を見てた」

ナルト「……」

イルカ「でも…許してもらおうなんてもう思わない。ただ、どうしてもお詫びがしたいんだ」

ナルト「……」

イルカ「俺のエゴなのは分かってる……それでも…もし奢らせてくれるなら、振り返ってくれないか…?」

ナルト「……」

イルカ「……」

ナルト「………………!」

スッ

ナルト「ん!」

イルカ「えっ?」

ナルト「…分かんねぇのか?振り向いてなんかやらねぇって事だよバーカ」

イルカ「じゃあその手は…」

ナルト「本当に鈍いヤローだな。今、金だせっつってんだってばよ。テメェにラーメン屋までついてこられてたまるか」

イルカ「あ……ああ!」

ジャラッ

ナルト「チッ…二度と俺に近寄るなよクソヤロー!」スタスタ

イルカ「…………ありがとう…ナルト…」

ナルト「ケッ……マゾが」スタスタ



89 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/19(火) 15:52:15.65 ID:7lPhb1eE0

自来也「久しぶりだな。綱手」

綱手「なんだい?そのダッサイ眼鏡は。それで変装してるつもりか?」

自来也「全くお前って奴は…会うなりご挨拶だのぉ」

綱手「後ろの二人は誰と誰だ?」

自来也「サスケとサクラだ。ナルトはイルカに預けてきたんでな」

綱手「イルカに……結構思い切った事をするじゃないか」

自来也「それより、里の様子はどうなんだ。何か変わったのか?」

綱手「……いや、中々根深いものがあってね。そう簡単には変わらないさ」

サスケ「……」

サクラ「……」

綱手「でも、少しずつ変化はあるよ。人柱力の認識も段々としっかりして来たし、カカシの事も」

自来也「綱手!」

綱手「……ああ、はいはい悪かったよ。いつまでも隠し通せるとは思えないけどね」

二人「……?」

自来也「今じゃなくていい。少なくとも、アイツはそれを望んではいないからのぉ。……余計な事を触れ回ったりしてないだろうな」

綱手「余計な事とは随分な言い草だね。いっそ全部オープンにしちまおうか、相談しようと思っただけだよ」

自来也「そんな事、聞くまでもないだろう」

綱手「わーかった分かりましたよ!……ま、こんなところさ。まだまだ平和には程遠いね」

自来也「あれから一年じゃ、仕方ないのぉ。でも、出来るだけ早く頼むぞ」

綱手「言われなくても分かってる。任せときな」

サスケ「……」

サクラ「…平和か…」

自来也「……さて、じゃあここからは自由行動といくか。一時間後に大門に集合だ」

サスケ「……」

サクラ「…失礼します」

バタンッ



90 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/19(火) 15:53:03.58 ID:7lPhb1eE0

―――――

ナルト「……」

自来也「誰の墓参りだ?」スッ

ナルト「参りたくても墓がねぇんだよ…」

自来也「……まぁ、仕方ないだろう。アイツが望んでやった事だ」

ナルト「ケッ……小便でもひっかけてやろうと思ったのによ」

自来也「素直じゃないのぉ、お前」

ナルト「るせーよ…。俺の事は放っといてくれ」

自来也「……慰霊碑に行ってみたらどうだ?よくアイツも足を運んでいたようだしな。場所は演習場の奥だぞ」

シュタッ

ナルト「余計なお世話だってばよ…ったく……」



91 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/19(火) 15:53:41.85 ID:7lPhb1eE0

―――――

自来也「よし、全員揃ったな。思い残す事はないか?」

ナルト「不吉な言い方してんじゃねぇよ」

サスケ「……」

サクラ「……」

自来也「…なんだ、二人とも何か言いたそうだのぉ。そんなにナルトと待ち合わせるのが嫌だったのか?」

ナルト「普通に考えたらアンタの方だろ。そのダッセー眼鏡外せってばよ」

サクラ「…………あのね…!」

自来也「ん?」

サスケ「……」

サクラ「……私達、里に残ろうと思うの」



92 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/19(火) 16:44:30.64 ID:7lPhb1eE0

自来也「……!」

サクラ「さっき、ここに来る前にサスケ君と話したの。そうしたら、サスケ君も悩んでて……」

ナルト「……」

サスケ「…あの火影なら信用出来るかもしれねぇって、結論になったんだ」

自来也「…お前達の意思を尊重してやりたい所だがのぉ……。どういう事か、本当に分かってて言ってるのか?」

サクラ「私は……お父さんが息子夫婦を死なせた事で、私も疎まれてるって話よね…」

自来也「ジジイ…三代目の信者は今も確実にいるからのう。息子夫婦が庇った結果だったからこそ手を出さなかっただけで、単に護衛失敗なんて事だったら、今頃お前はこの世にいないだろう」

サクラ「……」

自来也「そういうズレた連中は、今でもお前とお前の母親を疎ましく思っているはずだ。何かきっかけがあれば、そいつらが中心となってナルトのような扱いを受けるかもしれないんだぞ」

ナルト「……俺を引き合いに出すんじゃねぇよ」

サクラ「…………でも…今日やっとお母さんと話せて……やっぱりここが居場所だなって思ったの」

自来也「覚悟は出来てるのか…?」

サクラ「……うん」

自来也「そうか……」

ナルト「……」



93 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/19(火) 16:45:39.54 ID:7lPhb1eE0

自来也「…サスケはどうして残る気になったんだ?」

サスケ「……あの日の真実を知っちまったからな…。イタチへの復讐だけが目的だったてのによ。……で、何を目標にしたらいいか考えてたら、一族の復興なんてのが頭を掠めたんだ」

自来也「…お前にも話した通り、ダンゾウは写輪眼をストックしてやがったんだ。そういうお前の血を狙う奴は、まだ里の中にもいるかもしれないんだぞ」

サスケ「ああ、分かってるぜ。だけどよ、うちはの生き残りは俺とイタチだけだし、少しでも早くアイツが帰って来れるよう俺が居場所になってやりてぇんだ」

ナルト「……いつになく素直じゃねぇの。サスケちゃんよぉ」

自来也「お前も少し見習った方がいいな」

ナルト「……」

自来也「全く…綱手がお前達のために努力してるってのに、せっかちな奴らだのぉ」

サクラ「……ナルトと先生も里に残ってくれませんか?そうしたらきっと、もっと心強いと思うの…」

自来也「ワシは小説のネタ探しをしないといけないからな。すぐ出発せにゃならん。ナルトはどうする?」

ナルト「はぁ?俺は最初からこんな里に戻る気はねぇよ。……どんなに火影様にご尽力頂いた所で、人柱力への差別は無くならねぇだろ」

自来也「そうか、そんなにワシと旅がしたいか。案外可愛い奴だのぉ、お前」

ナルト「バッカじゃねぇの。金輪際アンタのお守りなんてしてやらなくてもいいんだぜ」

自来也「やっぱり全然可愛いくないな」

ナルト「……んな事より、アイツの話はしといた方がいいんじゃねーの」

自来也「……そうなるか…。せっかく綱手まで口止めしてたんだがな…」

サスケ「…なんの事だ。話すならさっさと話せ」

サクラ「何かマズイ話なの…?」

自来也「……そうだのぉ。…仕方がないか……」



94 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/19(火) 17:15:34.60 ID:7lPhb1eE0

―――――

サクラ「えっ……!じゃあ、ナルトがカカシ先生を殺したっていうのは……」

ナルト「嘘に決まってんだろ。縛られてる上に相手が上忍で勝てる訳ねぇじゃねーか」

サスケ「チッ…!なんで隠してやがったんだ」

自来也「わざわざ狂ったフリまでしたんだ。お前らに負い目に思って欲しくなかったんだろうと、ワシは思ってのぉ」

サクラ「そんな……」

サスケ「……」

自来也「最期の最期まで演技をしてたらしいぞ。お前達の事を本当に助けたかったんだろうな」

サクラ「でも…どうして私まで…。絶対私の事恨んでると思ったのに……」

自来也「……それは、サクラに向くべき感情じゃないからのぉ。サクラの事は大切な仲間だと思っていたはずだ。当然、ナルトとサスケもな」

サクラ「……」

サスケ「……」

ナルト「……」

自来也「ナルトは知ってるだろうが、カカシから手紙を預かっててのぉ。どうしてもお前達に伝えたかった言葉があるんだそうだ」ガサッ

三人「……」ピラッ

『……私の友人に貰った言葉なのですが、私からは口が裂けても言えませんので、自来也様に託す事にします。』

三人「……」

『「忍者の世界でルールや掟を破る奴はクズ呼ばわりされる。けどな、仲間を大切にしない奴はそれ以上のクズだ。」』

三人「……!」

『偉そうに差し出がましい真似をして申し訳ありません。自来也様なら私が伝えられる以上の事を教えられるでしょう。ナルトとサスケとサクラの事をどうか守ってあげて下さい。』

ナルト「……ケッ…綺麗事を……」

サクラ「…言いたいなら自分の口で言えばいいのよ……!」

サスケ「バカヤローが……」

自来也「……これでお前達に隠してる事は無くなった訳だ。アイツの意志を汲みたいんなら、自分達の犠牲になったなんて思うなよ」

サクラ「……」

サスケ「……」

ナルト「……」



95 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/19(火) 19:10:10.68 ID:7lPhb1eE0

自来也「さーて、ワシらはそろそろ出発することにしようかのぉ」

ナルト「……お前ら、マジで里に残る気なのかよ」

サクラ「…うん。私の手料理を食べさせてあげられなくて残念だわ」

ナルト「残念な要素が一つも見当たらねぇんだけど。サスケちゃんは、本当に一人でやっていけんのかぁ?」

サスケ「フン、テメェの面を見なくて済むと思うと清々するぜ」

ナルト「ケッ、言うようになったじゃねぇかよ。最初は俺にビビってたクセに。まさか今なら俺に勝てるとでも思ってんのか?」

サスケ「俺は一度もお前より劣ってると思った事はねぇよ」

ナルト「あぁ?やんのかコノヤロー!」

サスケ「あぁやってやるよ!テメェのそのふざけた面をぶちのめしてやる!」

ナルト「はぁ?テメェなんかじゃ、俺の顔に傷一つつける事すら出来やしねぇよ!」

自来也「いい加減にしろっての!周囲の目が痛いだろうが」

サクラ「それはその眼鏡のせいですよ!いくらなんでもダサすぎます」

自来也「サ…サクラまで…………」

サクラ「ほら、二人とも喧嘩するならお弁当持たせるわよ」スッ

ナルト「ふざけんな!どっから出しやがったんだってばよ!」

サスケ「おいナルト…ここはいったん休戦にしようぜ……」

ナルト「チッ…仕方ねぇな……」

サクラ「フン、何よ。……いつか美味しい料理を食べさせてあげるんだから…」



96 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/19(火) 19:11:05.36 ID:7lPhb1eE0

自来也「おーい、日暮れまでには宿場町に戻りたいんだがのぉ…」

ナルト「わーかってるよ!行きゃいいんだろ行きゃあ!」

サスケ「……ナルト」

ナルト「あ?」

サスケ「人柱力だなんて関係ねぇ、必ず帰って来いよ。その時に決着つけてやる」

ナルト「……」

サクラ「そうよ。アンタが人柱力だって差別されるなら、私がアンタを守れるようになってあげるから」

ナルト「ケッ……女に守って貰うほど落ちぶれちゃいねぇよ」スタスタ

…ピタッ

ナルト「……頑張れよ」

サクラ「……!」

サスケ「フン……」

スタスタ

自来也「じゃあ、元気でな!」

サクラ「たまには顔出して下さいねー!」

サスケ「その眼鏡はかけてくんじゃねーぞ!」

自来也「なっ……!」

ナルト「おい、アイツらのこと火影に話し通さなくて良かったのか?」

自来也「ワシが間に入らなくても、綱手なら何とかしてくれるはずだのぉ……」カチャッ

ナルト「やっと外したのかよ。自覚すんの遅すぎだろ」

自来也「うるさい!お前なんかにこの眼鏡の良さが分かってたまるか!」

ナルト「本気で良いと思ってたのか?そんなんだから小説もクソつまんねーんだってばよ」

自来也「あぁん?ワシの小説は他国でもバカ売れなんだぞ。内容が複雑すぎてお子様には理解できないだろうがな」

ナルト「あんなエロ駄洒落しか書いてないような本が売れるわけねぇだろ」

自来也「お前……螺旋丸を食らいたいようだのぉ」

ナルト「俺の親父の術で俺を脅すんですか。そーですか」

自来也「うっ…お前なんか大嫌いだ!バーカ!」

ナルト「何才児なんだよ、このオッサンは……ったく」



99 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/20(水) 00:08:08.99 ID:ImjXMyjD0

―三年後―

シズネ「サクラ、綱手様がアナタの事を呼んでたわよ」

サクラ「師匠がですか?なんだろう…また怒られるのかな…」

シズネ「多分違うと思うけど…ま、行ってみてのお楽しみね」

サクラ「お楽しみ…?」

スタスタ

コンコン

綱手「入れ」

ガチャ

サクラ「失礼します」

綱手「おお、待っていたぞ」

サクラ「あれ、サスケ君も呼ばれてたの?」

サスケ「じゃなきゃ、ここにいねぇよ」

サイ「僕の事は無視ですか。傷ついちゃうな」

サクラ「感情は無いんじゃなかったっけ?」

サイ「…嫌な人ですね。せっかく努力してるのに」

サクラ「私をブス呼ばわりした罪は、それだけ重いってことよ」

サスケ「ククク……」

サクラ「ちょっと、笑う所じゃないんだけど!」

綱手「ゴホンッ!あー、話しに入っても良いかな?」

サクラ「すいませんでした…」

サイ「やーい」

サクラ「……」バキッ

サイ「ぐふっ…」

綱手「今日はお前らにある人達を出迎えて欲しい」

サスケ「要人か?」

綱手「要人っちゃ、要人だが……。お前らのよく知る人物だよ」

サイ「誰だろう…」

綱手「ああ、サイは抜きにしてな」

サイ「……」ぐすっ

サクラ「一体誰なんですか?勿体ぶらずに教えて下さい」

綱手「それは……」



100 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/20(水) 00:09:05.37 ID:ImjXMyjD0

スタスタ

自来也「久しぶりの里だからってハシャギ過ぎるなよ?」

ナルト「それはエロ仙人の方だろ。別にあんな里に思い入れなんかねぇってばよ」

自来也「サスケとサクラがいるだろう。楽しみにし過ぎて昨日は眠れなかったんじゃないか?」

ナルト「…………そうだな」

自来也「なっ……!何が起きたんだ今!槍でも降ってくるのか!?」

ナルト「おい…九尾化してシバき倒すぞ」

自来也「ほー。お前の親父が、お前を信じて託した力を脅しに使うのか」

ナルト「やっと言い返せて良かったな」

自来也「この…クソ生意気な弟子め!」

ナルト「アホな師匠よりマシだろ」

サクラ「……ナルト?」

ピタッ

サスケ「遅かったじゃねぇかよ、ウスラトンカチ」

ナルト「お前ら…」

サクラ「お帰り、ナルト」



101 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/20(水) 00:11:14.80 ID:ImjXMyjD0

サクラ「もう、ずっと待ってたのよ?」

ナルト「……別に、待っててくれなんて頼んだ覚えはねぇってばよ、バーカ」

サクラ「うっわ、感動の再会が台無しだわ」

サスケ「相変わらず嫌なヤローだな。だが、これで決着がつけられそうだぜ」

ナルト「ケッ、お前には負けねぇよ」

サスケ「どうだかな。こっちだって三年間ぼーっとしてた訳じゃねぇんだ」

ナルト「そうかよ…そんなにボコボコにされてぇなら今ここで」

サイ「君が噂のナルト君だね。サスケとサクラから話は聞いてるよ」ズイッ

ナルト「おい、なんだこのモヤシは」

サスケ「お前の穴埋めだ。お前が帰って来たから用済みだな」

サクラ「そもそもこの場にいるのもおかしいわね。もう帰っていいわよ」

サイ「君達……僕も怒ってみたりしてもいいんだよ?」

自来也「…おい、お前ら!なぜワシは完全に無視なんだ!」

サクラ「ああ、先生!眼鏡かけてないから誰だか分からなかったわ」

自来也「容赦なく古傷を抉るのはやめろ!」

サスケ「そんな事より、イチャイチャシリーズの新作はまだなのか?」

ナルト「おまっ……あんなクソつまんねー本読んでんのかよ…!アッハッハッハッ!」

自来也「そういう問題じゃないだろ!あれは18禁だぞ…」

サスケ「俺じゃねぇ、兄貴が楽しみにしてんだよ」

サクラ「イタチさんって変わってるのね……」

サイ「僕も読んでるけどね」

ナルト「ボソッとバカアピールしてんじゃねぇよ」

サイ「やだなぁ、冗談だよ。ははは」

ナルト「なんだコイツ…気持ち悪ぃな」

サイ「うぅ……どうしたらいいんだ……」

サクラ「で、新作はまだなんですか?」

サスケ「お前がそんな冗談を言うとはな…」

サクラ「違うわよ。カカシ先生のお墓に持っていってあげようと思ってね」

ナルト「やっと墓立てたのか。じゃあ小便かけにいかねぇとな」

自来也「本当に素直じゃないのぉ…お前」



102 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/20(水) 00:12:07.72 ID:ImjXMyjD0

ナルト「あれ?アイツあんな下らねぇ本読んでたっけ?」

サクラ「私達の前では経済学とか読んでたけど、ずっとファンだったみたいよ。目撃証言が多数あがったわ」

ナルト「マジかよ…ただのむっつりスケベじゃねぇか!アッハッハッハッ!」

自来也「カカシの分なら用意してあるぞ。イタチが読んでいるとは知らなかったがのぉ…」

サスケ「兄貴の事は気にしなくていい。こんなところでいつまでも突っ立ってるより、ラーメンでも食いに行こうぜ」

自来也「この流れでラーメンってお前…」

サスケ「俺は腹が減ったんだよ」

自来也「…この三年で一体何があったんだ」

ナルト「まぁ、墓参りなんていつでも行けるしな。そんなつまんねぇ事よりラーメン食いに行った方がマシだ」

サクラ「えー、外食するくらいなら私が何か作ってあげるわよ」

ナルト「はぁ?ふざけんなよ。あんなの食いもんじゃねぇだろ」

サイ「何言ってるんだい?サクラは料理だけは上手いじゃないか」

サクラ「……」バキッ

サイ「ぐっ…誉めたのに…」

ナルト「…コイツ、味覚がどうかしてんのか?」

サスケ「いや、本当に食えるもん作れるようになったんだよ」

ナルト「嘘だろ…!?すげぇってばよ!サクラちゃん!」

サクラ「……アンタ信じてないわね。いいわ、今から作ってあげる」ガシッ

ナルト「ゲッ!なんつー馬鹿力だ…!逃げらんねぇ…!!」

自来也「じゃ、ワシは綱手に会ってこないとな…」

サクラ「逃がしませんよ!」ガシッ

自来也「やめろー!助けてくれサスケ!」

サスケ「だから…心配する必要はねぇんだよ。早く行こうぜ」スタスタ

サイ「そうですね。僕も楽しみだな」スタスタ

サクラ「アンタは来なくていいわよ」

サイ「……」ぐすっ

サクラ「冗談よ。みんなで行きましょう!」ズルズル

自来也「カカシ…悪いな…本は持っていけそうにないのぉ…」

ナルト「おい、諦めてんじゃねぇよ!離せってばよチクショー!!」


終わり


http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1363333773/

この記事へのコメント

- クレーマー - 2014年12月24日 03:27:00

こんな、泣けるssにクレームはつけられん!!!!!!!!!!!!

No title - 名無しさん - 2015年06月27日 17:00:09

何言ってんだこいつら

承認待ちコメント - - 2016年11月03日 17:21:30

このコメントは管理者の承認待ちです

プロフィール

うどん大尉

Author:うどん大尉
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
未分類 (2)
相棒 (20)
暗殺教室 (2)
悪魔のリドル (18)
ご注文はうさぎですか? (6)
艦隊これくしょん (62)
帰宅部活動記録 (7)
キルラキル KILL la KILL (5)
機動警察パトレイバー (14)
ゴッドイーター (5)
げんしけん (1)
機動戦士ガンダム (7)
黒子のバスケ (6)
涼宮ハルヒの憂鬱 (12)
生徒会役員共 (4)
スラムダンク (2)
食戟のソーマ (2)
進撃の巨人 (41)
ソードアート・オンライン (12)
ゼロの使い魔 (2)
テラフォーマーズ (2)
ドラゴンボール (12)
ダンガンロンパ (7)
ニセコイ (17)
名探偵コナン (1)
NARUTO (22)
ファイアーエムブレム (10)
BLAZBLUE (1)
化物語 (9)
ひなビタ (3)
ハリー・ポッター (2)
モンスターハンター (5)
魔法少女リリカルなのは (6)
みなみけ (2)
やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 (37)
リトルバスターズ! (11)
ラブライブ! (21)
俺の妹がこんなに可愛いわけがない (5)
To LOVEる (1)
テイルズシリーズ (7)
七つの大罪 (2)
刃牙 (13)
るろうに剣心 (4)
ハナヤマタ (1)
魔法科高校の劣等生 (1)
アクセル・ワールド (1)
アイドルマスター (10)
咲-Saki- (3)
とある魔術の禁書目録 とある科学の超電磁砲 (5)
新世紀エヴァンゲリオン (1)
ブラック・ブレット (1)
ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか (1)
東京喰種トーキョーグール (3)
魔法少女まどか☆マギカ (0)
がっこうぐらし! (1)
グランブルーファンタジー (3)
ジョジョの奇妙な冒険 (10)
ガールズ&パンツァー (1)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム
zenback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。